523164 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(2)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(18)

読書案内「コミック」

(70)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(18)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(47)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(25)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(92)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(15)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(119)

読書案内「映画館で出会った本」

(15)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(24)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(1)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(44)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(67)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(18)

読書案内「現代の作家」

(65)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(33)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(36)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(44)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(41)

徘徊「港めぐり」

(1)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋・内田樹・高橋源一郎」

(9)

「石牟礼道子と中村哲」

(9)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(10)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(11)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(42)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(18)

読書案内「昭和の文学」

(2)

「BookCoverChallenge」2020・05

(73)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(8)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(8)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(30)

団地界隈

(4)

日記/記事の投稿

コメント新着

sakkusaku@ Re[2]:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06) シマクマ君さんへ 大学生の頃の講義で同じ…
sakkusaku@ Re:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06) 何処かで誰かが傷つき悲しむからだ!考え…
シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2021年6月21日 「烏原貯水池」(07/09) shinさんへ コメントありがとうございます…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.07.09
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​徘徊 2021年6月21日 「烏原貯水池」  

 
​ 新開地のアート・ヴィレッジでお昼前から映画をみて時間を見るとお昼すぎでした。先日、布引の貯水池を地図で見ていると、新開地の北の山のなかにけっこう大きな貯水池があるの発見しました。「烏原貯水池」というそうですが、行ったことがありません。​
 神戸電鉄鵯越まで行くとかなりノンビリ散歩ができるんじゃないかと目論みました。

 
 神鉄に乗るのは3年ぶりです。電車が入ってきました。


 まあ、失礼な言い草ですが、六甲山の北側を走る田舎の電車でのんびりしています。ぼくは、結構好きですが、乗る機会がありませんね。


​​ ​着きました。鵯越駅です。自動改札機だけの無人駅でした。

 
 新開地行が通りました。このツートンカラーが神鉄です。駅前の案内板を見て歩きはじめました。
​​​

 お地蔵さん。丁寧に世話されている様子です。道端の紫陽花


​ 小さな集落があって、集落のなかの狭い道を抜けると谷川の水量が増えてきました。バード・ウォチングの方が数人、大きなカメラを構えていらっしゃるところを過ぎて歩きます。
 人の姿は見かけないのですが、写真がうまく撮れていないのですが、はたくさんいました。


​ すぐ近くに舗装道路があるようですが、ぼくが歩いている道はこんな感じでした。​


​ 散歩道としては文句なしですね。さっき出会ったカメラの人以外、本当に誰とも出会わないと思っていると、向こうからジョギングというか、同年配の男性が走ってきて、「こんにちは!」とあいさつしくださって通り過ぎていかれました。
 道の左側が貯水池です。​


​​​​
 左手の大きな池をを見ながら歩きます。
 「ホーホケキョ、ケキョ、ケキョ・・・・」
 鶯
がすぐそのあたりの木で、厚かましく、繰り返し鳴いていますが、いくら探しても姿は見つかりません。不思議ですね。​​​​



 堰堤というか、ダムというか、大きなが見ええきました。ここいらで一休みですね。思いのほか大きな貯水池です。地震の頃に勤めていた職場からは歩いても来られるくらい近い場所なのですが、知りませんでした。
 池の真ん中のブイに川鵜がとまっているのですが、残念ながら写真には写せませんでした。


 堰堤までやってきました。


 下から見上げるとこんな感じです。


​ 堰堤の上を歩いて向こう岸にわたると、こんな風景です。​


 この辺りには、走ったり、歩いたりしている方の姿がチラホラ見えます。池の向こうの木立の向こうが兵庫区から長田区の街並みのはずですが、ここからは見えません。
 堰堤から流れ出ている谷川に沿って歩いて下っていくとようやく街が見えました。


​ ちょうど、新開地の北にあたるようです。​


 ここにも、お地蔵さんでしょうか。石仏が祭られていて、みずみずしくて美しい花が供えられてました。新開地を出発して、2時間たっていませんね。距離はそこそこ歩きましたが、このコースなら楽ちんです。また来てみようと思いました。

 
PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


にほんブログ村 本ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​









​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.07.09 00:25:40
コメント(2) | コメントを書く
[徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:徘徊 2021年6月21日 「烏原貯水池」(07/09)   shin さん
新開地から登れよ (2021.07.09 22:37:45)

Re[1]:徘徊 2021年6月21日 「烏原貯水池」(07/09)   シマクマ君 さん
shinさんへ
コメントありがとうございます。
地理感覚がつかめたので、次回は坂登りにチャレンジしようかなと。(笑) (2021.07.10 00:17:06)


© Rakuten Group, Inc.