359483 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(16)

読書案内「コミック」

(77)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(17)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(36)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(80)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(82)

読書案内「映画館で出会った本」

(13)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(21)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(40)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(63)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(61)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(16)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(28)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(34)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(13)

読書案内「近・現代詩歌」

(34)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(10)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(9)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(10)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(13)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(60)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

めんくい@ Re:徘徊 2021年 1月上旬「冬のベランダ」(01/11) 「おこわ」みっともないことないですよ。 …
シマクマ君@ Re[1]:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) めんくいさんへ コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) この映画大好きです。DVDはもちろん、…
シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) めんくいさんへ  コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) そうなんですよ。朝霧堂さんは餅を求める…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.08.21
XML
​​
​​ ​イ・チャンドン「ペパーミント・キャンディー」


​​​ ​​元町映画館「オアシス」とセットで企画、上映している作品の最終日。残念ながら「オアシス」は見損ねたが、こっちだけでも、まあ、「バーニング」の不可解を解きたいという、一応それらしい目的もあるし、というわけで受付へ。
「よお、久しぶりやね、元気?」​​​

「お久しぶりでーす!」
「あのさ、明日からの『ニューヨーク公共図書館』混む?」
「ああ、たぶん、満席ですね。」
「朝一番で、チケット買える?」
「はい。それだと大丈夫ですね。ありがとうございます。それで、今日は?」
​​​​​​​​​​​​​​「もちろん、イ・チャンドンやんか。」
 どこかの河原で、おじさんおばさん年齢の人たちがバーベキューしている。チョー場違いな男がやってきて、何だか知らないけど、一人で暴れまわる。この男がこの映画の主人公​​
​​キム・ヨンホ(ソル・ギョング)​。​
 いつの間にか、河原から鉄橋に登った男は突進してくる列車に向かって絶叫しながら突っ立っている。これが1999年のことであったらしい。そこから列車からの風景が、どうも逆流しているらしい。カメラの方向と風景の流れが逆になっている。「ふーん、そういうことか。」と思ってみていると、案の定時間をさかのぼり始めた。
​​​ 列車の前で棒立ちしていた男が、何だかわけのワカラナイ男と女の出来事に登場末う。会社の経営者らしいが、ちょっとヤ―サンの風情で、殺伐としていて、画面もそっけない。要するに壊れている。1994年
 部屋には妻がいる。仕事場では最悪の拷問装置と化して、そこまでやるかという非情のライセンス化している。ここでも、すでに男は壊れている。​1987年​
 仕事に就いたばかりの新米の警官が男だ。なんとなく予想通りに「汚いこと」にまみれてゆく。しかし、ここでもすでに男は壊れている。​1984年​
 兵士である男がいて、娑婆で待つ恋人がいる。ここで初めて、映画の題名の由来がわかる。恋人が兵士に差し入れるのが「ぺパーミントキャンディー」、ハッカ飴だ。光州事件に出動したへっぴり腰の兵士であった男は「壊れてしまう」経験に遭遇する。​1980年​
 河原にピクニックにやってきた学生たちの中に男がいる。まあ、ちょっと、そこまでもっていきますかと言いたいようなうぶな夢を語る。​1979年​
 ここで映画は終わる。20年という時間が遡られて、いわば、謎が解かれる。ナルホド!それにしても、「壊れた男」になってからの方が主演の男性の「顔」がいいと思うのはどういうことだろう。


 とても図式的で、さほど心を動かされた映画ではなかった。しかし、この映画が監督イ・チャンドンによって1999年に撮られていたことには、強く引き付けられるものがあった。20年前のイ・チャンドン。彼は何を考えていたのか。​​

​ 一つは「バーニング」という、イ・チャンドンの近作の、ぼくにとっての分かりにくさを解くカギを見た気がしたことだ。
 勝手な言い草かもしれないが、この監督は「韓国」というアクチャルな社会を生きる人間の「実存」、「生のありさま」に興味があるのであって、そこで描かれる「世界」は村上春樹的な「世界」と微妙にズレてしまわざるを得ないということがあるのではないかということだ。
 村上の作品の登場人物たちは、高度に資本主義化してきた社会のなかで、個人にとって空洞化してしまった「外部」の真相を、その底に潜ることで見出そうとすることを繰り返している。「納屋を焼く」とか「井戸を掘る」というメタファーは実は「日本」という社会に対してこそ有効なレトリックだったのではないか。
 それを韓国で映画にするなら、疲弊した農村の象徴のような廃棄されている「ビニールハウス」を焼くシーンを撮らざるを得なくなるし、登場人物の失踪はアクチャルな殺人事件というサスペンスになってしまう。もう、そこには「春樹の世界」など跡形もないといっていいだろう。
 監督​イ・チャンドン​​「ペパーミント・キャンディー」​で描いているのは、人間から根こそぎ人間性を奪うような、社会の暴力的で直接的なありさまであったとぼくは思う。そういう現実が、そこにはあったということだ。
 ​イ・チャンドン​は「青春の夢」などという、甘ったるいものは、袋入りのハッカ飴のように軍靴に踏みつぶされてしまう現実の中で、人間はどんなふうに壊されるかを告発している。20年前のことだ。
 それがひきつけられた二つ目の理由だ。2019年の今、ぼくが見ている韓国映画は「史実」として「人間を壊す社会」を暴き始めている。彼の映画は、ひょっとするとそれらの映画を作る人々に進むべき道を示しているのではないか、僕はそう思った。
「バーニング」の感想はこちらをクリック​してください。
​​​​​​​​​​​​​​​
イ・チャンドン「ペパーミント・キャンディー」
監督 イ・チャンドン  Lee Chang-dong
製作 ミョン・ゲナム  上田信
原作 イ・チャンドン
脚本 イ・チャンドン
撮影 キム・ヒョング
美術 パク・イルヒョン
編集 キム・ヒョン
音楽 イ・ジェジン
キャスト
   ソル・ギョング(キム・ヨンホ)
   ムン・ソリ(スニム)
   キム・ヨジン(ホンジャ)​​
原題「Peppermint Candy」
1999年
韓国・日本合作
日本初公開 2000年10月21日
130分 2019・07・05


にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ
​ボタン押してね!​
PVアクセスランキング にほんブログ村​​。









最終更新日  2020.10.13 21:01:36
コメント(0) | コメントを書く
[映画「元町映画館」でお昼寝] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.