261238 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(13)

読書案内「コミック」

(60)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(16)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(34)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(17)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(62)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(72)

読書案内「映画館で出会った本」

(10)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(20)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(37)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(59)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(53)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(13)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(26)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(28)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(12)

読書案内「近・現代詩歌」

(30)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(16)

「橋本治」の置きみやげ

(5)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(9)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(8)

映画「国際松竹」でお昼寝

(4)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(5)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(10)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(39)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

日記/記事の投稿

コメント新着

おゆうちゃん@ Re:2020年 徘徊 10月2日 「彼岸花」(10/03) 小学一年生のお孫さんがいる方から聞いた…
シマクマ君@ Re[1]:2020年 徘徊 10月2日 「彼岸花」(10/03) おゆうちゃんさんへ  今日は世間は土曜日…
おゆうちゃん@ Re:2020年 徘徊 10月2日 「彼岸花」(10/03) 私の職場にある桜の木の下にも赤い彼岸花…
シマクマ君@ Re:キム・ボラ「はちどり」元町映画館(09/15) コメントありがとうございます。  お元…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.10.12
XML
100days100bookcovers no2828日目)

​ジャック・フィニイ『ゲイルズバーグの春を愛す』(福島正実訳 ハヤカワ文庫)​


 前回YAMAMOTOさんが挙げられた『愛の手紙』は、文学者が愛する人に宛てた手紙を集めた書簡集でした。谷崎潤一郎が松子夫人に送った毛筆の手紙をアップして下さっていますが、しびれます。いまはメールやLINEで用が足りる時代ですが、ほんのたまにハガキを書いたりすると、手で文字を書くことそのものの楽しさが甦ります。
​ さて、『愛の手紙』というタイトルを見たとき、同じタイトルの小説が即座に頭に浮かびました。アメリカの作家、ジャック・フィニイの短編です。今回はこの小説が収録されている短編集をご紹介したいと思います。​
​​『ゲイルズバーグの春を愛す』ジャック・フィニイ(福島正実/訳、ハヤカワ文庫)ジャック・フィニイは​SFやファンタジーの分野でいくつかの小説を残しています。『ライトスタッフ』や『存在の耐えられない軽さ』などの映画監督、フィリップ・カウフマンが撮ったSF/ボディ・スナッチャー』というSF​​映画があるのですが、この映画の原作『盗まれた街』を書いたのがフィニイです。『​​SF/ボディ・スナッチャー』自体はあまり記憶に残っていないのですが、併映の『ブレード・ランナー』を観たくて、今はなき高田馬場パール座まで足を運んだ思い出があります。1985年頃のことです。
 この本はSF寄りのファンタジーを集めた短編集ですが、本棚にこれが並んでいるのは「タイムスリップもの」愛好者である私のアンテナに引っかかって、コレクションに加わったからです。
​ ただ、『愛の手紙』で時間を旅するのは、人間ではなくて手紙です。1960年代のブルックリンに住む主人公は、古道具屋で手に入れた机の隠し抽斗の中に、1890年頃に書かれた1通の手紙を見つけます。若い女性が書いたと思しき手紙の内容に興味を覚えた主人公は戯れに返事を書き、何年か前に廃止されて使われていないポストを探して投函します。数日後、机の別の隠し抽斗を探った主人公は、来るはずのない手紙の返事が入っていることに気づきます。
 わずか25ページほどの瀟洒な短編なのですが、タイムスリップものとしての約束ごとがきちんと踏まれていて、よくできています。そしてラストシーンでは、女性が最後のメッセージとして使った手段に、なるほどと感心するとともに、泣かされます。時間は優しく、残酷です。
 ​表題作の『ゲイルズバーグの春を愛す』は、五大湖の近くにある小さな街、ゲイルズバーグが舞台です。この静かな街で、いまは廃止になってしまった路面電車や、何十年も前の型の消防車や消防士を見かけたという目撃者が現れます。そのほかにも不思議なできごとが立て続けに起こるのですが、事件を取材していた主人公の新聞記者は、そうしたできごとが、街の近代化を目論んで忍び寄る開発の触手を、結果的に断ち切る役割を果たしていることに気づきます。
​ 小説の背後には古き良き時代への郷愁が流れているのですが、今回久しぶりに再読してみると、たおやかなストーリーの中に、郷愁だけではない、無計画に街を開発することへの嫌悪や、高度資本主義への危惧を感じたのは、それが現実のものとして目の前にあることを認めざるを得ないからかもしれません。世界がこうなるずっと前に、フィニイは――その意志があったかどうかは別にして――予告していたのです。
​​​ ちなみに、カバー絵を描いているマンガ家の内田善美フィニイのファンで、明らかに影響を受けた作品をいくつか残していますが、10年ほどマンガ家として活動し、1986年頃に筆を折っています。描きたいことだけを描いて、あっさりとマンガ界から去ってしまったのです。内田善美のマンガを語り始めるとまた止まらなくなりそうなので、このへんで。​​
 ​ではKOBAYASIさん、お願いします。KSODEOKA 20200705

 


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ゴジラブログ - にほんブログ村










最終更新日  2020.10.12 00:45:16
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.