450263 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(17)

読書案内「コミック」

(64)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(45)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(84)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(14)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(98)

読書案内「映画館で出会った本」

(15)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(22)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(43)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(82)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(16)

読書案内「現代の作家」

(67)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(26)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(34)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(41)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(38)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(40)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(16)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(65)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(7)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(7)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(7)

団地界隈

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.02.14
XML
​​​​​セルゲイ・ロズニツァ「国葬」元町映画館


​ 歴史上の人物にはいろんな人がいて、あの人は好きだとかきらいだとか大河ドラマかなんか見ながらおしゃべりするということがあるわけですが、単なる好みの問題を越えて、「嫌い」な人物が誰にでもいるのではないでしょうか。​
​​​​​ ぼくにとって、スターリンという人がそういう人です。そのスターリン「死と葬儀」を撮ったフィルム群がモスクワの保管庫から発見され、それを見たセルゲイ・ロズニツァ監督によって編集されて、1本の映画として製作された作品が、先日見てきた「国葬」だそうです。​​​​
 元町映画館「群衆」三部作というのでしょうか、上映されていて、まずこの「国葬」を見ました。嫌いな人物の葬儀を見に、なぜ、わざわざ出かけるのかと尋ねられそうですが、そこは、それ、「こいつの最後だけは見届けてやるぞ!」とでもいうのでしょうか、ある人の「お葬式」に対して、普通はとるべき態度ではないのですが、まあ、ミーハー的興味もあったわけです。​

​ 映画には、ソビエトロシアの独裁者葬儀の進行が克明に記録されていました。ソビエト全土にわたって、モスクワはもちろんのこと、ハバロフスクから中央アジアの民衆の姿まで映し出されていました。
 どうせ「動員」されているんだろうとたかをくくった気分は一掃されるかのリアリティで「哀しみ」が映し出されてゆきます。​

​ モスクワの地理なんて全く知らないので、そこがどこなのかはわかりませんが、「レーニン廟」の前の広場から、そこに続く大通りを埋め尽くす「群衆」の姿は壮観でした。​
​​​​​​​ 最後にレーニン廟の上の演壇に立つ、フルチショフをはじめとする数人の新しい指導者たちは、みんな革命のチンピラたちでした。トロツキーをはじめとする「革命」の大物たちはみんなスターリン「始末」されてきたわけですが、やがて、壇上の一人が同じ手口で同席している仲間を抹殺するという茶番劇が再演されることになるのは、ロシア史を少しでも齧った人は知っているわけで、ここまで、映画が映し出してきた「荘厳」がインチキであることは最後に流されるテロップを見るまでもないのですが、それにしても、この映画に映しだされている「群衆」「哀しみ」の表情はいったい何なのでしょうか。​​​​​​
 この映画は、スターリンの悪業を、彼の手によって投獄されたり銃殺されたりした、想像を絶する「人間の数」で告知している最後のテロップをカットすれば、スターリンを信じたり支持したりする人が見ても、おそらく何の違和感もない、むしろ、彼らの、ぼくからいえば偶像崇拝を称える映画として見ることができると思います。そして、その崇拝のリアリティを支えるのが、ここに映し出されている大群衆と、彼らの表情なのだとぼくは感じました。​​
 「群衆とは一体何だろう」という問いを残して映画は終わりました。ある種の傑作であると思います。理由は今の所よくわかりませんが、とにかく「ドッと疲れた」映画でした。
監督 セルゲイ・ロズニツァ
2019年・135分・オランダ・リトアニア合作
原題「State Funeral」
配給:サニーフィルム
2021・02・01・元町映画館

追記2021・02・14

「群衆」シリーズ​「粛清裁判」​・「アウステルリッツ」の感想はこちらからどうぞ。

​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

にほんブログ村 映画ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​​​​​
​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.02.14 12:13:02
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.