289440 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ゴジラ老人シマクマ君の日々

PR

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >

徘徊「須磨・ 板宿・長田・兵庫」あたり

2020.10.04
XML
​​​​徘徊 9月24日 「須磨 月見山あたり」
 高倉台から、一気に坂を下って歩いていると、途中、ちょうど須磨離宮公園の西側に幼稚園と小学校があります。


目を伏せて 空へのびゆく キリンの子 月の光は かあさんのいろ  
                            鳥居
​​​​​
 この道を歩くと思い出す短歌です。図書館で「キリンの子」という歌集を見つけ、書名にひかれて拾い読みした中の一首です。セラ―服の歌人「鳥居」さんに母はいませんが、ここのキリンはお母さんと一緒のようです。
 「鳥居」さんの歌集には胸を打たれました。「月の光」の方へ「のびゆくキリン子」を、思い浮かべていると涙がこぼれそうになりますが、目を上げると須磨の海が広がりました。


 今日は曇り空で、霞んでいますが、1000年ほども前に、母に焦がれた光源氏も眺めた海です。何隻か船も見えます。
 ここは離宮公園の正面の交差点の歩道橋です。


 実はこの写真は高倉台側の駐車場の入口の門です。南から公園を見るとこんな感じ。



 この歩道橋から、向うに見える神明自動車道路の方に向かって歩くのは初めてです。途中で、南に向かって右折すると立て込んだ路地になります。そのまま歩いて行くと山陽電車の踏切です。


 とてもいい風情ですね。神戸には遮断機の降りる踏切がまだまだ残っています。JRの線路でもあります。そのうち明石から東灘まで、踏切の旅をしてみたいと思っています。
 この踏切の、すぐ右側には月見山の駅が見えるはずです。この辺りは瀟洒なマンションや一戸建ての立て込んだお屋敷町ですが、線路を渡ると庶民の町になります。


 山陽電車月見山の駅です。いつもなら、ここから帰りますが、今日はもう少し歩いてみようと思います。
 次は「天井川」から「鷹取」あたりをお楽しみに。



​​​​​


​​​PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

ゴジラブログ - にほんブログ村









最終更新日  2020.10.04 11:02:53
コメント(0) | コメントを書く


2020.10.02
​​​​​​​​徘徊 10月1日 「須磨寺あたり」​


​ 久しぶりのお仕事で、女学生さんたちと「御対面」の帰り道、いつもは通らない須磨寺の前の道を歩きました。​​
​​​暁や 白帆過ぎ行く 蚊帳の外​​​
​​ 正岡子規の句碑ですね。子規が須磨にいたのは日清戦争に従軍記者として出かけた帰りですね。今の神大病院に、だと思いますが、入院して、須磨で養生します。彼は明治と同い年ですから、28歳の時だったと思います。​​
 山門のすぐわきにありました。近くには池もあります。西日の逆光で見にくいですが、まあ、こんな感じでした。


 中に入れば、まあ、いろいろあるのでしょうが、今日は、通りすがりです。いったことはありませんが、三重の塔なんかもあるようです。また、ゆっくり立ち寄ることもあるでしょうが、今日は帰ります。


​ 家に帰りついてチッチキ夫人に少し愚痴りました。​
​「須磨寺って、結構、俗っぽいね。人はおらんかったけど。」​
「そうよ、宝塚の中山寺とおんなじ感じでしょ。」
「ああ、そういえば、そんな感じか。赤い橋があったで。須磨寺商店街は、よお、とおるのに、お寺の前まで行ったのは初めてかな?」
「エエー?ズット通ってて初めてなの?」

​「うん、離宮公園にも行ってないなあ。あっこ、木曜日定休日やし。」​
 シマクマ君は、どっちかというと、有名な神社仏閣に行ったことがあまりありません。「文学」とか「歴史」関係のお友達からは非常識といわれています。


「ちょっと、今日は中秋の名月よ。お団子ないから、アイスにしようかな?」​

とか、なんとかいいながら、最近、我が家のブームの「久保田アイス」「イチゴ・アイスクリーム」をなめ始めました。
 「中秋の名月」に「イチゴ・アイス」とはこれいかにという気分で、ベランダから満月の写真を撮りましたが、うまく撮れませんでした。
 火星が月に接近しているのだそうです。ぼくのカメラではすぐ近くに見える火星はとれませんでした。

​​​​
PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

ゴジラブログ - にほんブログ村









最終更新日  2020.10.02 01:35:10
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.19
​​​​​​​​​2020年 徘徊 8月中旬「夏の花 百日紅など」


​ これは兵庫区の「大開通り」の郵便局の前あたりの街路樹。「百日紅」の花が満開でした。炎天下がよく似合う花ですね。​


 赤い花もあります。まあ、こっちのほうがよくありますね。
これそげに 夏の花なる 百日紅 
世の中や ひとり花咲く 百日紅 
学校の 昼静かなり 百日紅
              正岡子規 


