000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

SilverPleco's talk on various subjects

PR

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

熱帯魚、エビ

Jun 10, 2009
XML
カテゴリ:熱帯魚、エビ
ちょっと前にグリーンロイヤルプレコをまた買ってしまいました。
ベビーサイズです。尾鰭がまだ透明です。

GR2
GR2 posted by (C)SilverPleco

数週間後、、、、
90cm水槽はプレコが沢山いるので小競り合いは良くあります。
グリーンロイヤルプレコが怪我をしてしまいました。
額の当たりを上からガブッとされて歯形が付きました。
GR療養中
GR療養中 posted by (C)SilverPleco
気になって買っておいたサテライト水槽が早速役に立ちました。
隔離して療養に専念させたお陰でかなり直ってきました。
目から背鰭の間に黒っぽいプレコの歯形が残ってます。このアングルだと歯形を横
から見る形です。怪我をした当時は美味しそうな白身が見えていましたが2週間足
らずでここまで回復しました。
サテライトの仕組みは水槽のヘリに引っかけて管をメイン水槽に入れてエアーリフ
トで水を導きオーバーフローした水は元の水槽へ返ります。解りやすく言えば外掛
け式フィルターの水槽版ですね。^^
人気商品らしく品薄なようです。非常時に便利なのでお奨めです。
サテライト水槽.jpg
ちなみに私の場合90cm水槽のヘリが厚くて引っ掛からなかったので針金ハンガ
ーを曲げて照明下駄のパイプに引っかけています。
メイン水槽との水面高低差が大きくて取り込みパイプが届くもののリフトする限界
ギリギリでした。
水槽の間に見えているのはサテライトの水平を調整するために挟んだピンキーの
空容器ですので気にしないでください。^^






Last updated  Jun 11, 2009 12:25:35 AM
コメント(4) | コメントを書く


Jun 3, 2009
カテゴリ:熱帯魚、エビ
先日鳥見に行きましたらついに蝉が鳴き出しました。すっかり初夏ですね^^

森の木々は葉が茂り鳥たちの声はすれども姿は見えずで青い鳥シリーズは撮影
出来ませんでした。

青がダメなら赤でというわけで在庫からレッドビーシュリンプです。

ワンコイン以下の価格の中で、この個体が一番綺麗に成長しました。10ミリ
越え辺りのサイズの若いうちに導入すると当たりも大きいですね。^^
もちろん外れも大きいですけど^^;

RBS美
RBS美 posted by (C)SilverPleco
フラッシュなしで撮影

RBS1F
RBS1F posted by (C)SilverPleco
フラッシュ有りで撮影

エビに関してはフラッシュ有りの方がとても綺麗に写りますね。
それに簡単に拡大してみられるので細部も良く判ります。






Last updated  Jun 3, 2009 10:52:55 PM
コメント(8) | コメントを書く
May 12, 2009
カテゴリ:熱帯魚、エビ
久~しぶりのアクア系エントリーです^^

レッドビーシュリンプを飼育して繁殖までいったのは一昨年の夏でした。クーラ
ー無しで過ごしましたが秋になって調子を崩し全滅してしまいました。

あれからシュリンプは試行錯誤しました。とあるサイトで弱アルカリが良いと聞
いて試し失敗。じゃあアルカリになったからスラウェシ島系を試したいが高価す
ぎて断念し手頃な台湾産のパープルゼブラシュリンプを飼育してみました。

これは個体が成体なっても触角を除いた体長が1cm程度にしか成らず、加えて
臆病なのか殆ど隠れておりました。その為に餌の食いが滅多に確認できず数ヶ月
で自然消滅してしまいました。小さいけど目の付き方がひょうきんで色も綺麗で
お気に入りでしたが残念でした。機会があったらまた挑戦してみたいです。

その後エビ水槽は完全リセットし、ソイルにて立ち上げました。近所のショップ
で選別落ちのレッドビーシュリンプが手頃で10匹導入しました。
しかし数ヶ月しても抱卵しません。雌雄の判別も難しく(それもそのはず全部♂
だったようです)困っていたところへリニューアルオープンしたショップで10
匹で4桁未満の価格で売られていたのをゲットし追加導入しました。これには雌
が居てうまく抱卵し現在は稚エビを入れて100匹を超える個体数と成りました。

