5879838 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

司法書士による過払い請求、債務整理の実況中継

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


萩2696

Category

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。

全141件 (141件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

債務整理

2016.11.08
XML
カテゴリ:債務整理
「怖くなって、答弁書に払いますと書いて裁判所に送ってしまいました」

「裁判所に行くのが明日ですが、どうしたらよいでしょう?」

 緊急の相談があったのは昨日。


 相談者A子さんは、ある消費者金融から10年前に借金、最後に支払ってから5年は経過している。

その後、あの債権回収会社に債権譲渡されて現在に至っている。

時効援用すれば、借金は無くなる。

 しかし回収会社は、そんなことはお構いなく裁判を起こしてくる。

債務者が時効援用しない限り請求はできるからである。


 さて、A子さんの場合はどうだろうか、答弁書で相手の請求を認め、

債務の承認をしてしまった。

通常、債務を承認してしまうと、時効は中断してしまう。

 ただ、訴訟の場合、答弁書に書いただけでなく、裁判所での陳述が必要である。

「時間がない!」

 当事務所が委任を受け、予定をやりくり、本日、代理人として担当司法書士が出廷した。


 裁判官は好意的、A子さんの債務承認を撤回して、新たに時効援用の主張を認めてくれた。

「時効中断の理由がなければ、訴えを取り下げた方がよいのではないですか?」

裁判官の被告へのひと言で閉廷となった。

やれやれである。


 A子さんの場合、ぎりぎりのところで助かったが、時効を援用すれば払う必要のない借金を、

払わなければならなくなる人が沢山いる。

やはり、自分で判断せず、早急に専門家に相談することをお勧めします。


マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所






Last updated  2016.11.09 08:59:12
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.05
カテゴリ:債務整理
過払い請求の相談、依頼が少なくなった。
違法金利も是正され、総量規制が実施されれたので当然の結果である。
 ただ、最近、総量規制に関係ない銀行やショッピングでの借り入れで多重債務に陥る人が増えている。
属性も当時とは違っている。
一流企業に勤める人、公務員等、こんな人がと思う人もいる。

 当事務所で過去に過払い請求をした依頼人も、「すみません、またお願いします」
と、遠慮そうに相談にくる。 借りている金額も半端ではない。
 属性が良いだけに、銀行も遠慮なく貸付けるだろう。
1ヵ月程前に 「銀行カードローンが消費者金融を大逆転」というニュースが」流れた。
銀行にとっては甘い蜜なんだろう。
 その銀行もどんどん貸付けるだけで、延滞が続くと保証会社に投げ、直接は手を汚さない。
三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンスというように。

 払い過ぎもないため任意整理をしても元金は減らない、
考えられるのは借金が原則として5分の1になる個人再生だ。
幸い勤め先もきちんとしているため認可も出やすい。

とにかく、今は勤め先もきちんとして、ある程度信用もある人が多重債務に陥る危険があるということです。
十分気を付けて頂きたい。
もしもの時は早めに専門家に相談することをお勧めします。


                        マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所






Last updated  2016.09.05 12:36:24
コメント(0) | コメントを書く
2016.01.22
カテゴリ:債務整理
忘れたころに金融業者から催促状が届く。良くある話だ。

原則として最後の返済から5年経過していれば、

時効を援用することによって借金を逃れることができる。

一般の人はそこまで気が付かないことが多い。

そこで、少しでも支払ってしまえば時効は中断してしまう。


本日、ある方が相談に見えられた。

「借りた覚えがないんです」

「少しでも良いから払ってくれと、男の人は来たんです」

「怖くなって、借りていませんと言って帰って貰ったんです」


借りた覚えがないと言っても、何か心当たりがあるのだろう。

男が持ってきたという請求書を見れば、

大手の債権回収業者である、

最終返済日は平成15年0月0日となっていた。


時効を援用できるのではないのか?

