000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(13)

読書案内「コミック」

(65)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(17)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(34)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(17)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(67)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(76)

読書案内「映画館で出会った本」

(10)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(20)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(37)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(59)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(53)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(13)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(27)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(31)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(13)

読書案内「近・現代詩歌」

(32)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(18)

「橋本治」の置きみやげ

(5)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(9)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(8)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(5)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(11)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(46)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

ハム吉@ Re[2]:週刊 読書案内 朝倉裕子「詩を書く理由」(編集工房ノア)(11/13) シマクマさんへ ご購入頂いて本当に恐縮し…
ハム吉@ Re:週刊 読書案内 朝倉裕子「詩を書く理由」(編集工房ノア)(11/13) シマクマさん お言葉ありがとうございまし…
おゆうちゃん@ Re:2020年 徘徊 10月2日 「彼岸花」(10/03) 小学一年生のお孫さんがいる方から聞いた…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.09.07
XML
​​村上春樹「猫を棄てる」(文藝春秋社)

​​ 久しぶりに村上春樹を読みました。「猫を棄てる」(文藝春秋社)です。​​
​ あの、村上春樹が父親のことを語っていて、ベストセラーになっているようです。今年の​4月の下旬に出て、手元にある新刊本は、7月で6刷ですからね。101ページの小冊子です。2時間で読めました。
 読みながら、今なぜ「父親」のことを書いて、それを、おそらく、世界中に何万人もいるであろう彼の読者に読ませようとするのだろうということが引っ掛かっていました。読み終わっても謎は解けませんでした。

  このエッセイの中にこんな一節がありました。

​ ​僕は今でも、この今に至っても、自分がずっと父を落胆させてきた、その期待を裏切ってきた、という気持ちを ― あるいはその残滓のようなものを ― 抱き続けている。ある程度の年齢を超えてからは「まあ、人にはそれぞれに持ち味というものがあるから」と開き直れるようになったけれど、十代の僕にとってそれは、どうみてもあまり心地よい環境とは言えなかった。そこには漠然とした後ろめたさのようなものが付きまとっていた。​​​

​ ​ぼくは、ここで村上が語っている「後ろめたさ」は、少なくとも、ぼくたちの世代、彼のデビュー作と二十代の初めに出会い、彼より少し年下の、かつての少年たちの多くに共有されていたような気がします。
 少なくとも、ぼく自身は、ここを読んで、​
20代のぼく自身が村上の小説に引き込まれた理由の一つがあるように感じました。
​ ぼくたちの父親たちは、村上の父親と同じように戦争を知っている人たちであり、子供たちに「学校」や「仕事」に対する、まじめな「努力」を期待していたように思います。そして、ぼくたちの多くは、その期待をめんどくさいと思い、期待通りにできなかったのではないでしょうか。​
​ それは、いつの時代でも父と子の間にある出来事と少し違ったのではないかというのが、この年になって感じることですが、村上はその「少し違った」ということを語ろうとしているように感じました。
 そこがこの本に対する共感なのですが、だからどうだというのか、と考えてしまうとよくわからなくなります。​
​​ 題名に「猫」が出てきますが、このエッセイの中で「猫」の話は二つ出てきます。父と棄てに行ったにもかかわらず帰ってきた「猫」の話と、もう一つは、少年時代、自宅の庭の松の木に登って行って消えてしまった「猫」の話です。
 こういう挿話は実に村上春樹的ですね。しかし、この挿話が何を語ろうとしているのかは謎でした。​
​​ どうも、彼は「この今に至って」、自分のなかの「時」を語ろうとしているようです。
 自分の肉親や家族を話題にして、自分の中の何かを語るほど村上春樹らしくないことはなかなかないと思うのですが、本を手に取って感じた最初の疑問が「猫」と一緒に潜み続けているのは
そのあたりでしょうか。結局、「猫」は見つからないまま読み終えましたが、妙に気にかかりますね。​​
 しようがないので、新しい短編集「一人称単数」(文藝春秋社)を読むことになってしまいそうです。



PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
ボタン押してね!
にほんブログ村 本ブログへ
ボタン押してね!

