289411 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(0)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(13)

読書案内「コミック」

(65)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(17)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(34)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(17)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(67)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(76)

読書案内「映画館で出会った本」

(10)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(20)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(37)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(59)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(53)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(13)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(27)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(31)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(13)

読書案内「近・現代詩歌」

(32)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(18)

「橋本治」の置きみやげ

(5)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(9)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(8)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(5)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(11)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(46)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

日記/記事の投稿

コメント新着

ハム吉@ Re[2]:週刊 読書案内 朝倉裕子「詩を書く理由」(編集工房ノア)(11/13) シマクマさんへ ご購入頂いて本当に恐縮し…
ハム吉@ Re:週刊 読書案内 朝倉裕子「詩を書く理由」(編集工房ノア)(11/13) シマクマさん お言葉ありがとうございまし…
おゆうちゃん@ Re:2020年 徘徊 10月2日 「彼岸花」(10/03) 小学一年生のお孫さんがいる方から聞いた…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.10.24
XML
​​​​​新井高子 編「東北おんば訳 石川啄木のうた」(未来社)


​​​​​ 石川啄木が岩手県の出身の歌人であることはよく知られていますが、彼の短歌は「標準語」、あるいは、おそらく、当時、標準的であったのであろう「歌語」で書かれています。
 啄木が使う言葉が「標準」的な「日本語」として、実際に彼が生きた時代に使われていた「口語」であったのかどうか、そのあたりにも面白いことがありそうですが、この本は、震災の後、仮設住宅に暮らしていた大船渡という港町の「おんば」たちが、石川啄木の短歌を東北弁で「訳」すという試みです。​​​​​
​ 啄木が生きていれば、この試みをどう思うのか、喜ぶのでしょうかね。「東京」へ行きたかった啄木。停車場で故郷のなまりを聞いて泣いたに違いない啄木。春になれば、北上川の岸辺を思い浮かべていた啄木。
 いろんな姿を思い浮かべながら、想像すると、やっぱり、泣きそうな気がしますね。いろんな意味で。
 有名な短歌の「おんば訳」をここに引用してみます。訳なので、歌の調子は変わってしまっていますが、ちょっと読んでみてください。

おだってで おっかあおぶったっけァ
あんまり軽くてなげできて
三足もあるげねがァがったぁ


たはむれに母を背負いて
そのあまり軽ろきに泣きて
三歩あゆまず
​(「三足」は「みあし」・「おだづ」は「戯れる」、「ふざける」の意。)​​

とっどきでも着て
旅しでァなぁ
こどしも思いながら過ぎだどもなぁ

あたらしき背広など着て
旅をせむ
しかく今年も思ひ過ぎたる
​(「とっどき」は「とっておき」、「こどし」は「今年」の意。)​

稼せぇでも
稼せぇでも なんぼ稼せぇでもらぐになんねァ
じィっと 手っこ見っぺ

はたらけど
はたらけど猶わがくらし楽にならざり
ぢつと手を見る
友だぢが おらよりえらぐめえる日ァ、
花っこ買って来て
ががぁどはなしっこ

友がみなわれよりえらく見ゆる日よ
花を買い来て
妻としたしむ
​​猫の耳っこ引っぱって、
ネァッと啼げば、
たんまげでよろごぶわらすのつさっこ。

ねこのみみを引っぱりてみて
にやと啼けば、
びっくりして喜ぶ子供の顔かな。
(「わらす」は「子ども」・「つさっこ」は「顔」の意)

​​ ​​仮設住宅で、交互に口語訳して笑いあっているオバさんたちの顔が浮かびます。ぼくは稼せぇでも稼せぇでも」とか、「ががぁどはなしっこ」​なんていう言い回しが気に入りました。言葉に​​「勢い」がありますね。まあ、そうなると、もう啄木じゃないような気もしますが、
 最後のネコの歌は、「おんば」たちが「しあわせな子供の情景」を思い浮かべていらっしゃる様子が、
わらすのつさっこという「ことば」に響いていて、とてもいいなと思いました。
 おもしろがりたい方は、是非、一度手に取ってみてください。


PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





ゴジラブログ - にほんブログ村






最終更新日  2020.10.24 00:57:02
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.