000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

視力回復専門  目のフィットネスクラブ アイ・トレーニング視快研小牧

PR

全100件 (100件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

Jun 20, 2014
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
コンタクトレンズ障害が最も起きやすいのが1週間連続装用タイプだそうです。
コンタクトは高度管理医用機器なので扱い方をおろそかにすると失明につながりかねないのでご注意ください。
http://news.mynavi.jp/articles/2014/06/20/eye/
「コンタクトレンズ障害」から目を守れ!あなたの使い方を今すぐチェック!







Last updated  Jun 20, 2014 04:38:28 PM
コメント(0) | コメントを書く


Jun 17, 2014
カテゴリ:カテゴリ未分類

店舗では
来店される会員さんの接客をやりながら全国のメール会員さん向けにメールサポートもしております。
先日
メールサポートをしていたらこんな内容の嬉しいメールをいただきました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
お忙しいのに、本当にご丁寧で迅速な返信、とても心強く、心からありがたく思います。 たくさんの人に田中先生の存在を知ってもらい、私のように悩む人が少しでも少なくなればいいなと思います。 本当にありがとうございました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これからもご自身やお子さんの視力低下でお悩みの方に少しでもお役にたてるよう
精一杯 頑張っていきたいと思います。






Last updated  Jun 17, 2014 02:59:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 19, 2013
カテゴリ:カテゴリ未分類






Last updated  Jul 19, 2013 06:31:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 2, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類

各地の小学校で来年入学予定の年長さんを対象に、就学児検診が行われていると思います。この時、必ず視力検査を行いますが視力1.0に満たない場合は、眼科に受診するよう、通知がされますが、眼科に受診されても、「幼いからまだ、うまく判断できなんでしょう。」「もう少し様子を見ましょう。」といってたいした処置もされずに終わるケースがたくさんあります。眼科の先生にそういわれたのだから大丈夫だと安心される方がほとんどですが、私から言わせると大変なことです。なぜなら就学時に当たる6歳児の時が眼や視神経、脳などが完成する時期でその時の視力がその子が持って生まれた最高の視力といわれているからです。万が一この時期視力1.0なければ今後どんどん下がり続け将来的に裸眼で1.0になることはなくなります。ですから就学時検診で、視力1,0に満たないと判断された方は絶対にそのまま放置しないでください。早急に何らかの対処をされることをお勧めいたします。







Last updated  Nov 2, 2012 01:23:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 18, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
1981年から

のちにレーシック手術に発展した

レーザー照射による視力を矯正

「放射状角膜切開術」

という治療を
国内で初めて行うなど
数多くの治療実績を持つことでも知られてきた

臨床眼科研究所が破産したそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20120817-OYT8T01743.htm

負債総額は23億1900万円といいますから

眼科も収益を優先して開業して行かないと
莫大な負債を抱えてしまうようです。

逆に考えると



経営がうまくいっている眼科は

「しっかり利益を優先して営業している」

ということなのでしょうか?






Last updated  Aug 18, 2012 12:26:53 PM
コメント(0) | コメントを書く
Aug 10, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類

みなさん正確な視力を測ってもらうためにわざわざ眼科に行かれることもありますが
視力の結果は、機械の種類、検眼器が置いてある場所の明るさ
測る人の測り方で全く結果が異なることをご存知でしょうか?
また
検査と称して先に眼圧検査をして、目に高圧の空気を噴射した後
すぐに、視力検査をする眼科もあります。
眼圧を測るのはいいのですが何も視力検査をする前にする必要はありません。
高圧の空気を噴射した直後視界がぼやけている状態で視力を測れば、
いつもより視力が悪く出るのは当然です。
また、
視力ならどこで測っても一緒だと思っていたら大間違いです。
メガネ屋さんで測ると
検眼コーナーだけ薄暗くしてあるところが多いですがなぜだかご存知ですか?
理由は、視力検査の結果が悪く出やすくなるからでしょう。









Last updated  Aug 10, 2012 01:29:04 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 18, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
先月、レーシックを受けて1.5になったにもかかわらず
0.4にまで視力が落ちてしまったOLさんの続報です。