それから昨年には水槽用のクーラーも導入しバッチリ温度は管理できますので暑
さで体調を崩すことも無いでしょう^^

前置きが長くなりましたがようやく写真です <./.>

RBS親
RBS親 posted by (C)SilverPleco
なかなか白いところが多い個体ですが模様が崩れているから選別落ちなんでしょ
う。

RBSベビー
RBSベビー posted by (C)SilverPleco
第一子です。大きさは触角を除いて3ミリ位です。この頃からハッキリと紅白に
なっています。

RBS赤勝ち.jpg
抱卵ママと稚エビ
最近は白い面積を増やす以外に赤い面積を増やすや色が元の黒だったり様々な
個体が生み出されているようです。もはや錦鯉や金魚の世界になってきています。


クーラーはこれを導入しました。中には日立のコンプレッサーが入っていました。
もうこれは冷蔵庫です。値段ははりますが確実に冷えますので中途半端な保冷庫
の様な性能のクーラーを導入しなくて良かったかなと思います。何せ私の家は無
断熱で飼育部屋が西日をもろに浴びるので室温がとても暑くなるのです。
難点は音と振動が大きい事です。寝室ではないので私は我慢できますが1ルーム
の方などは要注意です。

写真は上2枚はケーブルで延長してフラッシュを水槽上から焚いてます。
抱卵ママはノンフラッシュで撮影です。エビに関してはフラッシュを焚いた方が
綺麗に写りますね。魚の場合は身体が光り物なので焚き具合が難しいです。






Last updated  May 12, 2009 09:56:55 PM
コメント(10) | コメントを書く
Oct 20, 2008
カテゴリ:熱帯魚、エビ
今年の夏に90cmメイン水槽のプレコたちを襲った悲劇は文献によります
と症状からエロモナス病、カラムナリス病と思われます。末期にならないと
発見しにくいとのことですが何となく違和感を抱いていただけに病気まで考
えなかっ事が悔やまれます。

今回の被害はプレコの物陰に隠れている性質が悪い方向に働いたようでグリ
ーンロイヤルプレコの症状が発見された時には既に流木の陰にてクイーンイ
ンペリアル・タイガー、ロングスナウトロイヤルプレコが☆になっていまし
た。さらに10cmを超えていた体力自慢のオレンジフィンタイガープレコ
(ボスでした)も感染したのを発見し、隔離したものの手遅れのため☆にな
ってしまいました。オレンジフィンタイガープレコも普段は隠れているので
見かけたときは重症でした。
他の8匹は感染しなかったようで健在です。

結局病気の原因の1つは新規導入のロングスナウトロイヤルプレコではない
かと思われます。この個体が一番早く☆になっていたからですけど。発見し
たときは既に身体が半分になってました。そしてもう一つの理由は忙しさに
かまけてメンテを怠ったのも大きな理由かと思います。反省です。


さて、4匹のプレコを失ってから二ヶ月が経過しました。もう良いかなと思
い懲りずに3匹を通販で買ってしまいました。
まずは一匹目の目玉!
プラチナロイヤルプレコ 全長15cmです。
プラチナと言われる色よりゴールデンっぽい色の個体です。
プラチナロイヤルM.jpg

ロイヤル系は水槽での成長は遅いと言われています。また自然界で見られる
ような40cm越えの巨体にはまずならないようです。☆になったグリーン
ロイヤルプレコは7cm位で導入し13cmまで育ってくれましたが、その
期間は5年掛かりました。ほぼ一年1cmです。

そんなわけで今度は最初から大きめで行ってみようと思い15~20cmを
狙って探して見付けた個体です。見付けたショップ、パラダイスは意外に近
くてお隣の愛知県でしたが送料が良心的で安かったので直接行くより経費の
差が大きくて通販にしました。それとショップに行ってしまうともっと買い
込んでしまいそうな予感も有ってですけど^^;;