その場で業者に電話、本人確認の後、相談者から電話を代わる。

私 「訪問したようですが、そんなことまでするんですか?」

業者「今まで連絡がとれなかったもんで、仕方なかったんでしょう」

私 「最後の返済が平成17ですから時効ですよね?」

業者「そうですね、それなら時効援用の通知を出してくれませんか」

   「こちらも、整理が付かなくて困っていたんですよ」

 
どうやら、業者も処理に困って、連絡が取れない相談者宛てに訪問したようだ。

こうして、相談者は時効援用の通知を出すことにより債務を逃れることができることになった。


 何十年前の借金でも弁済するか時効を援用しない限り債務は消滅しません。

貸金業は遠慮なく請求してきます。

こんな時、冷静になって支払う前に専門家に相談することをお勧めします。

       マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所








Last updated  2016.01.23 14:10:03
コメント(1) | コメントを書く
2016.01.05
カテゴリ:債務整理
本日から仕事始め、休み明けを待ちかねていたように、相談、依頼が相次ぐ。

生活保護の申請に行ったら借金も整理して下さいと言われたと、ある男性が突然の来所。

借金を生活保護費から返済していくことはできない。

自己破産するしかない、法テラスで受任する。

 
「過払い金が少なかったたら申し訳ないが?」遠慮がちな女性からの電話.

「少額でも喜んでさせて頂きます。過払い金を超える費用、報酬はかかりません」

当事務所の方針を説明、安心したのか来所の予約を受ける

その他、任意整理、相続、登記の相談、依頼もあり、忙しいスタートであった。



    マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所






Last updated  2016.01.06 05:49:43
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.23
カテゴリ:債務整理

当ブログの総アクセス数が500万件を突破した。

この9年間、平均して1日1472人の人に見ていただいたことになる。

感無量だ。

ブログを始めた当時は、「借金を苦に自殺」等々の新聞の記事がよく目についた。

情報が少なかった。

払い過ぎた利息が返ってくることを知らない人もほとんどだった。



「過払金は全額返して貰って当然」「解決できない借金はない」

この信念で、生の情報を発信し続けた。
  
 沢山の共鳴を頂き、北海道、東北、四国等の遠方から相談に

見えられる方もいた。

 その反面、業者からの抵抗、嫌がらせも半端ではなかった。



次回からは総括として、今までの、特に忘れられない事件、依頼者、

そして業者との戦いを書いていきたいと思う。

                               マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所







Last updated  2015.06.23 07:54:54
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.26
カテゴリ:債務整理
「武富士の時の借金ですが、日本保証という会社から、
 
元金70万円に延滞利息250万円をプラスして払えと言われているんですが」

ある相談者からの電話。

めちゃくちゃのような話であるが、長期間支払いを延滞していれば、
 
そのぐらいの金額になってしまう。決して違法ではない。

   この借金を逃れるのには、時効を援用するしかない。

最後の返済から5年を経過すると、時効を援用することができる。

  しかし、訴訟等起こされ判決が確定してしまうと、
 
そこから10年に時効は延長されてしまう。
 

  ところで、この相談者、平成20年頃、訴訟を起こされ、出廷もせず、

ほっといたため、判決を取られてしまったようだ。

そうすると、早くても平成30年まで時効が援用できない。

   そして、その間に給与差押え等の法的処置を取られれば、
 
さらに、そこから10年時効は延びてしまう。

    運のわるいことに、この人、日本保証に嘆願の電話をした時、
 
聞かれるままに、現在の勤務先を話してしまったらしい。
 

    このような状態になってしまった場合、専門家が介入しても、
 
満足できる解決は難しくなる

こうならない前に、即専門家に相談することをお勧めします。









Last updated  2015.05.26 10:34:59
コメント(0) | コメントを書く
2015.04.22
カテゴリ:債務整理


ある裁判所の法廷内、傍聴席で自分の順番を待っている。

目の前では次々と審理が行われている。

訴えた金融業者の原告は欠席、被告だけがぽつんと座っている。

この業者は 支払督促を乱発して、そして異議申立をされても、自ら出廷しないようだ。

このような珍しい光景が、法廷内では3回程続いている。



「今日は、原告が欠席のため、何もできません」

「原告から期日の申し立てがありましたら、再度呼出状を送りますから、

その時また出廷してください」

裁判官が、何もわからない被告に丁寧に説明している

そして、「随分古い借金だから一度、専門家に相談したらいかがですか?」

 本人は何のことか、分からずポカンとしている。



どうやら、時効期間が過ぎた借金らしい。

しかし、本人が時効を援用(主張)しなければ、

時効の利益(借金の消滅 )を受けることができない。

裁判官は「時効を援用したらいかがですか?」とは言えない。

せめて親切心で専門家に相談を勧めたのだろう。

 

