2021.04.11

両手のしびれと腰くだけの原因は?

カテゴリ:健康・病気

​昨日の土曜日は、名古屋から内科のドクター小林先生がご来院くださり、1日ご一緒に

患者様を診てくださいました。

その折、初診の患者様で、今年の1月に階段から落ちてから左右の肩から手の先までしびれがあ

り、腰は痛みはないが力がはいらなく、右足は痛みや温度を感じなくなったという60代男性を

診ました。

首のMRIでは、C3番と4番が圧迫されており、病院ではリハビリをしているが改善がみられず、

手術を勧められているとのこと。

腰は昨日MRIを撮ってこられたので結果は後日です。

腕もしびれのせいか力が入らず細か動きができないようです。

診ていきますと、確かに首のC3番、4番あたりの異状はあり、しびれも手の先まですべての指に

みられました。

足は左下肢には異常はなく、右下肢には異常がみられました。

何の異状か??まあ、普通なら神経障害と位置づけられますが他が気になって調べていきますと、

やはりそうでした。電磁波の反応がありました。

小林先生にも反応をみていただき、これを確認しました。

そして、異常のある手、足、腰すべて電磁波で治療をしていきました。

すると、手はしびれがとれているのに、まだあるとおっしゃられるので、実際は良くなっている

ことを、小林先生とオーリングで確認。

こちらは脳の信号が治まっていない幻肢痛(しびれ)と捉えて、頭(DLPFC領域)の異状を確認。

手は幻肢痛で再び治療。

すっきりはとれていないようでしたが、まあ、4か月しびれていたので、脳が記憶してしまった

ものは、同時に脳の認知行動療法で改善することもお伝えしました。

脳の柔軟性があればこれは早い方ならあっという間にとれていきます。

そして、腰も電磁波で治療しましたが、こちらは立ったり座ったりすると、腰がしっかりしてきた

ようで、「不思議やな・・」と。。。

このように、首や腰にたとえ異常があっても、そこから身体の神経回路がなにかしら狂いを生じ、

電磁波に対して敏感になってしまったこと考えられることを、小林先生もおっしゃられました。

因みに、環境を尋ねていきますと、新幹線が家のすぐ近くに通っているそうでした。

小林先生は、山梨のリニアモーターカーができてから、近隣では電磁波障害の方が沢山おられる

ことを教えてくださいました。

次回も電磁波の反応があれば確実にその影響ですので、きっと改善してくだると期待して

続けていきたいと思います。

小林先生、1日お疲れ様でした。

また今後も来てくださるご予定です(*^^*)

                              小林先生は内科で今後色彩を採り入れていかれるご意欲です!!

                           むらまつ東洋医学治療院手書きハートhttp://muramatsu.xtr.jp/






TWITTER

Last updated  2021.04.12 08:27:37
コメント(0) | コメントを書く