330420 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(16)

読書案内「コミック」

(75)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(17)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(35)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(17)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(73)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(77)

読書案内「映画館で出会った本」

(11)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(21)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(38)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(61)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(57)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(14)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(28)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(33)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(13)

読書案内「近・現代詩歌」

(34)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(10)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(8)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(8)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(13)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(52)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) めんくいさんへ  コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) そうなんですよ。朝霧堂さんは餅を求める…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2019.11.23
XML
​ハロルド作石「7人のシェイクスピア(第10巻)」ヤンマガKC


​ ヤサイクン「マンガ便」最新版、7人のシェイクスピア」最新号です。エリザベス朝のロンドンでは、ストレンジ卿一座対海軍大臣一座の間で、熾烈な劇場闘争が繰り広げられているのは、前号からの続きです。​​

​ マンガで繰り広げられている演目は「ヘンリー6世」。シェイクスピア初期の史劇で、大ヒットとした作品らしいのですが、前半の山場はイングランドの将軍トールボット親子の死に別れの場ですね。​

 All these and more we hazard by thy stay. All these are saved if thou wilt fly away.  

​「お前がとどまることで全てが危険にさらされ、お前が逃げることで全てが救われるのだ。」​

​ 敗勢濃厚なイングランド軍にあって、父トールボット卿が、7年ぶりに再会し、共に戦う息子ジョンに向かって叫ぶ名セリフですね。


 息子ジョン・トールボットはご覧の通り、父の目前で戦死。父もこの戦いで戦死します。対戦相手は、あのジャンヌダルク。シェイクスピアの名セリフ山盛りのシーンが続きますが、マンガは役者の演技の蘊蓄で引っ張ります。


​ このあと、攻守逆転したイングランド軍は魔女ジャン・ヌダルクを捕らえ火炙りの刑が舞台上で繰り広げられますが、本当に火を焚いたのでしょうね、当時の舞台は。
 もっとも、このジャンヌの描き方あたりから、ちょっと、「大人のマンガ」化の雰囲気が広がり始めます。だって、胸の描き方、ちょっと、「おいおい」という気がしません?​
 さて、第10巻の後半は喜劇「恋の骨折り損」なのですが、腰巻でうたっている通り「禁断で真実の恋」が始まります。「大人のマンガ」全開ですね。文豪「シェイクスピアの恋」というわけですが、相手は女王の侍女ジョウン・ブラント。エリザベスの宮廷で「恋」はご法度なのですが、「Love is a Devil」の始まりがこのシーンです。

 やっぱり、巨大な胸の描き方に笑いそうですが、その後どうなるかって?はい、フル・ヌードの濡れ場に突入しますが、まあ、そのあたりの展開はお読みいただくしかありませんね。

​ しかし、あの手、この手、ハロルド君も頑張ってますよ。ホント、よくベンキョウしてはりますね。​
「7人のシェイクスピア」(第九巻)へはこちらをクリック​してください。
「7人のシェイクスピア」の最初はこちら。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
​ボタン押してね!​
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村






ゴジラブログ - にほんブログ村​​







最終更新日  2020.12.13 01:16:49
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.