548211 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

X

プロフィール


シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(5)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(19)

読書案内「コミック」

(75)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(19)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(47)

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

(25)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(94)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(16)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(122)

読書案内「映画館で出会った本」

(16)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(24)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

読書案内 忘れられない人や出来事

(1)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(45)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(64)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(18)

読書案内「現代の作家」

(69)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(38)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(33)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(36)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(45)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(14)

読書案内「近・現代詩歌」

(44)

徘徊「港めぐり」

(1)

バカ猫 百態

(19)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋・内田樹・高橋源一郎」

(9)

「石牟礼道子と中村哲」

(9)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(11)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(11)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(12)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(42)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(18)

読書案内「昭和の文学」

(3)

「BookCoverChallenge」2020・05

(73)

読書案内「くいしんぼう」

(4)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobeでお昼寝」

(4)

読書案内「コミック(ちばてつや・ちばあきお)」

(6)

読書案内「コミック・石塚真一」

(8)

読書案内「コミック・浦沢直樹」

(8)

読書案内「コミック・原泰久」

(6)

ベランダだより

(34)

団地界隈

(4)

日記/記事の投稿

コメント新着

sakkusaku@ Re[2]:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06) シマクマ君さんへ 大学生の頃の講義で同じ…
sakkusaku@ Re:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06) 何処かで誰かが傷つき悲しむからだ!考え…
シマクマ君@ Re[1]:徘徊 2021年6月21日 「烏原貯水池」(07/09) shinさんへ コメントありがとうございます…

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.08.06
XML
​​ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸​​

​ ルキノ・ビスコンティという名前を見てときめきました。「山猫」(63)「熊座の淡き星影」(65)「地獄に堕ちた勇者ども」(69)、「ベニスに死す」(71)、「ルードウィヒ 神々の黄昏」(72)、「家族の肖像」(74)「イノセント」(76)。大学生になって、やり残した宿題のように突きつけられて、いえいえ、自分でそう思っただけで誰も突き付けたりはしなかったのですが、一生懸命見て回った天才監督の作品群です。
 実際に、封切りで見たのは「家族の肖像」「イノセント」だけで、あとは、名画座巡りで見ました。「見た、見た。」と口ではいいながら、話の筋を覚えているわけでもありませんから、どうしようもないのですが、バート・ランカスターとかヘルムート・バーガーとか、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレとかいう名前も顔も浮かんで来ますから、やっぱり見たのでしょうね。
​​ で、シネ・リーブルのチラシ台でこのチラシを見つけて、これは見ていないと確信できたのですから、見ないわけにはいきません。だいたい、アルベール・カミュ「異邦人」が映画になっていることすら知りませんでした。​​
​​ 予審判事が弁護人の必要を​ムルソー​に聞くところから始まりました。ムルソー「事件の原因は一言で説明できる」とうそぶき、弁護人の必要性を否定します。​​
​​ そこからムルソーによって引き起こされた、あの、あまりにも有名な「太陽がまぶしかったから」起こった殺人事件の回想シーンが始まります。​​
 母の死と葬儀。行きずりの女性との偶然の出会いと奔放な性的関係。かさぶただらけの老犬を失う老人の悲哀。そして、衝動的に起こる殺人。
​ ここまで、見ていて、監督が何を描きたいのかよくわかりませんでした。一応、原作は知っているわけで、確かにムルソーの生活をなぞってはいるのですが、ある種の困惑の気分でした。​
 で、後半に入り、裁判のシーンのあと、死刑を宣告されたムルソーと彼のもとにやってくる司祭の会話のシーンを聞きながら、ようやくドキッとしました。
​​ ムルソーと恋人や友人たちとの、延々と繰り返される「行きがかり上の」理由しかない日常に、どうすれば「輪郭」を与えられるのか、そう考えたビスコンティ「内省」の判断基準そのものを持たない「人間」を「神の罪人」として問い詰めながら、結局、どこまで行っても「行きがかり上」でしかないことを、「人間の普遍性」として「観客」に突きつけているかのようです。​​
 司祭との対話の不可能性がクローズアップされる結末は、いかにもキリスト教の宗教文化の中での「内省」の在り方を示唆していて興味深いのですが、ぼくが「リアル」を感じていたのは別のことでした。
ここまで、映画を観てきて「何をやっているんだ?!」と感じていたムルソーや、その友達たちの社会の描写が、あの頃の自分自身の生活を描いていることジワジワと思い出していたのでした。
 カミュ「異邦人」を読んでいたあの頃、「デラシネ」とか「モラトリアム」とかいう言葉がはやっていました。当事者であったはずのぼくは、その言葉のニュアンスに「肯定的」になったことはありません。しかし、否応なく「自分たち」のことをさしていることは否定できませんでした。
 1970年代に20代で、学生生活を送っていたぼく自身の「無軌道」「無責任」「あてのない生活」は、「デラシネ」、根無し草であり、「モラトリアム」、執行猶予そのものでした。ちょっと大げさかもしれませんが、偶然、「人を殺さなかった」に過ぎない生活だったのかもしれません。そんなふうに、カミュ「異邦人」は、あのころ、リアルでした。おもしろいことに、67歳になった今、目の前の映画の中のムルソーもリアルでした。まあ、マストロヤンニが、結構おっさんなところに、ふーん?という感じを持っただけです。40年たっても根無し草のたよりなさは、なかなか消えるものではないようです。
 ところで、この映画が突き付けてくる、「殺人の罪を罪として理解する」ということは、当たり前のようですが、実はかなり難しい問題なのだと思います。
「なぜ人を殺してはいけないのですか?」という子供の問いを巡って、NHKだったかで大騒ぎになったことがありましたが、まあ、ぼくが知らないだけかもしれませんが、誰からも確たる解答がなされた様子がなかったのではなかったでしょうか。そのうえ、話題にしている「大人」たちが「解答」を知っているから驚いていたのかどうか、かなり疑わしいというのが、ぼくの印象でした。
 そういえば、機会があって、現代の女子大生たちに、その質問をしたことがありますが「法律で決まっているから」という答えが大半でした。
 考えたこともないし、考えたとしても「解答」のない問題は「形式化」されていく典型のような答えですが、「大人」とか「社会人」であることの自覚を支えるのは「罪と罰」の共同幻想に馴致することだとでも言わんばかりの、まじめな女子学生たちの答えを聞きながらポカンとしながら考えこみました。
 ひょっとしたら、ムルソー「わからない」ことを凝視しながら「死」を選んだ「問い」は、あれから40年、誰もまともに答えないまま放置されているのではないでしょうか。
​ ​ビスコンティ​マストロヤンニにスクリーンのこっち側を凝視させたことで、そこにあることを突き付けた「空虚な闇」は、ぼくには、相変わらずリアルでしたね。
 さすがビスコンティですね。拍手!