後の2匹はまた後で。

ちなみにこのショップの店長は「ザ・プレコ」を執筆された方だそうです。
プレコ好きなら持っていて損はないと思う本ですよ。

楽天ブックスならこちら


チャームならこちらから







Last updated  Oct 20, 2008 11:36:39 PM
コメント(6) | コメントを書く
Aug 18, 2008
カテゴリ:熱帯魚、エビ
一月以上間が空いてしまいましたね^^;
そろそろ忙しさも峠を越えたのでしたがなかなか再開できずに居ました。

ネタをどうしようかと悩んでいたのですが本日5年ほど家の水槽に居まし
たグリーンロイヤルプレコが☆になってしまいました。どうやら病気が流
行りだしたようで他にも1匹のロイヤルが☆に、ブラックタイガーに病気
が移った状態でした。ブラックタイガーは隔離して塩浴で療養、メイン水
槽も塩を大量投入しました。
お盆休みだからって呑気にオリンピックと高校野球観戦とビール飲んでる
場合じゃなかったです。

グリーンロイヤルプレコはお気に入りだったので余計にショックですね。
(×_×)
よく考えてみるとエサの時間には待ちかまえていたのにここ数日積極性が
無かったです。前兆に気がつかなかった事が悔やまれます。

ブログもちゃんと続けてないと悪いこと起きますね。






Last updated  Aug 18, 2008 11:02:45 PM
コメント(13) | コメントを書く
Mar 19, 2008
カテゴリ:熱帯魚、エビ
コペラナッテレリィの模様がうまく写真に撮れました。3D画像見たいですが
実際の色です。やや金色掛かったシルバー体色に赤と黒のスポットが一松模
様のみたいに並んでいます。
背鰭のピンクもおしゃれです。
コペラナッテレリィ.jpg

オマケのペンシルフィッシュの群泳。といっても全4匹でしかも一匹は反対
を向いてますが^^;
ペンシルフィッシュ群.jpg
地味な体色ですが尻鰭の赤が効いて綺麗です。
身体の縦縞が虹彩部分にも入っているのが良く判ります。






Last updated  Mar 19, 2008 11:05:09 PM
コメント(8) | コメントを書く
Feb 18, 2008
カテゴリ:熱帯魚、エビ
まだまだ厳しい寒さが続いていますね。それでも春の訪れは近づいているよう
です。

梅08.jpg
庭の梅の木が咲き出しました。
まだ六分咲きといった感じです。

水槽の中で時折フィンディスプレイを見せていたニューギニアレインボーを捉
えました。残念ながらこちらも六分咲きといったところでしょうか^^
ニューギニアフィン開.jpg
もうちょっと長い時間満開で居て欲しい^^;






Last updated  Feb 18, 2008 11:57:52 PM
コメント(8) | コメントを書く
Nov 28, 2007
カテゴリ:熱帯魚、エビ

いきなり古いタイトルで始まりました。

このタイトルが判る人は同年代ですね^^。

話しも気が合いそうです。

ちょいとグロテスクな写真を載せますので食事中や
食事前の方は見ない方がいいですよ。


いいですか?









マツブッシープレコの裏側です。

マツブッシー口2.jpg
色目や髭の感じや口の形状に

写り込みの激しさが加わってグロいですね。

なんとなくアンコウを連想してしまうのでした。

体長は7cm位ですから大きくはないのです。

もしも30cmオーバーなんて巨大魚だったらさらに、、、、







Last updated  Nov 28, 2007 10:57:03 PM
コメント(8) | コメントを書く
Nov 22, 2007
カテゴリ:熱帯魚、エビ
めっきりと寒くなってきました。ヒーターは設置済みですが水槽の後ろの断熱
材施工もそろそろしないといけない感じですね。またちょいとお魚を仕入れて
しまいましたので紹介します。いずれも低価格で導入しやすい個体ばかりです。

ワイツマニーテトラ.jpg
ワイツマニー・テトラ(幼魚)(ワイズマニィ)
学名:Poecilocharax weitzmani
分布:ネグロ川、オリノコ川
熱帯魚を始めた頃に買った図鑑に載っていて欲しいと思っていたお魚です。先
日通販サイトを眺めていたら発見して値段もお安かったので買ってみました。
雄は成魚なると各鰭が伸びてとても厳つくなります。幼魚の今は体長15mm位で
す。大変大人しくあんまり活発に動きません。物陰に入っていることが多いで
すね。全体の動きはスカーレットジェムに似た感じです。落下してくる餌をつ
いばんだり底に落ちた餌をじっと見つめてついばんでいます。

