358675 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(16)

読書案内「コミック」

(77)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(17)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(36)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(80)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(82)

読書案内「映画館で出会った本」

(12)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(21)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(40)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(63)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(61)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(16)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(28)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(34)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(13)

読書案内「近・現代詩歌」

(34)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(10)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(9)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(10)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(13)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(60)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

めんくい@ Re:徘徊 2021年 1月上旬「冬のベランダ」(01/11) 「おこわ」みっともないことないですよ。 …
シマクマ君@ Re[1]:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) めんくいさんへ コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) この映画大好きです。DVDはもちろん、…
シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) めんくいさんへ  コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) そうなんですよ。朝霧堂さんは餅を求める…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2020.12.19
XML
​​​​高橋源一郎「日本文学盛衰史」(講談社文庫)


​​ 高橋源一郎の代表作の一つといっていいでしょうね、「日本文学盛衰史」(講談社文庫)を読み直しました。2001年に出版された作品で、これで何度目かの通読ですが、やはり、間違いなく傑作であると思いました。何度かこの「読書案内」で取り上げようとしたのですが、どう誉めていいのかわからなかったのです。​​
 彼は、近代文学という「物語」を、新しい「ことば」の生成とその変転として描いているのですが、近代文学のコードから限りなく遠い「文体」で描こうとしていると言えばいいのでしょうか。そこが、感想のむずかしいところだと思います。
​ 近代日本文学の「小説言語」は、その時代の、その言葉づかいであることによって、傑作も駄作も、おなじコードを共有し、この小説に登場するあらゆる文学者たちは、そのコードをわがものにすることで、日本文学の書き手足り得たとするならば、この小説は、そのコードを棄てることで、新しい小説の可能性を生きることができるというのが高橋源一郎の目論見なのかもしれません。​
​​​ 文庫本で658ページの長編小説です。第1章が「死んだ男」と題されて明治42年6月2日に行われた二葉亭四迷こと長谷川辰之助の葬儀の場に集う人々の描写から始まります。​​​
 新しい日本語で、小説という新しい表現形式に最初に挑んだ​二葉亭四迷​の葬儀の場には、我々がその名を知る明治の文豪たちが勢ぞろいしています。お芝居の前に、役者たちがずらりと並んで挨拶している風情ですね。そういう意味で、この場面が、この作品の巻頭に置かれているのは必然なのでしょうね。
​ その葬儀で受付係をしていたのが、誰あろう石川啄木でした。作家は、その場に居合わせた啄木について​​こんなふうに語って、この章段を締めくくっています。
 すでに訪れる者も尽きた受付で、退屈しのぎに啄木は歌を作っていた。歌はいくらでも、すらすらと鼻歌でも歌うようにできた。そして、歌ができればできるほど啄木の絶望はつのるのだった。

あほやねん、あほやねん、桂銀淑(ケイウンスク)がくり返すまたつらき真理を​


ハーブティーにハーブ煮えつつ春の夜の嘘つきはどらえもんのはじまり


システムにローンに飼われこの上は明ルク生クルほか何がある


ぼくはただ口語のかおる部屋で待つ遅れて喩からあがってくるまで


 啄木二葉亭の葛藤はなかった。だが、二葉亭の知らない葛藤を啄木たちは味わわねばならなかったのである。
​ ​​​​​​​断るまでもありませんが、ここに登場する「啄木」​高橋源一郎​の小説中の人物であり、引用された「短歌」「啄木歌集」のどこを探しても見つけることはできません。
 現代の歌人穂村弘の「偽作(?)」であることが、欄外で断られていますが、第2章「ローマ字日記」では、高橋自身の手による「ローマ字日記」の贋作が載せられています。​​​​​​​

​​​​​​ この作品には、第1章の二葉亭四迷を皮切りに、漱石、鴎外をはじめ、北村透谷島崎藤村田山花袋などが主な登場人物として登場します。近代日本文学史をふりかえれば、当然の出演者と言っていいのですが、なぜが、啄木がこの小説全体の影の主役のように、折に触れて姿を見せるのです。​​​​​​
​​​​​ 彼の有名な評論「時代閉塞の現状」は朝日新聞掲載のために執筆されたにもかかわらず、漱石によって握りつぶされたというスキャンダラスな推理に始まり、「WHO IS K」と題された、漱石の小説「こころ」の登場人物Kをめぐる章では、Kのモデルの可能性として石川啄木が登場するというスリリングな展開まであります。​​​​​
​​​ 何故、啄木なのでしょう。作家高橋源一郎が近代文学の相関図を調べ尽くす中で、文学思想上のトリック・スターとして啄木を見つけ出したことは疑いありません。にもかかわらず、いまひとつ腑に落ちなかったのですが、今回、読み返しながら、ふと思いつきました。​​​
「啄木は家族と暮らしながら、どんな言葉でしゃべっていたのだろう?」
ふるさとの訛なつかし
停車場の人ごみの中に
そを聴きにゆく
​ 啄木の、あまりにも有名な歌ですが、この言葉遣いはどこから出てきたのでしょうね。あるいは、近代日本文学は、いったい誰の口語で書かれていたのでしょうと問うことも出来そうです。「言文一致」と高校の先生は、ぼくも嘗ては言ったのですが、作品として出来上がった「文」は、いったい誰の「言」と一致していたのでしょう。生活の言葉を棄てた架空の日本語だったのではないでしょうか。
 「ふるさとの訛」を捨て、「口語短歌」に自らの文学の生きる道を見出した啄木の葛藤の正体は、どうも只者ではなさそうですね。​

