1873767 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

・・・・・・・・半農半Xという生き方~スローレボリューションでいこう。

PR

Profile


塩見直紀(半農半X研究所)

Freepage List

Archives

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

北海道ドライブ旅行… New! 天地 はるなさん

女子大生が描いたウ… 健康奉仕さん

見たことない花が咲… 野見山 文宏さん

4度目のホスティン… 矢尾こと葉♪さん

あなたをインスパイ… インスパイア大澤さん

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:瞳が輝く時(10/22) perscription coverage for cialiscialis …
http://buycialisky.com/@ Re:生活の芸術化と仕事おこしのすすめ(05/31) cialis super active canadacialis kamagr…
http://buycialisky.com/@ Re:小さな農と天職と。(12/08) g postmessage cialis smiley forumcialis…
http://buycialisky.com/@ Re:半農半USP(09/14) side effects for cialis and viagraciali…
http://buycialisky.com/@ Re:オーガニック生活・社会デザイン論&ローカル情報発信学科(12/17) cialis bij hoge bloeddrukaddicted to ci…
2010.04.05
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年、半農半Xデザインスクールに
参加くださった
NPO法人「共存の森ネットワーク」の
田代純一さんがすてきな塾を創られました。

誘っていただき、光栄です。

「共存の森ネットワーク」といえば、

森の“聞き書き甲子園”で有名ですね。

新設された塾は20~30代向けで
「なりわい創造塾」とネーミングされています。

気になる方々が講師です。

20~30代のみなさま、いかがですか?

ぼくの出番は11月7日です。

田代さん、うれしいお声かけをありがとうございます!

再会を楽しみにしています!

以下は「共存の森ネットワーク」の
田代純一さんが送ってくださったデータです。

**

「なりわい創造塾」受講生募集中!【5月26日(水)〆切】

NPO法人共存の森ネットワークでは、
2010年7月より「なりわい創造塾」を開講します。

現在、受講生を募集中です。あなたも「お金」だけに頼らず、
「自然の恵み」や「人の絆」を大切に、地域に根付いた暮らしを
目指してみませんか?

■「稼ぐための職業から 生きるための生業へ」

「農業をしたい」
「自然とふれあって暮らしたい」
「半農半Xな暮らしがしたい」
「農山村を元気にしたい」

「なりわい創造塾」は、そんな思いを持つ、
20代、30代を主な対象にした塾です。

受講生一人一人が「お金」だけに頼るのではなく、
「自然資本」や「人の絆」に支えられて暮らす
ライフスタイルをデザインしていくための9ヶ月間の
プログラムです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人のライフスタイルを世界中の人がしたら、
地球は2.4個必要だと言われています。

貨幣経済の発展とともにある大量生産・
大量消費の私たちの暮らしは、

自然の成長や回復量を超え、地球に負荷をかけており、
「持続可能」とはほど遠いと言えます。

なりわい創造塾が目指すライフスタイルは、

かつて日本人にとって当たり前だった、
今は農山漁村地域に受け継がれる暮らしの中に
ヒントがあります。

薪炭をエネルギーとし、田畑で食べる物を育て、
木材を家や家具・食器に加工するという、
資源を搾取するのではなく、
身近な自然と折り合う生き方であり、
またサービス業に頼るのではなく、
地縁の中でお互い助け、支え合う暮らし方です。

私たちは、日本人が綿々と受け継いできた手技や
知恵をもう一度見直した新しいライフスタイルを
一人一人が創り、

そうした人が集まることによって、
社会全体がサステイナブルになると考えています。


■カリキュラム、スケジュール

開講は7月で、平均月一回の講座を行います。
講師は、民俗研究家の結城登美雄氏や
半農半X研究所の塩見直紀氏、
片品生活塾の桐山三智子氏らを予定しています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~

なりわい創造塾スケジュール(講師敬称略)

7月3日-4日 
『未来のなりわいの形 ~都市と農山村の暮らしから探る~』 
講師:渋澤寿一、高梨雅人、松田泰明

7月17日 
『お互いさまライフのすすめ ~入会、結~』 
講師:結城登美雄

8月28日-29日 
『なりわい探検隊 ~地元学で知る。
地域にあったもの、あるもの、生まれてきたもの~』※
講師:竹田純一

9月11日-12日 
『「聞き書き」で知る農的暮らしの喜怒愛楽』※
講師:塩野米松

10月16日 
『前半の振り返り、共有』

11月7日 
『10年後の自分って? ~先駆者から学ぶ なりわいの形~』
講師:塩見直紀、後藤雅浩

12月11日 
『プチ先輩に聞く1 ~農山村に飛び込む!~』
講師:桐山三智子

1月9日 
『プチ先輩に聞く2 ~都市から発信する農的暮らし~』
講師:神澤則生

2月19日 
『キャリアプランづくり実践 ~コーディネートもできる、なりわい実践者へ~』
講師:駒宮博男

3月19日-20日 
『キャリアプラン報告会「自分流NARIWAIとは」』

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

講座開催地は東京です。
「※」は、群馬県川場村で講座を実施します。

■募集要項

1.開催期間:2010年7月~2011年3月
 (原則毎月一回で、週末。詳細はHP)
2.開催場所:東京、群馬県川場村
3.定  員:30名(原則20代、30代の大学生、社会人。
  応募多数の場合、選考。)
4.参 加 費:3万円(年間。交通費、宿泊費等の実費は別途負担。)
5.応募締切:5月26日(水)必着
6.公式HP:http://www.kyouzon.org/nariwai/
7.主  催:NPO法人共存の森ネットワーク
共  催:山村再生支援センター、森里川海生業研究所、損保ジャパン環境財団
後  援:群馬県川場村