 「百日紅」の近所には​「夏芙蓉」​
でしょうか、ホウホウノテイという趣で咲いていましたよ。


 ​​そういえば、9月のはじめに徘徊した、大阪の万博公園にも、大きな​「百日紅」​の木がありました。​下の写真が万博公園「百日紅」です。​


​ 大開通を東に歩いて、新開地の手前が港町公園です。夏枯れの埃っぽい炎天下に「マリーゴールド」でしょうか、頑張って咲いていました。まあ、暑苦しいだけという感じもしますが。​




 真夏の炎天下の徘徊は、汗をたっぷりかくのですきですが、目的地が映画館だったりすると、汗だくで到着した、その後が大変です。
 今年の夏は「着替え」を持って歩き始めました。


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
ボタン押してね!






​​​​​​​​






最終更新日  2020.09.19 18:49:47
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.05
​​​​​​​​​2020年 徘徊 6月26日 「おおーっ!鉄人28号!」


 細田町から神楽町をぬけて歩きました。平壌冷麺のお店とか韓遊館とか、お寺も複数あります。


 ここから、JR山陽線沿いに新長田駅の北側を西に歩いてJRの高架をくぐると若松町です。左手がJRと市営地下鉄の新長田駅の駅前広場なのですが、今日はそっちには寄りません。
 で、横断歩道を西に渡って東急プラザだか何だか、昔はそんな名前じゃなかったと思うのですが、高層ビルの裏手に向かって歩くきます。
 いました。本日のお目当て、鉄人28号です。


 若松公園の北側から撮った鉄人です。後ろ姿ですが、一緒に写っている人と比べていただくと分かりますが、結構デカイんです。
 横に回るとこんな感じですね。


 赤ちゃんを抱いているおかーさんが座っていました。もう少し前に廻ってみますね。


 まあ、自慢のポーズっていう感じでしょうか。次は正面から撮ってみましょうね。


 ガニ股がちょっとダサいですね。もう一枚正面から、こんな感じだとどうでしょう。


 中々な存在感ですね。ベンチに座って、この姿を見あげながら昼食です。震災の後、この像ができた時には何だかなあ・・・と思いましたが、今となって見上げていると、「観音さん」とかよりいいですね。
 時代が変わっても虚空に拳を突き出し続けている鉄人28号の寂しさのようなものを感じます。
 でも、こうして座っている間にも、若いグループやカップルが楽しそうにポーズして写真を撮り合っていました。そういえば、さっきのおかーさんと赤ちゃんのところにも、おとーさん風の人が迎えに来たようです。

 さあ、そろそろ行きましょうかね。ついでなので反対側からのポーズも撮りましょう。


 こっち側からだと、なんか「気合ダー!」のアニマル浜口さんの「カラ元気ポーズ」みたいですね。
 そういえば、真下から撮るのを忘れていました。それはまた今度、鉄人の股のぞきシリーズでもやりましょう。



 若松公園でした。今日はついでに、もう少し西の鷹取駅まで歩きます。じゃあ、これでバイバイ。
(その1)​・​(その2)はここをクリックしてください。



​​​​​​​​​PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
​​ボタン押してね!
​​​







最終更新日  2020.07.05 00:15:24
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.04
​2020年 徘徊 6月26日 「おひさしぶり!鉄人28号!」
​​
 とりあえず、今日はこの「足」を見るのが目的です。高速長田の交差点から南に下ると御蔵通で、もう少し南に行くと菅原通です。一つ目の交差点を右に曲がれば御菅公園という小さな公園があります。
 その向こうに新湊川に架かった桜橋がありますが、その橋の上から北を見ました。

 向うに見えるのは高取山でしょうか。右手は長田区役所、左手の公園は新湊川公園です。一応写真を撮っておきますね。


 四角いに切り餅のような石に、何というのでしょう、羊羹のような石がもたせ掛けてあります。

 ゴム工業勃興の地だそうです。羊羹ではなくてゴムの塊でした。そういえばこの辺りは「シューズの町」です。小さな工場がたくさんあります。
 他にも石碑がいっぱいありました。
 これは「戦災復興」の石碑ですね。宮崎市長の名前があるのが懐かしいです。実に、戦後の神戸っていうイメージの市長でしたね。
 1945年に神戸は、とてつもなく焼け野原だったらしいのですが、1995年、本当に半世紀後に、この辺りは再び焼け野原になりました。この公園もそのあとできたのでしょうか?何だか殺風景なんですが、石碑はあるんです。
 

 「明治二十七・八年戦役従軍紀念碑」と彫ってあるのですが、石碑の表面には多分、人名でしょうね、無数(のわけはないのですが)に彫られています。日清戦争の碑なのでしょうね。でも、これは慰霊碑ではないのですね。ちょっと興味を惹かれますね。

 こっちも明治二十七年とかの文字が見えますが、上の石碑とかかわるものかもしれませんが、よく見えません。太文字は「念碑」だと思いますが、何を祀ったのでしょうね。
 なんだか目的地につきませんね。ここはどこかな?


