823688 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

プロフィール

シマクマ君

シマクマ君

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1)

読書案内「日本語とか日本文学とかベンキョーして、先生になりたい皆さんへ」

(19)

週刊マンガ便「コミック」

(93)

演劇「ナショナルシアターライブ」でお昼寝

(22)

徘徊「日帰りでお出かけ」

(40)

演劇「劇場」でお昼寝

(1)

映画「元町映画館」でお昼寝

(145)

映画「ちょっと遠くの映画館」でお昼寝

(24)

映画「シネリーブル神戸」でお昼寝

(161)

読書案内「映画館で出会った本」

(16)

読書案内「翻訳小説・詩・他」

(28)

読書案内「漱石」その作品・その時代の人々・批評

(14)

徘徊「垂水・舞子・明石」あたり

(45)

徘徊「団地・ベランダ」あたり

(22)

読書案内 「医者や科学者の仕事、まあ科学一般」

(20)

読書案内「現代の作家」

(80)

徘徊「お泊りでお出かけ」

(39)

徘徊「神戸・元町・三宮」あたり

(52)

読書案内「絵本・児童文学」=チビラ君たちへ

(41)

読書案内「社会・歴史・哲学・思想」

(51)

読書案内 「芸術:音楽・美術・他」

(16)

読書案内「近・現代詩歌」

(49)

徘徊「港めぐり」

(4)

バカ猫 百態

(21)

「橋本治」の置きみやげ

(6)

「加藤典洋・内田樹・高橋源一郎」

(10)

「石牟礼道子と中村哲」

(9)

「鶴見俊輔と吉本隆明」

(12)

映画「OSミント・ハーバーランド」でお昼寝

(13)

映画「国際松竹」でお昼寝

(5)

映画「こたつシネマ」でお昼寝

(17)

映画「パルシネマ」でお昼寝

(43)

映画「神戸アート・ヴィレッジ」でお昼寝

(22)

読書案内「昭和の文学」

(9)

読書案内「BookCoverChallenge」2020・05

(91)

読書案内「くいしんぼう」

(5)

映画「映画館のピーチ姫」

(1)

映画「Cinema Kobe」でお昼寝

(10)

週刊マンガ便「ちばてつや・ちばあきお」

(6)

週刊マンガ便「石塚真一・浦沢直樹」

(19)

週刊マンガ便「原泰久」

(9)

ベランダだより

(65)

団地界隈

(57)

徘徊 兵庫区・長田区あたり

(19)

徘徊 須磨区あたり

(18)

徘徊 西区あたり

(5)

徘徊 灘区・東灘区あたり

(17)

想田和弘の映画と本

(2)

徘徊 美術館・博物館・Etc

(3)

週刊マンガ便「吉田秋生」

(4)

徘徊 芦屋・西宮あたり

(2)

日記/記事の投稿

コメント新着

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2022.07.01
XML
チェン・カイコー陳凱歌「さらば、わが愛 覇王別姫」Cinema Kobe
 歌舞伎浄瑠璃もちゃんと見たことがありません。中国の古典劇京劇も、たった一度だけ、北京だったかの劇場なのかレストランなのかよく分からない会場で見たことがありますが、演目なんて全く覚えていません。

