366053 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(16)

読書案内「コミック」

(78)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(17)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(38)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(80)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(13)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(84)

読書案内「映画館で出会った本」

(13)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(21)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(40)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(64)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(64)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(27)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(17)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(30)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(34)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(13)

読書案内「近・現代詩歌」

(34)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(10)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(9)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(10)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(34)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(13)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(60)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

めんくい@ Re:徘徊 2021年 1月上旬「冬のベランダ」(01/11) 「おこわ」みっともないことないですよ。 …
シマクマ君@ Re[1]:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) めんくいさんへ コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:野村芳太郎「砂の器」こたつシネマ(01/13) この映画大好きです。DVDはもちろん、…
シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) めんくいさんへ  コメントありがとうござ…
めんくい@ Re:徘徊 2020年 12月31日 わが街(12/31) そうなんですよ。朝霧堂さんは餅を求める…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.01.18
XML
​ 安野光雅「天動説の絵本」(福音館書店)​


​ 画家の安野光雅さんが亡くなったそうです。1926年、大正15年の生まれで、島根県津和野の人です。戦争が終わって師範学校に行き直して、いったんは小学校の先生になったようですが、そのときの教え子に松田哲夫という筑摩書房の編集者だった人がいます。  ​
​ 松田哲夫「編集狂時代」(新潮文庫)という著書の中で小学校の先生だった安野光雅の思い出を書いています。筑摩書房が、松田哲夫の企画・編集で「文学の森」というシリーズを1980年代に出したことがありますが、そういう関係での仕事だったようです。そのあたりのことも、その文庫に書かれていました。​
​​​ 話しが前後しますが、安野光雅「絵本作家」としてのデビュー作は「ふしぎなえ」(福音館書店)という絵本で、1968年のことです。
 エッシャーというオランダの画家の「ふしぎ絵」の、安野光雅版とでもいう絵本でした。学生時代に初めて見ましたが、それまで知っていた「絵本」と、どこか、楽しさ、面白さの質のようなものがちがっていると思いました。​​​

​​ 彼の作品は、絵本に限らず本の装幀や挿絵でもよく出会いましたが、今日「案内」しようと、書棚を探してみるのですが、なかなか見つかりません。ようやく見つかったのが、この「天動説の絵本」でした。まごう方なき安野光雅の絵本です。​​
​ 彼の絵本は、絵がうつくしいし、面白いのですが、読む絵本なのですね。この「天動説の絵本」も、小学校の高学年の子供たちが読むように作らていますが、どっちかというと「大人の絵本」かもしれません。​


 このページは、「地球が動いていること」を実験で証明した「フーコーの振り子」のシーンなのですが、文章はこんな感じです。
わたしたちは、どんなに目を皿のようにしても、地球の動くのをみることはできません。
ところが、長い長い糸の先に、とても重いおもりをつけた大きなフリコをつくった学者がいたのです。
このフリコ、大きくゆらしみました。
するとどうでしょう。そのフリコは、目にみえないほど少しずつむきをかえました。
そして、夜があけたらずいぶん方向をかえ、長い時間がかりましたが、とうとう一まわりしてもとどおりになりました。

つまりこのフリコは、だれもさわらないのに一回まわったことになるではありませんか。
これはふしぎです。やはり地めんが動いていることにはならないのでしょうか。
​ ​​どうでしょう、読み終わって、「ふしぎ」が頭に残ってしまいますね。すると、誰かの解説が欲しくなりませんか?安野光雅は、おそらく、その​「ふしぎ」​が書きたかったのでしょうね。
 ぼくにとっては、何というか、一つの時代が終わりつつあることを感じる画家の死の便りでした。​彼には素晴らしい絵本がたくさんあります。一度、手に取って見てほしいものです。

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​​​​​






最終更新日  2021.01.18 01:32:35
コメント(0) | コメントを書く
[読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.