412965 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(17)

読書案内「コミック」

(83)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(42)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(81)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(14)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(92)

読書案内「映画館で出会った本」

(13)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(22)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(42)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(84)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(14)

読書案内「現代の作家」

(66)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(37)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(24)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(31)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(37)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(35)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(10)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(9)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(37)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(16)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(64)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(3)

日記/記事の投稿

コメント新着

おゆうちゃん@ Re:週刊 読書案内 南伸坊「おじいさんになったね」(海竜社)(04/29) 無聊をかこつ。確かに、今の自分の状況で…
アオヤマ@ Re:徘徊2021年 3月26日 「2021年もいよいよサクラです!」団地あたり(04/01) 桜をロックオンした画像,とてもキレイで…
坂東太郎9422@ ノーベル賞 「株式会社Caloria代表取締役社長 管理栄…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.04.14
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​徘徊 2021年4月1日「2021年 団地 花だより(その3)」集会所あたり

​​​​ ​​この辺りが中央通路の真ん中あたり、集会所とか管理事務所があります。サクラ雪柳が満開です。藤棚の下で、お花見している人もいました。​​​​


​ サクラ天井というのでしょうか。見上げると花ばかり、少し角度を変えると青空です。​


 この日は、写真を撮っている時間が午前中、まあ、お昼前ということもあって、太陽が、ほぼ、真上にあって、明るくて、背景になる空も青空で、下手な写真もうまく見えます。(そうでもないか?)


 空から光が降り注いでくるの、眩しいのですが、天井を見上げながら歩いている人がほかにもいます。スマホのカメラをのぞき込んで写している人もいます。


 ​こうやって、上ばかり向いて写真を撮っているのですが、並木沿いにあるベンチにはぼくより高齢のカップルが座って「サクラ天井」を眺めていらっしゃいます。
 「春休み」だと思うのですが、この通路のすぐそこにある広場からも子供の声はまだしません。​マア、子供の数そのものが減ってしまった団地ではあるのですが、静かなものです。
 先日、桜の樹齢を近所の人が心配していました。木が植えられ、棟が建てられてから50年くらいたつ団地なので、老木化している樹木もあります。
 若いひとが、新しく住み着いて、この並木を喜び続ければいいなあと思うのですが、さて、どうなるのでしょうね。



 そろそろ北の門です。最初の写真に写っていたバス通りに、南の門があって、北の門まで並木が続いています。




 ​​​​ああ、これが北門です。別にカギがかかっているわけではありません。誰でも出入り自由です。向うに写っているのは隣のマンションです。
 毎年この季節に、この並木道を散策するのを楽しみにしていらっしゃる方の声も聞こえてきます。何となく、ちょっと「鼻高々」な気分です。



 ようやく、わが団地の「通り抜け」が終わりました。距離にすれば200メートル足らずなのですが、今年も見事に咲いていました。
 ここまでお付き合いただいてありがとうございました。ところで、今日の記事には写っていませんが、この辺りには別の花が満開なのです。それは、「花だより(その4)」でお楽しみくださいね。じゃあ今日はこれで失礼しますね。

​​​​



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.04.14 09:13:36
コメント(0) | コメントを書く
[徘徊「団地・ベランダ」あたり] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.