​​​ その京劇のスター役者二人を主人公にした中国映画を観ました。チェン・カイコー陳凱歌監督「さらば、わが愛 覇王別姫」です。1993年中国映画で、翌年1994年カンヌ国際映画祭パルム・ドールに輝いた作品だそうです。映画が始まって、しばらくして、覇王別姫という題名が、史記項羽本紀中の四面楚歌を元ネタにしたの英雄項羽と愛妾虞美人の別れを描いた、京劇の、いわば十八番の一つであることに、ようやく気づきました。​​​
​​ 大きな劇場のうすボンヤリとした舞台の上に二人の人間が歩み寄って立ち、舞台の奥からアナウンスの声が聞こえて、二人が名のある役者であることが伝えられ、舞台の照明が灯されます。覇王別姫異形の装束がクローズアップされて映画が始まりました。​​
 シーンは一転し、街角で芸を見せ、投げ銭を求める京劇一座と、それを興味深げに見つめる子ども抱いた女性が映し出されます。女は遊女で、子どもは片方の手に指が六本ある私生児でした。
 女性は子供の余分の指を包丁で切り落とし、街角で芸を売る京劇の一座に捨て去るまでの、始まりのシーンで鷲づかみされました。
​​ 捨てられた少年(少女だとばかり思うほどかわいらしい)小豆子が、虐待まがいのというより、ただの虐待ですが、打たれ、殴られるという、折檻の繰り返しの中で鍛えられる一座で訓練されている少年たちの仲間に入り、頭突きの芸で拍手をとる、なかなか男らしい少年小石頭を兄と慕いはじめます。​​
 まあ、こんなふうに語り始めるときりがありません。有名な映画です。ぼくが初めて見るだけで皆さんご存知でしょう。
​​​​​ 小石頭小豆子という二人の少年が、段小楼(チャン・フォンイー張豊毅)程蝶衣(レスリー・チャン張國榮)と名乗る人気コンビ役者に成長し、1930年代から1980年代までの、まさに激動の中国現代史の50年を、古めかしい伝統芸能、京劇の舞台で覇王と別姫を演じるスターとして歩む悲劇を描いていました。​​​​​
​​​​​ 誰も客のいない舞台の中央で、別姫(程蝶衣)覇王(段小楼)の腰の名刀に手をかけ自らの首をはねようとす最後のシーンで、小豆子が一座を脱走し役者になることに目覚めたあの日に、ともに脱走しながら、仲間の折檻の責任をとって自ら命を絶った小癩子の姿のシーンや、段小楼ドァン・シャオロウを愛しながら、文化大革命の最中、紅衛兵の追及の中で程蝶衣段小楼​に裏切られ、同じく命を絶った菊仙ジューシェン(コン・リー鞏俐)の姿のシーンが頭に浮かんできました。​​​​​​
 人間の「愛」「夢」の、その奥にある、限りなくイノセントでナイーブなの美しさと哀れさを重層的に描いた傑作だと思いました。
​ まずは、小豆子、小石頭、小癩子を演じた少年たちに拍手!。​
​ お次は、史記に書き残こされた歴史悲劇を、京劇という芸能の世界と激動の現代史に重ね合わせ、見事に立体化して見せた監督チェン・カイコー陳凱歌拍手!。​
​​ そして、レスリー・チャン、チャン・フォンイー、コン・リーという、まあ、三人の主役たちの中ではチャン・フォンイーという役者さんがいいなと思いましたが、三人とも拍手!ですね。​​
 いやー、見事なものですね。172分、堪能しました(笑)。
監督 チェン・カイコー陳凱歌
原作 リー・ピクワー李 碧華
脚本 チェン・カイコー  リー・ピクワー
撮影 クー・チャンウェイ
音楽 チャオ・チーピン
キャスト
レスリー・チャン張國榮(程蝶衣チェン・ディエイー)
チャン・フォンイー張豊毅(段小楼ドァン・シャオロウ)
コン・リー鞏俐(菊仙ジューシェン)
フェイ・カン
チー・イートン
マー・ミンウェイ
イン・チー
フェイ・ヤン
チャオ・ハイロン
1993年第46回カンヌ国際映画祭パルム・ドール
1993年・172分・中国・香港・台湾合作
原題「覇王別姫」「 Farewell My Concubine」
日本初公開1994年2月11日
2022・06・29-no88・Cinema Kobe​​​​

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

にほんブログ村 映画ブログへ






ゴジラブログ - にほんブログ村​​​​​​
​​​​​

​​​​​​​​​​​​​​​






最終更新日  2022.07.01 21:37:53
コメント(0) | コメントを書く
[映画「Cinema Kobe」でお昼寝] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.