473924 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(18)

読書案内「コミック」

(64)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(46)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(21)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(87)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(15)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(103)

読書案内「映画館で出会った本」

(15)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(23)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(6)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(44)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(75)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(17)

読書案内「現代の作家」

(68)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(33)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(36)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(42)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(38)

徘徊「港めぐり」

(1)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋と内田樹」

(4)

「石牟礼道子と中村哲」

(5)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(41)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(17)

読書案内「昭和の文学」

(1)

「BookCoverChallenge」2020・05

(66)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(8)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(8)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(18)

団地界隈

(0)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.05.18
XML
​​トマトスープ「ダンピアのおいしい冒険1・2」(イーストプレス)

​​ 
5月の「マンガ便」に入っていた「新しい」マンガです。何が新しいといって、この本は「マトグロッソ」という、出版社イースト・プレスが運営するWebメディアに掲載されているマンガの書籍化なのですね。こういうパターンは初体験ですね。
 「マトグロッソ」というのは「多種多様なコンテンツが生息する森」という意味で名づけられているようですが、その原義はポルトガル語で「深い森」という意味で、哲学研究者の内田樹によって名付けられたそうです。
​ イースト・プレスの広告を兼ねたサイトのようですが、「ダンピアのおいしい冒険」はここで、1巻から、すべて読むことができるようです。​
​ マンガは、ウィリアム・ダンピアという、17世紀イギリスの、実在の人物が主人公です。で、ウィキペディアによれば​
​​「William Dampier(1651年 - 1715年3月)」は、イングランドの海賊(バッカニア)、船長、作家、博物学観察者。ニューホラント(オーストラリア)、ニューギニアを探検した最初のイングランド人。世界周航を3回成し遂げた最初の人物である。​​
​​ だそうで、彼の世界の海をめぐる冒険が、「マンガ世界の歴史」ふうに描かれている、結構まじめなマンガです。
 このマンガで初めて知りましたが、ダンピア自身に『最新世界周航記』 (平野敬一訳・岩波文庫)という著作があるようで、その内容にかなり忠実に書かれているようです。
 下に貼りましたが、要所、要所に、歴史用語や、歴史的事件の解説が、丁寧にのっていて、冗談ではなく、勉強になります。


​ マンガ家のペンネームは「トマトスープ」さんで、正体不明ですが、絵柄こそ、ちょっと子供向けというか、好き嫌いが分かれそうですが、描かれている内容は結構ハイレベルだと思いました。​
​ まあ、題名にわざわざ「おいしい」と銘打っていて、レシピも詳しく書いているのですが、絵柄のせいですかね、さほどおいしくなさそうなところがちょっと残念ですね。​
 受験のお手伝いとは言いませんが、「へ―そうだったのか」的な面白さは高校生レベルでしょうね。ぼくが高校の図書館の購入係なら、きっと購入しますね(笑)。


 第2巻はこんな表紙です。夢見る少女みたいですが、もちろん、ダンピア男の子ですよ。


 
​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​​​​​​​​​
​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.05.18 00:50:39
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.