​ 高橋源一郎が、そういう問いかけを持ったのかどうかはわかりません。彼が、幾重にも方法を駆使して描いている「近代日本文学」という物語の一つの切り口にすぎないのかもしれないし、単なる当てずっぽうかもしれません。しかし、何となくな納得がやって来たことは確かです。​
​​​ さて、「きみがむこうから」と題された最終章は、詩人辻征夫の​​​
きみがむこうから 歩いてきて
ぼくが こっちから
歩いていって
やあ
と言ってそのままわかれる
そんなものか 出会いなんて!
​(辻征夫「きみがむこうから・・・」)​
​ ​​という、引用があり、北村透谷以下、樋口一葉、尾崎紅葉、斉藤緑雨、川上眉山、国木田独歩というふうに、当時の新聞に載った死亡広告が引用されています。​​
​​ 斉藤緑雨は「死亡広告」を自分で書き残し、川上眉山は自殺でした。​夏目漱石​の死亡広告は次のようだったそうです。​​
夏目漱石氏逝く
現代我が文壇の泰斗
昨日午後七時胃潰瘍の為に大正五年十二月十日朝日新聞
​​​ こうして、二葉亭の葬儀の場で始まった、ながいながい「日本文学盛衰史」は、近代文学という物語の終焉にふさわしく、登場人物たちの「死」で幕を閉じます。
 このあと、作家自身の、いわば覚悟を記したかに見える結末もありますが、そこは、まあ、読んでいただくのがよろしいんじゃないでしょうか。
 何だか、最後には近代文学、戦後文学のコードに回帰していると思うのですが、高橋源一郎らしいと言えばらしい結末でした。​​​

​​ 是非にと、お薦めする一冊ですが、ブルセラショップだかの店員の石川啄木や、大人向けのビデオの監督の田山花袋も登場しますが、くれぐれも、お腹立ちなさらないようにお願いいたします。​​

​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​






最終更新日  2020.12.19 00:56:41
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:週刊 読書案内 高橋源一郎「日本文学盛衰史」(講談社文庫)(12/19)   analog純文 さん
 楽しく読書報告を読ませていただきました。
 啄木については、思わぬ評論家が、時にはっとするような高い評価をなさっていたりしていますね。
 そして、啄木と並んではっと(?)高く評価されている文学者に、宮沢賢治がいますね。高橋源一郎の「ミヤザワケンジグレーテストヒッツ」についても、シマクマ先生、ぜひ触れていただけませんでしょうか。期待しております。 (2020.12.20 09:07:55)

Re[1]:週刊 読書案内 高橋源一郎「日本文学盛衰史」(講談社文庫)(12/19)   シマクマ君 さん
analog純文さんへ
 コメントありがとうございます。
 ご要望の、宮沢賢治ですが、高橋源一郎さんの「グレーテストヒッツ」は長いんですよね。「日本文学盛衰史」以後の作品群の一つだったと思いますが、読み直すのに元気がいりそうで、今、いじっているのは「動物記」です。短いでしょ。
 「恋する原発」の感想は読ませていただきました。とても好意的な評価がうれしかったですね。
 ああ、「今夜も一人ぼっちかい」だったかな、続編、ぼくはとてもいいと思ったのですが、お読みになりましたか?
 それではまた。 (2020.12.20 23:13:53)

Re[2]:週刊 読書案内 高橋源一郎「日本文学盛衰史」(講談社文庫)(12/19)   analog純文 さん
シマクマ君さんへ
 お返事ありがとうございます。「日本文学盛衰史」「今夜はひとりぼっちかい?」「グレーテストヒッツ」そして「官能小説家」と、みんな恥ずかしながら我が拙ブログにて読書報告させていただいています。この辺の小説は高橋源一郎の独壇場のように感じますね。
 そもそも大概もの知らずの私ですが、村上春樹に比べて、高橋源一郎って海外の評価はどうなんですかね。確かに作品の方向性は、海外向けという感じはあまりしませんけれども。
 またいろいろお教えください。 (2020.12.21 19:13:42)


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.