 細田町ですね。もう向うの交差点を左に曲がれば新長田駅です。「鉄人」が待ってます。じゃあ、次回は無事「鉄人」と再会しますからね。(その1)​・​(その3)


PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
​ボタン押してね!​​






最終更新日  2020.07.05 00:17:44
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.02
​​​​​​2020年 徘徊 6月26日 「アートヴィレッジから上沢あたり」

 珍しく朝早くから出かけてきて、映画を見終わったら昼でした。新開地アート・ヴィレッジの前で休憩して窓ガラスに映る道行く人の人影を撮っておもしろがっていると隣に「おバーちゃん」が座りました。
「ここに座っていいですかしら?」
「あ、ごめんなさい。タバコ止めますね。」
「ありがとうございます。ここにね、デイ・ケアが迎えに来るんです。」
「デイケア?」
「あのね、体操するんです。お歌うたったり、お話ししたりじゃなくて体操。それで通っているんです。」
「ああ、はい。体操ですか?」
「あなたは、私の息子くらいでいっらしゃるかしら。私ね、90越えちゃったんです。」
 新コロちゃん騒ぎで座るところがどんどん撤去されていて、街灯の礎石のベンチ(?)に二人で座っておしゃべりでした。
 お年をうかがって、慌ててマスクを装着しましたが、まあ、大丈夫でしょう。しばらくおしゃべりをしていましたが、デイケアの送迎車はやって来ません。
「じゃあ、ぼくは、ちょっとここから西のほうに歩けるだけ歩いて帰ります。お元気でいてくださいね。」
「ああ、お元気ですね。じゃあ、さようなら。」
というわけで、新開地本通りを北に上がって、上沢通を長田の方に向かって歩き始めました。

 ​最近、電柱とかに貼られている住所標識を撮るのがうれしいのです。ここは上沢通四丁目です。もう少し歩くと30年前、職場に通っていた通勤路です。​



 写真のズーッ向うが房王子町で、遠くに小さく昔の職場が見えます。ここから歩けば5分ほどです。
 で、ここは市営地下鉄の上沢駅です。職場の最寄り駅でした。
周りの風景はかなり変わりましたが、駅の入り口は変わりませんね。自転車が勝手に留められているのも同じに見えます。


 西に向かって、もう一駅歩くと高速長田駅です。ああ、もちろん地下鉄の長田駅もあります。


 たどり着きました。高速長田の交差点です。ここには長田神社の石柱があります。カメラを少し左に向けていれば大きな鳥居が写ったはずなのですが、気が利きませんね。
 神社そのものは、ここから北に歩いて5分ほどのところですが、ぼくは南に歩き続けるつもりです。では(その2)​・​(その3)に続きます。新長田駅の「鉄人」と出会うつもりです。今回はなんの見せ場もありませんでしたね。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
ボタン押してね!​




​​​​​






最終更新日  2020.07.05 00:09:10
コメント(0) | コメントを書く
2020.06.15
​​​2020年 徘徊 6月12日 「新開地 楠公さん」
 久しぶりに、新開地の湊川公園にやって来ました。​三月から三か月の御無沙汰でしたが、公園の南の入り口に「楠公」さんの銅像が復活していました。向うには新しい区役所のビルも見えます。人気はあまりありません。
 一昨年くらいから、向こうに見える兵庫区役所の新築工事をやっていて、この銅像も檻に入っていました。


 ​これが、その頃の写真です。それがまあ、今日は檻から出してもろうて元気でした。時間が夕方なので暗いのがザンネンですが、こんな感じ。


 そばには阪神大震災のモニュメントもありました。今日まで気付かなかったぼくが迂闊なのか、移設してきたのか、よくわかりませんが、多分、迂闊だったんでしょうね。


ここに
ねむる
いのち
ここから
はばたく
​​   義一​​
 作家の​藤本義一さんの字のようです。石碑は、あの時のようにビルが傾いていますね。
 ひとりで立って碑文を読んでいると涙が流れます。25年も経ったんですね。あの時19歳だった少年は生きていれば厄年を超えているのです。
 そういえば藤本義一さんも、なくなって久しいですね。11PMのおっちゃんのイメージですが、直木賞の「鬼の詩」(河出文庫)は傑作です。
 さて、帰るとしましょうか。ここから兵庫駅まで歩きます。

 ​
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
ボタン押してね!​
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
ボタン押してね!






