441000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(2)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(17)

読書案内「コミック」

(64)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(45)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(84)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(14)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(97)

読書案内「映画館で出会った本」

(14)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(22)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(43)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(88)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(16)

読書案内「現代の作家」

(67)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(25)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(34)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(39)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(38)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(38)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(16)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(65)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(7)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(7)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.04.29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
​​​​​​​​ 南伸坊「おじいさんになったね」(海竜社)

 部屋でごろごろしていて、「無聊をかこつ」という古いいい方がありますが、こういうのを言うのでしょうかね。
 チッチキ夫人もお出かけで、外のお天気はやたらによくて、でも、動く気がしない。パジャマから服だけは着替えてはみたのだけれど、畳の上に寝転んでしまって・・・、ふと棚を見ると、高野文子「ドミートリ―ともきんす」(中央公論社)というマンガがはみ出ていて「ちょっと読んでみません?」と声をかけるので、引っ張り出してパラパラやっていると、なんだか偉い人がいっぱい出てきて、ちょっと、本格的に座り直そうかと姿勢を変えると、そこに、隣にあった本が落ちてきて、開いてみると、こっちが字ばっかりなのに、なんだか引き込まれてしまった次第で、こうして「案内」しています。

​​ 落ちてきた本が南伸坊「おじいさんになったね」(海竜社)でした。装丁もイラストも文章も、みんな伸坊さんの仕事です。​​で、​こんな「はじめに」から始まっています。
「ゲンぺーさん、おじいさんになったネ」とクマさんは言った。
「え?」と赤瀬川さんはケゲンな顔だ。
そうかな、赤瀬川さんは、年齢(トシ)より若く見える方だけど・・・・・と私も思って聞いていたのだ。
クマさんの言い方は、なんだか「日本昔ばなし」みたいな、のんびりした様子なのだが、正直な感想がふと洩れたという感じだ。
この時、赤瀬川(原平)さん六十二歳ゲージツ家のクマ(篠原勝之)さん五十七歳私は五十二歳だった。​​
​​ 先程、最初に手に取った「ドミートリ―ともきんす」というマンガには、湯川秀樹、朝永振一郎、牧野富太郎、中谷宇吉郎というビッグネームが登場するのですが、「おじいさんになったね」に登場するビッグネーム(?)は、「老人力」赤瀬川原平、通称「クマさん」篠原勝之です。マア、南伸坊も加えて三人ですね。​
 
「うん、こっちの方が面白そう。」


 この気分は、本当は変ですね。両方とも、ただ並んでいたわけじゃなくて、一度は読んだことがあるはずなんですから。

 で、まあ、そんなことは忘れていて、初めて読む気分でパラパラと読み始めて、笑うに笑えないことなのですが、なぜか笑ってしまったのがこの話です
​​「メガネに注文がある」
​​

 老眼になったので、デザインをするのに必ず、メガネが必要である。ものさじの目盛がよく見えないうえに、目印に打った点がどこにいったかわからなくなる。
まァ、しょうがないかと思っていたら今度は文庫本のルビが読めなくなった。
そうこうするうちに週刊誌のルビも読めないばかりか、そろそろ文庫本の大きい字が、落ちついて読めない。
 なんだか、字がそわそわしているのだ。小便でもしたいのだろうか。

〈中略〉

 仕事場で使っているメガネはつるが黒いので、こないだは、ソファ(黒)の上に置いたらどこかへ行ってしまった。
 メガネがどこかへ行ったって、独自に何ができるというものでもあるまいに、一体どういうつもりかと思うけれども、しばらくすると元へ戻っているのである。
 戻っているなら、私が
「あれ?メガネどこ行ったかな」
 とか言ったときに、
「ここにおります」
 と日本語で言えとまでは言わないが、
「ココ、ココ」くらいのことは言えるだろう。

 ちかごろ、機械のたぐいが頼みもしないのにやけに何かを言いたがるのだ。
家にある電子レンジが、意味もなく「ピピ、ピピ」と言うので、ツマが、
「なに、なんなのアナタ」と叱ったりしている。
 コードを抜いておいても「ピッ」というそうだ。
「やだね、付喪神にでもなったかね」と言っていたら、こないだから、ウンともスンともピッと言わなくなっただけでなく、何にもしなくなったそうだ。
 話がズレたが、メガネは「ココ」「ココ、ココ」くらい言ってもいいと私は思う。

