000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(4)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(17)

読書案内「コミック」

(64)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(45)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(20)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(84)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(14)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(97)

読書案内「映画館で出会った本」

(14)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(22)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(43)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(82)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(16)

読書案内「現代の作家」

(67)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(26)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(34)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(39)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(38)

徘徊「港めぐり」

(2)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と水俣病」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(40)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(16)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(65)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(7)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(7)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(7)

団地界隈

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.05.05
XML
​​アレクシス・ミシャリク「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」パルシネマ

 2021年の3月だったでしょうか、ナショナルシアター・ライブ「シラノ」を見ました。その時は気にしなかったのですが、今回、この映画「シラノ・ド・ベルジュラックに会いたい!」を見て、このお芝居がフランスではだれもが知っている定番というか、まあ、日本でいえば「忠臣蔵」みたいなものであるらしいと実感しました。​

 映画は、「鼻の男」のお芝居の成立過程を、作者エドモン・ロスタンと大物役者コンスタン・コクランの間で勃発する​ドタバタ事件をネタに、コメディー・フランセーズの舞台の上で芝居が出来上がっていく場に重ねて、工夫に工夫を凝らして作っているのですが、ぼくには、かえってそれが、こういうのも失礼ですが、どうもクド過ぎる気がしたのです。
 まあ、たとえば、我々の社会で「忠臣蔵」という映画や芝居についてはよく知っている人達が、芝居とそれが成立した社会の結びつきを書いた丸谷才一さん「忠臣蔵とは何か」(講談社文芸文庫)とか、その解説を書いていらっしゃる野口武彦さん「忠臣蔵―史実の肉声」(ちくま新書)に夢中になることを想像すれば、向こうの人には、こういう映画がウケるのだろうということは何となくわかります。わかるのですが、やっぱり「向こうの人向けなのかなあ?」という気もするわけでした。

 もう一つ、向こうの人といえば気になったのは、原作にもいえることですが、「詩的な名文句」に女性が口説かれるというところです。
​ マア、そんな経験をしたことがないといえばそれまでですが、古典的なお芝居というのは、「セリフの妙」ということがあるわけで、特にこのお芝居は「鼻の男」「セリフ」で女性の心をつかむという、お話なのですから、シラケていてもしようがないのですが、根本的な何かが違っているのでしょうね、どうもピンと来ないのでした。
​ 映画の筋書きとしては、なかなか、ひねりにひねったドタバタぶりや、フランスの劇場の舞台の光景は、それはそれで面白かったのですが、まあ、題名で「Edmond」と見ただけで、映画館に行く人のようには、やはり、見ることはできなかったのだろうなということを感じた映画でした。マア、しようがないですね。​

監督 アレクシス・ミシャリク
製作 アラン・ゴールドマン
原案 アレクシス・ミシャリク
脚本 アレクシス・ミシャリク
撮影 ジョバンニ・フィオール・コルテラッチ
美術 フランク・シュワルツ
衣装 ティエリー・ドゥレトル
編集 アニー・ダンシェ マリー・シルビ
音楽 ロマン・トルイエ
キャスト
トマ・ソリベレ(エドモン・ロスタン)
オリビエ・グルメ(コンスタン・コクラン)
マティルド・セニエ(マリア・レゴーマ)
トム・レーブ(レオ・ヴォルニー)
リュシー・ブジュナー(ジャンヌ)
アリス・ド・ランクザン(ロズモンド)
イゴール・ゴッテスマン(ジャン・コクラン)
クレマンティーヌ・セラリエ(サラ・ベルナール)
ドミニク・ピノン
シモン・アブカリアン
2018年・112分・G・フランス・ベルギー合作
原題「Edmond」
2021・05・03-no43パルシネマ





​​
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

にほんブログ村 映画ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​​​​​
​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​
​​​






最終更新日  2021.05.05 00:39:55
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.