最終更新日  2020.06.15 11:10:28
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.13
​​​​2020年 4月9日 「奥須磨公園 春ですね!」
​​
 奥須磨公園です。多井畑の厄神さんの裏手、北側にある大きな公園ですが、ちょっと立ち寄りました。ここは花の名所なんでしょうね。たくさんの桜が植わっています。
 木曜日の午後でした。ちらほら犬と歩いている人と出会いましたが、人とはほとんど会いません。花は満開です。


 駐車場の裏のです。駐車場に数台止まっていました。ここでも人影は見あたりません。人はいなくても花は咲きます。
世の中は 地獄の上の 花見哉        一茶

​年寄の 一つ年とる 花見して       平畑静塔​



 桜の花欅(けやき)の大木。

空無限 咲き満つる花 見上ぐれば        小林草山

​花を見て 花の生み継ぐ 風を見て        高澤良一​

 初めて来た公園ですが、池があちらこちらにあるようですね。全体がどうなっているのかよくわかってはいません。

花人と なる一本の 花の下        中川須美子

​昼下り 自転車で来て さくら狩      高澤良一 ​
​​
​ 「花人」と自称するのは気が引けますが、ぼくは原付できました。高倉台からの帰り道です。同居人が来たがっていた公園なのですが、歩いてくるには少々不便ですね。もっとも、新コロちゃん騒ぎでヒマになりそうということもあります。一度、一緒にやって来たいのですが、はてな?何処からバスが出ていることやら?​​

PVアクセスランキング にほんブログ村
​​にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
ボタン押してね!





ゴジラブログ - にほんブログ村​​






最終更新日  2020.11.08 23:38:04
コメント(0) | コメントを書く
2020.04.12
​​​​2020年 4月9日 「女の園 花ざかりの庭」
​​
 久しぶりにやって来ました「女の園」です。校門あたりのは満開です。見上げると躑躅も咲いています。


 玄関に向かう石段の躑躅の花が満開です。


 この学校にお邪魔するようになって、三度目の春です。さみしいことですが今年の春は人影がありません。この学校も学生さんの登校が禁止されています。校門では守衛さんがやって来た人をチェックしています。


 庭の噴水の周りにはチューリップが咲いています。


 誰もいない庭のチューリップは、何だか手持無沙汰な感じがしますね。花には何の罪もないのですが。


 「赤いスイートピー」も咲いていました。


 この庭の自慢はきっとこの枝垂桜でしょうね。ちょうど満開です。


ちょっと近づいてみますね。花が零れ落ちているようにみえます。


 もう一枚。角度を変えてみますね。色の具合が何とも言えませんね。


 この「女の園」は須磨の山中にあります。こうやって花を見あげて佇んでいるとウグイスの声が聞こえてきました。
「ホケ・ホケ・ケキョ・ケキョ!」
 今年初めて聞く声でした。5月になると「テッペンカケタカ」の声も聞こえるのですが、さて、どうなることでしょうね。
 この日は「テレビ授業」の講習会でした。集まったのは広い部屋でしたが、思わずマスクをしてしまいました。ハヤリ言葉になっているの「サンミツ」「テレワーク」を同時体験ですね。
 が、まあ、ぼくには「テレワーク」なんて、とても無理な感じですね。
 ションボリ!

 愛車のスーパーカブ号だったので、帰り道に「奥須磨公園」に立ち寄りました。
「徘徊 奥須磨公園」に続きます。ここをクリックしてください。

​​
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
ボタン押してね!





ゴジラブログ - にほんブログ村​​






最終更新日  2020.11.08 23:40:09
コメント(2) | コメントを書く
2019.07.27

​​「夢野の皆さん、あの高校ですよ!」


 房王子橋を北に向かって登ってゆくと、昔の職場。​​

 市住の裏のわき道から、斜めに上って、昔、部室があったあたりにたどり着く。そこから、塀沿いによたよた歩くと、グランドの裏門にたどり着いた。金網越しに中をのぞいた。
 風景は変わってしまっていて、さほど懐かしくない。
 「あんな体育館、知らんし。」

 第二高女の校章が門柱にはめ込まれていた。
   
 これはちょっと懐かしい。なにしろ、この門柱は昔のまんまや。みんなが知ってる校章は右の柱にあった。なんとなく、写真をとらなかった。今度、また取りに行こうか。

 そこから、兵庫高校の方に歩いた。
 長田の商店街まで歩いて、「ういろう」を買おうと思ったが、お店の場所を間違えたので、お土産なしで帰った。
「まあ、それやったら、新長田でも売ってるのよ。」
 むっ!


2018/08/02
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
​ボタン押してね!​

ビークル センタージップポケットパース

なぜか、ぼくのポケットの財布と同じだったりする。







ゴジラブログ - にほんブログ村






最終更新日  2020.10.26 02:11:43
コメント(0) | コメントを書く

全17件 (17件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.