ゴジラブログ - にほんブログ村







最終更新日  2020.09.14 00:36:58
コメント(6) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:週刊 読書案内 村上春樹「猫を棄てる」(文藝春秋社)(09/07)   analog純文 さん
こんにちは。
 私も先日この本を読みました。
 シマクマさんの文章の指摘の中に、
 「それは、いつの時代でも父と子の間にある出来事と少し違ったのではないかというのが、この年になって感じる」
 とありますが、その「少し違った」の正体はなんなのでしょうか。
 シマクマさんもよくわからないとお書きですが、やはりここがわからないと、ちょっとシマクマさんの「共感」の中身が理解できないように思います。
 私は、本書を読んで、んー、残念ながら、あまり大きな「共感」ができなかったのですが、村上春樹のお話しって、特に最近のお話は、大きなものでなくてそんな「雰囲気」だけでいい、という感じを大切にしているように思います。以上です。では。 (2020.09.07 06:56:21)

Re[1]:週刊 読書案内 村上春樹「猫を棄てる」(文藝春秋社)(09/07)   シマクマ君 さん
analog純文さんへ

 コメントありがとうございます。

 「純文」さんもお読みになったようなので、伺いますが、このエッセイ(?)に出てくる「ネコ」は、何だと思われましたか?

 ぼくは「ネコ」をめぐる、この二つのエピソードが「つくりごと」くさいと思ったのですが、「純文」さんはどう思われましたか。

 「つくりごと」だとすれば、何故、この「ネコ」の話を書いたのでしょうね。

 まあ、そんなふうに、あれこれ考えてみるのですが、なかなか焦点が合わない感じです。どう考えれば合うんでしょうね。でも、ぼくが、この二つのエピソードに惹かれていることは確かなのです。なんか、グダグダですね。
 
 また書きます。ははは。すみません。 (2020.09.07 13:57:35)

Re[2]:週刊 読書案内 村上春樹「猫を棄てる」(文藝春秋社)(09/07)   analog純文 さん
ども、analog純文です。コメントのお返事ありがとうございます。
 シマクマさんが、書かれていた「ネコ」ですが、私は、「ネコ」でいいと思います。村上作品は、むかーしの『羊をめぐる冒険』あたりから、作品中の出来事などについて、あまり意味を探っていてはどうも面白くないということを経験してきました。
 ただ、二つ目の「ネコ」のエピソードから、私は芥川の「仙人」というお話を思い出しました。(少し前に芥川を読んでいたもので。芥川の「仙人」は、もう一つの「杜子春」です。)
 一つ目のエピソードについては、私はごくそのままに読んだのですが、それではどんくさいのですかね。シマクマさんがおっしゃる「この二つのエピソードが「つくりごと」くさい」という、何か気になるところがあれば、お教えください。
 ただ、実は図書館で借りた本で読んだので、もう手元にないんですがー。どうも、すみません。 (2020.09.07 16:49:33)

Re[2]:週刊 読書案内 村上春樹「猫を棄てる」(文藝春秋社)(09/07)   analog純文 さん
 あ、ども。追伸です。
 本作の私の読書感想文を、もう一つのブログの方に載せておきました。
 よろしければ、御笑覧ください。
(2020.09.07 16:58:28)

Re[2]:週刊 読書案内 村上春樹「猫を棄てる」(文藝春秋社)(09/07)   analog純文 さん
 どもども。またanalog純文です。しつこくってすみません。
 シマクマさんのブログを炎上させようという意図では決してありません。(あたりまえか。)
 シマクマさんのご指摘を受けて、柄にもなく「ネコ」の意味を考えていたのですが、アップした自分のブログの記事を読んでふと思いついたことがあります。それは……

 一つ目のエピソードの「ネコ」とは、父親の戦争体験である。

 ……えーっと、あまりに突拍子すぎますかね。本作を読みかえさずに書いていますしねー。(手元にない。)
 でも自分の文章を読んで、そこから「ネコ」の意味を探ると、こういう結論になってしまいました。
 何度もお邪魔して、どうもすみません。では。
(2020.09.07 17:13:18)

Re[3]:週刊 読書案内 村上春樹「猫を棄てる」(文藝春秋社)(09/07)   シマクマ君 さん
analog純文さんへ
 先日お出会いした時に直接話そうと思っていたのですが、忘れていました。
この作品にでてくる「ネコ」についてです。
 純文さんが「戦争」ということをおっしゃっていたのですが、ぼくはその意見について、突拍子もないとは思いません。ぼくもその線で考えていたのですが、父親と一緒に捨てに行ったのは「父」そのものだったのではないかというのが、ぼくの今のところの結論です。
 父親にとって「父」とは何か、作家村上にとって「父」とは何か。その方向で、ぼんやり考えているのですが、何はともあれ、彼の「文学」における「父」の不在を、わざわざ書き始めている村上春樹の現在というのは、結構興味深いというのが、そのアイデアの端緒なので、ようするに当てずっぽうです。要領を得なくて済みません。(笑) (2020.10.18 11:26:21)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.