717687 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

色彩治療日記

PR

Calendar

Category

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

hiko 888@ Re[1]:明日は国際色彩診断治療研究会の東京大会です。(11/15) 長谷川先生へ 東京大会お疲れ様でした。 …
長谷川@ Re:明日は国際色彩診断治療研究会の東京大会です。(11/15) 村松先生、東京大会の懇親会では、有難う…
SAKURAI@ Re:静岡医療学園専門学校訪問(08/03) 今回静岡医療学園に足をお運びいただき本…
kuji@ Re:その鼻水は花粉?風邪?PM2.5?(04/03) コメント失礼します。 同じくカラー治療を…
hiko 888@ Re[1]:神代アキル文字の神秘(08/01) フルカワコウジさんへ コメントありがと…

Rakuten Ranking

全5件 (5件中 1-5件目)

1

花粉症

2013.03.30
XML
カテゴリ:花粉症

さくら各地で桜の開花があちらこちらで聞かれる頃となりました。

でも、このあたりは2・3日前の蕾がかたい状態からようやく膨らんできたところです。

NKNS6DpZu4ghBer1364617367_1364617402.jpg

今週は、慢性アレルギー性鼻炎で花粉症歴5年となる方が、治療を始めて4か月・・・

「こんなに鼻が楽な年はない」と言ってくださり、にこにこでした。ウィンク

と、いいましても、杉花粉の治療は反応し出した2月中旬と3月初めの2回しか

しておらず、それまでは、ずっと黄砂と動物アレルギー・化学物質で治療をしてきました。

多少はまだ鼻も反応がありますが、あとは、目のかゆみ・咳ももう少しあるので

これは、PM2.5の反応もあり黄砂・杉花粉と共に治療をしております。

(動物アレルギーと化学物質過敏Sは数回で反応は消えております)

(杉花粉は重層237・304の反応の方が多いです。抗IgE抗体と合わせています。)

ダイヤダイヤダイヤ

PM2・5は近江では反応する方が少なく、黄砂の影響の方が断トツに多いのですが、

色彩治療の本拠地、松山では来院される皆さんに反応してくるそうです。

PM2・5は肺の気管支や肺胞といった細部にまで入り込むそうですから、

やっかいものです。

しかし、カラーを貼ると咳や目のかゆみも治まってくるので不思議です。

カラーが効いていることを意味するのですけど・・・。

この時期、咳がなかなか治まらない方は是非反応がないか調べてください。

色彩治療でありましたら何が原因かわかりますので、お近くの治療院をお訪ね

くださいね。ウィンク四つ葉

むらまつ東洋医学治療院手書きハートhttp://muramatsu.xtr.jp/

 

 

 







Last updated  2013.03.30 19:53:21
コメント(0) | コメントを書く
2013.03.08
カテゴリ:花粉症

みずがめ座3日の日曜日は鈴鹿の山が真っ白でまだ寒かったのが、

週が明けてから急に暖かくなり、

今週に入ってから花粉症状の方が急に増えてきました。

その中で鼻や目にくる方々ばかりでなく、咳が出るといった症状でも、

杉花粉の反応が診られるケースもありました。

そこへ、黄砂がミックスされている方。

そこにプラス、PM2.5の反応がみられる方。(まだ極少数)

今日は、この3つに加え風邪のウィルスがあって、喉が痛い・・・。

鼻が出る・・・。目もかゆい・・・。の3重苦になっていました。

カラーであれば、その鼻づまりがなにか、はっきりわかりますので、

薬みたいな対症療法ではなく、原因治療がばっちりできます。

これから本格的にシーズンを迎えますが、今までなにもなかったのに、

今年初めて花粉症状が出る方も増えております。

外出時はマスクの習慣を身つけていきましょう。ウィンクピンクハート

 

01AXEq8gBLjs5wE1362667710_1362667724.jpg

 

むらまつ東洋医学治療院手書きハートhttp://muramatsu.xtr.jp/

 

 

 

 

 







Last updated  2013.03.08 23:45:03
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.05
カテゴリ:花粉症

