476481 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(18)

読書案内「コミック」

(64)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(47)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(21)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(87)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(15)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(104)

読書案内「映画館で出会った本」

(15)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(23)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(44)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(74)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(17)

読書案内「現代の作家」

(68)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(33)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(36)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(42)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(38)

徘徊「港めぐり」

(1)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と中村哲」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(41)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(17)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(68)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(8)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(8)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(19)

団地界隈

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.04.25
XML
​​​​​​​​​​​​徘徊2021年 4月24日「2021年 団地 黄いろい花(その1)」団地あちこち


 ​​春の終わりの「黄いろい花」といえば、やっぱり「山吹」ですかね。​​


 ​4月の中旬にはこんなふうに咲き乱れて「山吹」色を堪能させてくれます。​


​ でも、今年、最初に、2月の末から3月の上旬に咲き始めて、最近まで咲き続けていた「黄いろい花」は、まあ、いつものように、この花でした。


​ 「水仙」ですね。白い水仙の後、3月の初めには群れを成して咲き始めて、4月の初めになっても、どうも、種類が違うらしいのですが、ぽつぽつと咲き残っていました。​


​ ね、これが4月になって、最後に見た黄いろい水仙です。少し種類が違うようですが、ナルシスの話を思い出す風情でした。​
 白や黄いろの水仙が咲き始めた頃に花壇で咲いていたのがこの花です。


 花壇に、「菜の花」が植えてあることが不思議な感じがするのは、ぼくが田舎者だからでしょうね。田んぼのあぜ道で見る花、もっと昔は、菜種油をとるために栽培された畑一面で見る花の記憶が、いまだにあるのですね。​

 「麦畑」「菜の花畑」が春の景色だったことが、但馬の田舎にもあったのです。今は観賞用ですね。子供のころの記憶が、ふと浮かぶようになったのは、やはり、年を取ったということなのでしょうか。
 この花が咲き始めるころ、藪の中ではこの花でした。


 「フリージア」ですね。我が家の同居人はこの花のことを「家庭訪問の花」と呼んでいました。子供たちが新学期を迎えて、担任の先生が家庭訪問にやってくる頃の花というわけでしょうが、今年は、特に早くて、3月の下旬にはあちこちで咲いていました。​


 けっこう、寿命の長い花ですが、4月の10日過ぎに、住んでいる棟の前の満開の八重桜の木の下でも見かけました。


​ これが、今年、最後のフリージアかなと思っていましたが、こんな色の花も同じころに咲いていました。​

​​​​ 最初見たときは水仙だとばかり思っていたのですが、たぶんこれは水仙ではなくて、フリージアの一種じゃないかと思います。マア、よくわかってはいないのですが。
 思いつくことを書いていると、長くなりました。「黄いろい花」(その2)「つづき」ということで一度終わります。よければ「つづき」も覗いてくださいね。じゃあね。​
​​​
​​​​​​​​​​​

​​​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.04.25 09:12:29
コメント(0) | コメントを書く
[徘徊「団地・ベランダ」あたり] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.