時効期間が経過した借金でも、債務者が時効を援用しない限り、

業者は支払督促、訴訟等、裁判上の請求はできる。

何もしないで、ほっといたり 裁判に出廷しても自ら時効を援用しないと、もはや時効は援用

できなりくなりますので、気を付けて頂きたい。

                                     マイサイト 過払い請求・債務整理 相談所

 







Last updated  2015.04.23 11:09:21
コメント(0) | コメントを書く
2014.10.10
カテゴリ:債務整理
ある簡易裁判所、

3件の事件を掛け持ちする。

最後の事件は、貸金返還訴訟の被告の代理人として出廷。

相手原告はCFJ。

驚くことに、同法廷の40件程の事件は全て原告がCF J の貸金返還訴訟だ。

不良債権の一斉整理が始まったのだろうか、破産したSFファイナンス、同じくクラヴィス、
 
そして今、盛んに訴訟を乱発しているアペンタクルの事が頭に浮かぶ。

 CFJも、貸付を停止して数年になる。

これからの動向に目が離せない。
 
 
          マイサイト 過払い請求・債務整理の手引き







Last updated  2014.10.12 14:37:06
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.11
カテゴリ:債務整理

  最終返済日より5年を経過した金融業者からの借金は、時効を援用(相手への通知が必要)すれば支払

 う義務がなくなります。

 
  しかし 彼らは時効を援用させまいと、あらゆる手を使ってきます。

 「1000円でも、2000円でも良いですから、とりあえず払って下さい」

 決して甘言に乗って払ってはダメです。債務を承認したとして時効が中断してしまいます。



  また、裁判所に訴えられて、判決等が出てしまった場合にも、時効の期間はその確定の日から10年に

 延びてしまいます。


  今年1月30日、このブログで紹介したAさんも、危機一髪のところでした。

 6年前の住宅ローンの債務、時効期間が経過していても、サービサーは支払い督促を起こしてきました。

 相談に見えられ時は、支払督促の異議申立期限は経過していましたが、最後のチャンスが残っ ていまし

  た。その後、送られてきた仮執行付支払い督促に異議の申し立てをしました。

 相手の業者も時効のことはわかっています。支払督促を素直に取り下げてきました。

 こうしてAさんは、辛うじて何百万円の債務の支払い義務を逃れることができました。


   しかし、本日の相談者はお気の毒でした。

 とっくに時効期間が過ぎた10年程前の借金、昨年、突然裁判を起こされました。

 訴状が届いても出廷もせず、放っておいたため、判決は確定、そして給与の差押えがきてしまいました。

  こうなったら手遅れです。悔やんでも仕方がありません。


 「架空請求は相手にしないで放っておくこと」

 巷ではよく言われているが、裁判所からの書類は違います。気を付けて下さい。

 ご自分で判断できない場合は、即、専門家に相談することをお勧めします。

 

                            マイサイト 過払い請求・債務整理の手引き

                   (全国から無料相談受付中、場合によっては出張相談も可能です)

 







Last updated  2014.03.11 18:41:07
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.30
カテゴリ:債務整理

「任意売却をしたのに、 今だに、督促がきます。ローン会社からは裁判を起こされ  

 て しまいました。」

  心配そうな、お母さん、そして、父親に娘さん。 一家で相談に見えられた。

 

 よく話を聞くと、6年程前、住宅ローンの支払いができなくなり、

 ある不動産屋を通して、任意売却をした。

 住宅ローン以外に、他の債務もあったが、「任意売却をしたら、一切、支払いをする必要

 はない」

 「催促がきても、ほっとけばよい。」

 こう説明されたと言う。

 

 その後、各業者からの督促は止まらず、ついに 住宅ローン会社のサービサーからは、

  法的手続(支払督促)を起こされてしまった。

  このまま、ほっとけば、債務名義となり、給与も差押えられてしまう。

  しかし、最後の返済から5年を経過しているため、時効を援用すれば債務は逃れられ

 る。

   支払督促の異議申立期限の2週間は経過しているが、仮執行付支払い督促に異議

  申し立てをすれば、何とかなりそうだ。

 ようやく、相談に見えられたご家族も安堵された。

 

 気を付けていただきたい、任意売却で自宅を処分しても、残った借金は消えません。

  







Last updated  2014.01.31 09:45:32
コメント(0) | コメントを書く

全141件 (141件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.