ダイヤ昨日より福島第一原発から低濃度の放射性物質を含む汚染水が、大量に海に放出

されています。

発表された職員の方の表情にそれが苦渋の選択であることが窺われ、見ていて

いたたまれない気持ちになりました。

最善を尽くしておられることは報道の中に垣間見られ、早くも本日は、止水剤と硬化剤で

目視でわかるほど流出量が減っているとのこと・・・。

全力を注がれているすべての関係者の皆さまに心より感謝いたします。

さて、そんな中・・・最近になって花粉症の症状を訴える方が、多くなってきました。

花粉症を調べていくと、杉とヒノキそして黄砂(喘息A)の反応がほとんどです。

しかし、よく調べてみると、花粉症ではなくて化学物質過敏症だったりすることも

しばしばあります。

目の痒みや鼻水、くしゃみ、などの症状はすべて足の甲で取ります。

決して顔面には貼りませんのでご安心ください。^^

最近では、花粉症専用のゼリーパックもお試しで作成しております。

 

P1040288.jpg

 

使われた方の症状はかなり回復しておりますが、足の甲にはさんでいる消耗の激しさ

の問題から、もう少し改良が必要のように思っています。

いずれにしましても、今年治療をしておきますと、来年は今年より軽い症状になり、

さらに来年治療しておきますと、2・3年であまり気にならなくなってきます。

治療自体は、そのシーズンのみでOKです。

本日からようやく気象庁から放射能物質拡散予測も出されるようになりました。

しばらくは花粉もさることながら外出の際のマスクは必要不可欠になりそうです。

P1040310.jpg
S先生ありがとう~

         むらまつ東洋医学治療院手書きハートhttp://muramatsu.xtr.jp

 

 

 

 

 







Last updated  2011.04.06 01:54:20
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.24
カテゴリ:花粉症

花この2・3日は春のような暖かな日が続いています。

暖かくなるのはとても嬉しいのですが、花粉症の方にとっては嬉しいような悲しいような

複雑な気分になりますよね。

私も2・3年前まで杉の花粉症でした。しかし、カラーで治療してバッチリよくなりました。

でも、昨年秋はイネ花粉が突然出て鼻にきていました。

また、我が家のわんこは大丈夫なのですが、友人の車に乗ると、目のかゆみがひどく、

車にわんこを乗せていることから、イヌアレルギーそしてネコアレルギーも持っています。

(イネも動物もアレルギカラーはあります。怠慢して治療はしていないのですが・・・。)

ですから、杉の花粉は克服しておりましても、今年は10倍と言われておりますし、

また出てくる可能性もあるかも??と、思ったりしているのですが・・・。

ところが、もう2月の後半にもかかわらず、いまだに杉花粉の反応が一人もなく・・・??

昨年2月前半に出ていた患者さんでさえ、まだ反応がないので、報道と皆さんの反応が

一致してこないので頭をひねっている状態です。

これからでてくるのでしょうが・・・急にくると思うとなんだか怖いですね・・・。

このまま、何事もなくうららかな春を楽しみたいですね。スマイルさくら

 

P1040213.jpg
kさんありがとう~~

 

むらまつ東洋医学治療院手書きハートhttp://muramatsu.xtr.jp/






Last updated  2011.02.25 01:53:45
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.23
カテゴリ:花粉症

四つ葉花粉症の本格的シーズンとなり、マスクをする方が多くみられるようになってきました。

私もその一人ですが・・・3年前、朝になるとくしゃみの連発と鼻がグシュグシュだった花粉

症を一昨年と去年、カラーを貼って今年は全く出ずに喜んでいたのですが、先週は急に

やはり朝だけ鼻水が出るようになって「えっ??またぶり返した??」と思っていると・・・

探索棒で杉花粉の反応はなし。代わりに大気浮遊物質の反応があり・・・

「あ~!!黄砂か~」と気づいた次第で、外出のときはマスクをするようにしています。ウィンク

 

すると・・・やはり患者さんの中にも、「10年前まで花粉症で悩まされていたのを克服した

のに、今年10年ぶりに花粉症が出てきて・・・」と言われるのでみてみると・・・

やはり杉花粉の反応はなく大気浮遊物質の反応がありました。びっくり

そんな方が何人かおられ杉花粉のカラーは使っていませんが、いずれも順調に回復して

きています。スマイルグッド

ですから、一概に花粉のせいばかりではなく黄砂も考慮して、やはりこの季節は花粉症

でなくともマスクはしておいた方がいいですね。スマイルピンクハート

黄砂の中にはいろんな化学物質が付着しているので要注意ですよ。

皆さんも気をつけてくださいね。ハート

 むらまつ東洋医学治療院 手書きハートhttp://members.e-omi.ne.jp/muramatsu/

 







Last updated  2009.03.24 01:29:48
コメント(4) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.