監督 ルキノ・ビスコンティ
製作 ディノ・デ・ラウレンティス
原作 アルベール・カミュ
脚本 スーゾ・チェッキ・ダミーコ  エマニュエル・ロブレ
ジョルジュ・コンション
撮影 ジュゼッペ・ロトゥンノ
音楽 ピエロ・ピッチオーニ
キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ(ムルソー)
アンナ・カリーナ(マリー:恋人)
ベルナール・ブリエ(弁護人)
ブルーノ・クレメルブ(司祭)
ジョルジュ・ジェレ(レイモン:隣人)
1968年・104分・G・イタリア・フランス合作
原題「Lo straniero」
日本初公開:1968年9月21日
2021・06・14-no54シネ・リーブル神戸

​​​​​​​​​​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

にほんブログ村 映画ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​​​​​
​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​
​​​​​​​​​​






最終更新日  2021.08.06 00:04:57
コメント(4) | コメントを書く
[映画「シネリーブル神戸」でお昼寝] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06)   sakkusaku さん
何処かで誰かが傷つき悲しむからだ!考えてわかる事じゃないだろ!それを教えることこそが教育だ!

申し訳ございませんが、なんだかイラッとし我慢ならず。

文句ではございません。

ごきげんよう。 (2021.08.06 21:08:43)

Re[1]:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06)   シマクマ君 さん
sakkusakuさんへ
 コメントありがとうございます。
 せっかく読んでいただいたのに、イラっとさせてしまったようです申し訳ありません。。
 イラっとなさった理由は何となくわかるような気もします。しかし、「何処かで誰かが傷つき悲しむからだ」という理由は、学生さんの答えにもありましたが「法律で決まっているから」という理由と、また少し違いますが、やはり「形式論」のようにぼくには思えるので、本文のような書き方になっています。
 考えてもわからないかもしれないことを考えること、自分なりの答えを見つけようとすることの意義を説くことが「教育」のような気もするのです。
 そんなことをコメントをいただいて考えました。 (2021.08.10 01:51:55)

Re[2]:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06)   sakkusaku さん
シマクマ君さんへ
大学生の頃の講義で同じような事を同じように答えた事を思い出しました。
そして同じような議論になったと思います。
私は理系でしたのでそこから発展し何故ヒトはダメで家畜はいいんですか?と。

ただこれらが先生になりたい人達の『子ども』への回答であるならば、
なんだか非常に寂しいかなと思いました。

もちろん現実には真逆の世界もあるわけで。

私はそう思って生きてやろうと思った事はないですが、自然とそう思って生きてきました。不思議なもんですね。 (2021.08.10 23:09:36)

Re[3]:ルキノ・ビスコンティ「異邦人」シネ・リーブル神戸(08/06)   シマクマ君 さん
sakkusakuさんへ

 お返事ありがとうございます。ようやく、ぼくなりにおっしゃっていることが分かったような気がしてホッとしました。
 若い人たちと出会って感じるのは、確かに「驚き」というよりもさびしさですね。
 彼女たちは、変なことをたずねるジーさんだと思っているようですが、素直に考えこみ始める人もいて、そう捨てたものじゃないとも思います。
 ただ、センセイが丸をくれる答えを早く見つけたら「得」、答えを見つける方法を、人より早く手に入れたら「得」というふうな発想は、想像以上に浸透していて、ぼくは、そういう風潮が、若いひとたち自身の「罪」なのかどうかとか、「これではあかんな」と、彼女たちが考え始めることが出来るのかどうかとか、まあ、大きなお世話だろうと思いながら変なことをたずねることにしています。お互い、チグハグなんですが、そういう爺さんも、そういやじゃないみたいです。(笑) (2021.08.12 00:21:35)


© Rakuten Group, Inc.