ハブロスス.jpg
コリドラス・ハブロースス
学名:Corydoras habrosus
分布:ベネズエラ
小型のコリドラスです。成魚になっても2cm(4cmとの情報もあり)と可
愛らしい姿で楽しめます。
とても活発でじっとしていることが少ないです。まだ幼魚と言うことも有るの
でしょうが。成魚になると他のコリドラス同様大人しくなるんでしょうかね。

ニューギニアレインボー.jpg
ニューギニア・レインボー
学名:Iriatherina werneri
分布:ニューギニア南部、オーストラリア北部
雄の個体しか流通していない様です。鰭が長くて開いたときはとても綺麗です。
これもずっと気になっていたお魚です。鰭が開いた写真が撮れたらまたアップ
します。

フライングフォックス.jpg
サイアミーズ・フライングフォックス
学名:Crossocheilus siamensis
分布:タイ、インドネシア、ボルネオ
コケ取り職人として非常に安かったので試しに買ってみました。職人としての
世間の評判は7:3位で職人である評価は3の方ですが、、、^^;。とりあず現在
3cm強のサイズでコケはついばんでくれるのですが落ち着きが無く見た目にコ
ケが減ったと確認も出来ていません。端から丁寧に仕上げていくタイプではな
くあっちこっちついばむ試食型タイプですね。さて今後活躍は如何に?

CRS680.jpg
レッドビーシュリンプのその後2

今年の夏で激減してしまい絶滅の危機を感じてしまいましたので5匹ほど補充
しました。
一番最初10匹スタートから徐々に減って30匹越えまで増えたところでこの
夏に3匹にまで減ってしまいましたので補充して現在8匹です。既存の個体に
抱卵個体も見られましたのでこれからの復活を期待しています。来年の夏には
クーラーを導入予定です。

撮影:OLYMPUS E-510/ZUIKO DIGTAL 14-54mm F2.8-3.5
(35mm判換算28-108mm)
お魚はもっぱらこのレンズで撮影しています。最短撮影距離が0.22mと短いの
でマクロレンズ的にも使えて使用範囲が広く写りも良いレンズでお奨めです。
しかしハイエンド機E-3が明日発売されるに伴って12-60mmとさらに上をいく
と思われるレンズが発売されます。これから買うなら12-60mmでしょう。
かな~り羨ましいです^^。
こういった用途なら単焦点のマクロレンズが良いみたいで試してみたいのです。
マクロレンズには松竹梅の竹と梅のレンズが有るのですがどちらにしようか?
そうはいっても良い値段ですから簡単には買えませんけどね。
あぁ、レンズ交換式カメラの罠にはまってしまいました^^;。

それよりももっと修行しないといけませんね(**;)






Last updated  Nov 23, 2007 12:44:20 AM
コメント(4) | コメントを書く
Oct 29, 2007
カテゴリ:熱帯魚、エビ
トライアルレポートも疲れてきましたのでここらで話題を変えまして、、、

前回からレッドビーシュリンプの状況報告は大変御無沙汰しています。
RCS0916.jpg
最後にV字回復をしたと書いていましたが、この夏の暑さと残暑で現在はまた
厳しい状況です。
紆余屈曲ありまして気がついたら残数が一桁になっています。(+_;)
来年はクーラー導入必須であることと、留守中の給餌は妻子に任せてはいけな
いことを学習しました。

クラウンキリー1.jpg
クラウンキリー始めました。やっぱり私はこのお魚好きなんですよね~。
そういえば、お店ではちゃんと学名で売られていました。
プセウドエピプラティス・アニュラトゥス
Pseudepiplatys annulatus

ステルバイとエビ.jpg
夏前に導入したステルバイ君もすっかり大人になりました。
エビが目の前にきても知らん顔で寛いでいます。






Last updated  Oct 30, 2007 12:17:06 AM
コメント(10) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.