444481 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(17)

読書案内「コミック」

(64)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(45)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(84)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(14)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(97)

読書案内「映画館で出会った本」

(14)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(22)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(43)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(82)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(16)

読書案内「現代の作家」

(67)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(26)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(34)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(39)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(38)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(39)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(16)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(65)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(7)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(7)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(7)

団地界隈

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.04.28
XML

​​フランシス・リー「アンモナイトの目覚め」シネリーブル神戸
​ 
​三度目の「緊急事態宣言」が発令される直前、宣言の結果シネリーブル系列の映画館が休館してしまったので、とりあえず、シネリーブル神戸で見た最後の映画になってしまったのがフランシス・リー「アンモナイトの目覚め」でした。​
​​ 題名に引き寄せられて観ました。原題は「Ammonite」らしいので、「目覚め」させたのは、この国の配給会社なのでしょうが、どうしても「何に目覚めたのか」という、いわば、あらかじめに刷り込まれた関心に引きずられて観てしまった映画でした。​​
 もっとも、題名が「アンモナイト」だけだったとして、見たかどうかということもあるわけで、難しいですね。
​​ イギリスの海岸の岸壁と打ち寄せる波の表情が美しく印象的な映画でした。「不遇な女たち」の「愛の目覚めの物語」とでもいうべき体裁で、自然描写と心情の変化が重なり合わせられている、まあ、ありきたりな演出ですが、自然の美しさと主演の二人、ケイト・ウィンスレット(考古学者メアリー・アニング)シアーシャ・ローナン(ブルジョアの妻シャーロット・マーチソン)による、厚みのある抑制された「愛」の表現、加えて脇役の、特に母親役の存在感が「映画」の「暗さ」を支えていて、見ごたえがありました。​​
 個人的な思い込みですが、イギリス映画は、たぶん、風土とかのせいでしょうね、たとえばこの映画でも、海で水浴びをするシーンなんて「寒くないの?」と声をかけたくなるくらい「暗い」のですが、暗さの中のきらめくような「明るさ」を演じた主役のお二人の演技は印象に残りました。
 ​​​名前を覚えることが苦手ですが、ケイト・ウィンスレットシアーシャ・ローナンのお二人は覚えそうです。

​​​
 もっとも、映画のストーリーに関係なく、興味をひかれたのは映し出された大英博物館のシーンで、まあ、時代的に重なるのかどうかよくわかりませんが、そのあたりに南方熊楠とかいるんじゃないかとか思って興味津々でしたが、映画としては、なかなかなラストシーンが待ち構えていて、「で、どうなるの?」で終わらせたところに、おおいに納得しました。こういう人間関係の描写に、結論はいらないと、ぼくは思うのです。
監督 フランシス・リー
脚本 フランシス・リー
撮影 ステファーヌ・フォンテーヌ
美術 サラ・フィンレイ
衣装 マイケル・オコナー
編集 クリス・ワイアット
音楽 ハウシュカ ダスティン・オハローラン
キャスト
ケイト・ウィンスレット(メアリー・アニング:考古学者)
シアーシャ・ローナン(シャーロット・マーチソン:ブルジョワの妻)
ジェマ・ジョーンズ(モリー・アニング:母親)
ジェームズ・マッカードル(ロデリック・マーチソン:ブルジョア)
アレック・セカレアヌ(ドクター・リーバーソン:医者)
フィオナ・ショウ(エリザベス・フィルポット:隣人)
2020年・117分・R15+・イギリス
原題「Ammonite」
2021・04・19-no39シネリーブル神戸


​​


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

にほんブログ村 映画ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​​​​​
​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​
​​​






最終更新日  2021.04.28 01:26:09
コメント(0) | コメントを書く
[映画「シネリーブル神戸」でお昼寝] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.