​ この辺りで、「案内」のまとめにすすもうかと思っていたのですが、ここまでお読みいただいて、あとは本をお探しくださいでは、ちょっとなあ、というわけで、とりあえず最後まで引用しますね。
​​〈​引用つづき〉

 ところで、ホームドラマなんかで、ハゲ頭のオヤジが、
「おーい、メガネどうしたかなあ?メガネ・・・・」
 とか騒いでいて
「いやですねおとうさん、ヒタイ、ヒタイにかけてますよ」
 というギャグにもなってないようなシーンがあるけれども、私はこないだ、こういうわざとらしいつまんないギャグみたいなことを、実際にしてしまって忸怩たる思いだ。

 カバンというのは、さがしているものが即座に出てきたためしがないけれども、私はそのカバンの中にあるメガネをさがしていたのである。さがしてもさがしても出てこない。

駅で、ちょっと本が読みたくなったのでベンチにカバンを置いてメガネをさがしていたのだが、出てこないのだ。
 夜店の万年筆屋みたいに、カバンの中のものを、すっかり出してベンチにならべてみたのにそこにメガネがない。
 あきらめて、しかたがない裸眼で、無理やり読んでしまえ、と思って読むと、案に相違してスラスラ読める。
 私はメガネをどうしたわけか、すでにかけていたのであった。
 これは、おじいさんがぼけて、何度も朝飯を要求する、という定番の事態よりも、さらにひどくはないか?

「よしこさん、朝ごはんまだですかねえ」

「いやですねえ、おじいさん、いま食べてるじゃありませんか」
というような、状況である。
「さっき」食べたばっかりなのだったら、忘れたとかわかるけれども、むしゃむしゃ「朝めし」を食べながら「朝めしはまだですか」と言っているとというのでは、まるで不条理劇である。おそるべきことである。(「月刊日本橋」2013・12月)
​ 2015年に出版された、このエッセイ集は「月刊日本橋」という雑誌に「日々是好日」と題して、2021年の今も連載が続いているエッセイをまとめた本です。
 南伸坊さんは当時67歳、今のぼくと同い年で、エッセイで話題になっている「メガネの逃亡譚」はリアルな実感で理解できます。「おそるべき不条理」の世界も、笑いごとではありません。
 そういえば、最近、後期高齢者の仲間入りをした知人が「毎日、新しいことばかりで、楽しいよ!」とおっしゃっているのを聞いて、「勇気づけられ(笑)」ましたが、まあ、「うれしい」ような、「かなしい」ような、恐るべき不条理の「大冒険」が、待っているのかもしれませんね。

​​​​​​ 残念ながら「はじめに」で登場した「クマさん」「ゲンぺーさん」のエッセイ中での出番はありません。特に赤瀬川原平さん、別名、芥川賞作家尾辻克彦さんは、この本が出される前年、2014年に亡くなっておられて、まあ、残念ですが、思い出以外では登場しようがないということなのですね。​​​​​​
 というわけで、このエッセイ集は「南伸坊とその家族」の「日常」の物語です。無聊をかこっていらっしゃる前期高齢者の方に最適かと思うのですが、いかがでしょう?
 こちらが「ドミトリ―ともきんす」です。お暇ならどうぞ。
​​​​​​
PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.04.29 02:23:28
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:週刊 読書案内 南伸坊「おじいさんになったね」(海竜社)(04/29)   おゆうちゃん さん
無聊をかこつ。確かに、今の自分の状況です。シネリーブルもイオンシネマ明石も閉鎖。仕方がないですね。
3月末にミナリを観に行けてよかったと思おうかな。 
桜をはじめとして、たくさんのお花の写真を楽しみました。ありがとうございます。
(2021.04.29 17:43:56)

Re[1]:週刊 読書案内 南伸坊「おじいさんになったね」(海竜社)(04/29)   シマクマ君 さん
おゆうちゃんさんへ
コメントありがとうございます。「ミナリ」はいいなあと、気に入ったオバーチャンが「アカデミー賞」、ほんとによかったなと、また、のぞいてくださいね。 (2021.04.29 22:13:19)


© Rakuten Group, Inc.