先月の入会以来

週二回

3日に一度来店されていて

順調に回復してまいりました。


昨日は両目で0.9でした。


入会当初

「運転が怖くてメガネが外せない」

といっていましたが

今では平気でメガネなしで運転していらっしゃいます。


もともと
免許の適性検査でも両目で0.7あれば
裸眼で運転していいことになっています。

0.7程度あれば
道路標識や信号を裸眼で確認できるということが
根拠になっていると思います。

しかし、多くの方は錯覚されていますが

「1.0以上ないと眼鏡がないと運転できない」

とか

「できれば1.5以上ないと不安だ」


と思い込んでいますが
そんなことはありません。

そう思い込んでいると
メガネ屋さんで
思わず1.5も見えるようなメガネを作りたくなってしまいます。

そして、

1.5以上見えるようなメガネをかけていると
大人でも軸性近視が進んでしまいまうのでご注意ください

最後に

レーシックを考えている方にお伝えしたいのですが


レーシックとは
もともと近くにしかピントが合わない近視の目を

角膜を削ることによって
無理やり遠くにピントが合うようにする手術です。


レーシックをした後は

角膜の削り方にもよりますが

実は

手元30cm程度の近くに
ピントを合わせることが下手になります

つまり

若くして老眼のようになってしまう
ということなので
お気を付けください。

「1.5」

という視力は言い視力と思われがちですが

「正視」

ではなく

「遠視」の域に入る視力となります。











Last updated  Jul 18, 2012 04:44:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 14, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日も

お子さんの視力が回復し
喜びの声が届いたので

ご紹介いたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小学3年生の息子が、学校での検診で、眼科受診を勧められ、
眼科に赴いたのが6月16日。

右目0.6、左目0.3に失望し、
なんとかしようとの思いから、
辿り着いたのが御社のトレーニング。


早速購入し、トレーニングを始めて約4週間目の本日7月14日、


眼科の再受診を行うと、
右目が0.9で左目が1.2。

一番驚いてたのが
眼科の先生でした。

今後も継続していきたいと思います。

ありがとうございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うれしいご連絡ありがとうございました






Last updated  Jul 14, 2012 07:28:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 6, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日の話です

レーシックをして
視力がまた低下してしまったOLさんが入会されました。

昨年3月

レーシックを受けて視力0.1未満から1.5まで回復したにも関わらず

また視力が0.4にまで落ちてしまい
レーシック手術を受けた同じ眼科でメガネを処方されたというのです。

視力はすでに0.4になっていました。

その眼科にとってこのOLさんは
高額なレーシック手術をしてメガネを処方して、
ということなので大のお得意さんだったということですね。

聞くところによると

レーシックした後も一日中 

業務で8時間
自宅に帰って 2時間

計10時間もPCを使っていたのだそうです。

それが再低下した原因ですが

さらにほんの少し遠くのほうが見にくくなったからと言って

いわゆる仮性近視の状態でも
すぐにメガネを処方し
PCをするときもメガネをかけるように指導していたというのですから
びっくりしました。

このことから私は二つのことを確信しました

1、眼科は視力低下する人がいるので利益が上がる

2、視力が再低下しないと売り上げが下がるので
  基本的には、患者さんが視力が回復することを望んでいない

 毎年数人の方がレーシックを受けたにもかかわらず
視力が下がってということで入会される方がいらっしゃいますが、

この方のように半年で視力が下がり始める事例があることを考えると
実際にはかなりの人数の方がレーシックを受けて、
再度視力が下がっている方がいらっしゃるようです。

(メールサポートをしていると

「せっかくレーシックをしてお金をかけたのでもったいなから
見にくくても裸眼で頑張っています」

というお問い合わせもいただきます)

レーシックで多額の費用をかけても
このOLさんのように

視力が0.1未満になってしまった生活環境や生活習慣を
改善することなく

いつも通りに生活していったら

当然のごとく視力はまた低下してしまいます。

また、

ちょっと見にくくなったからと言ってすぐにメガネにし
裸眼でも見える距離をメガネをかけてみていたら
どんどん近視が進んで行ってしまうのでご注意ください。


(幸いこの方は一回の体験で0.4から0.6に少し回復されました)

やっぱり
視力回復の基本は
日々の視力低下予防の生活です。












Last updated  Jul 6, 2012 02:54:55 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jul 5, 2012
カテゴリ:カテゴリ未分類

ときどき

ブログのコメント欄に

「近くにアイトレーニングがなくて困っています」

というお問い合わせをいただきます。


基本ご来店いただいたほうが
お子さんの視力や近視の具合などをチェックでき

直接トレーニングの指導ができるので
一番おすすめなのですが

どうしても遠方で
こちらに週二回は通えないという方には

当店でも補助的に使用し
その効果を家訓できている
こちらの家庭用訓練機をお勧めしております

超音波治療器、3D絵本、穴あきメガネなど
視力回復をうたったグッズがたくさん販売されていて

当店でもそういったグッズを
取り寄せてみましたが

効果の出方やお子さんでも続けられるかどうか
価格など総合的な観点からこちらの商品が市場の勧めだと判断いたしました

こちらからご確認ください。

 ↓ ↓ ↓ ↓

動画はこちらへ







Last updated  Jul 5, 2012 03:08:21 PM
コメント(0) | コメントを書く

全100件 (100件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.