■申し込み・お問い合わせ先
1.氏名(ふりがな) 
2.性別 
3.現在の所属及び略歴 
4.生年月日 
5.住所 
6.電話番号 
7.FAX番号 
8.携帯番号 
9.メールアドレス 
10.塾を知ったきっかけ 
11.応募動機(1,200字程度)を明記の上、

EメールかFAX、郵送にてお申し込みください。
なお、メールの場合、志望動機については
ワード等で作成いただき、添付することも可能です。

NPO法人共存の森ネットワーク 担当:中野、田代
〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-20 角張ビル4階
TEL.03-5366-0788/FAX.03-5366-0688/Eメール:mori@kyouzon.org
HP.http://www.kyouzon.org/

※事務所移転のため、4月22日以降は、以下にお問い合わせください。
 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms 1A
TEL:03-6450-9563 FAX:03-6450-9583 
※メールアドレスは、変更ありません。

以上


昨日4日の朝、つれあいとひなこが
帰綾しました。

中学校の入学式ももうすぐです。

新しい門出ですね。


いまぼくはこの10年間をまとめる作業。

資料も部屋も整頓中です・・・。


インスピレーションワードメモを
死蔵せず、公開するとどうなるのだろう。

「メモ銀行」はインスピレーション財を蓄える
金利なし、出入金自由の
ミッションサポート系の思索バンクです。

以下は最新の「メモ銀行」その424です(敬称略)

●楽しみは、発見するもの。よろこびは、工夫から
 生まれると僕は信じています。今日もていねいに
●『松浦弥太郎の仕事術』(朝日新聞出版)
●ここ何年か、何かが足りないという発想はありません。
 むしろ、何が必要ないんだろうって考えるようになりました。(イチロー)
●「好き」と「成果物」と「世の中の役に立つ」ことが揃ってないと、
 「仕事」にはならないですよね。(ソフトイーサ・登大遊)
●好きなことをやって、その結果の成果物が、役に立つかどうか。
●だから、私は、新しい微差に挑戦します。
●この地球という星は、行動しないと、何も起きない星なんてす。
●天国言葉
●シリーズ地域の再生『共同体の基礎理論』(内山節・農文協)
●人生、何でも微差です。微差を積み重ね続けるのです。
●「微差を何個出せるか」にかかってくるのです。
 この微差がおもしろくなってきたとき、いろんなことが変わってきます。
●微差を追求した国
●常に、微差を磨いている人に出てくる直感なんですよ。
●人生って、ほとんどお芝居なんてすよ。
 ・・・自分がもらった役で、どう名演技するか。
 それが、人生、おもしろくて、楽しくなるコツです。(斎藤一人)
●人生って、どういう名演技をするか、だけなんです。

以上

●次回の綾部里山交流大学「里山デザイン学科」@母校
 5月15日(土)~16日(日)=1泊2日の実技系講座

初夏の里山編

半農半Xカレッジ東京(4月18日 詳細)

●半農半Xをお話しする予定2010(※は非公開)  
・04月18日(東京)=半農半Xカレッジ東京(募集中)
・04月18日(東京)=起業グループレクチャー※
・04月19日(東京)= 都市・農山漁村交流しごと塾
(主催:NPO法人エココミュニケーションセンター)
・04月20日(東京)=大学院ゲスト講師
・05月08日~09日=半農半Xデザインスクール(募集中)
・05月10日(大阪?)=カフェ?
・05月30日(東京)=第4回エコビレッジ国際会議TOKYO
・06月10日(京都)=大学講座(ふるさと論)※
・06月13日(綾部)=視察ツアー※
・06月21日(京都)=大学講座※
・07月06日(京都・福知山)=大学市民講座(四方八洲男・前綾部市長と対談)
・07月10~12日(綾部)=PARC自由学校「エコを仕事にする」綾部ツアー※ 
・08月07日(京都)=芸術大学特別講座※
・08月19日(綾部)=研修※  
・11月07日(東京)= なりわい創造塾(NPO法人共存の森ネットワーク) など

●訪問くださったみなさまへの
今日のお土産(エックス・ミッション系)のことば・・・

マネジメントの三つの役割

1.自らの組織に特有の使命を果たす
2.仕事を通じて働く人たちを生かす
3.自らが社会に与える影響を処理するとともに、社会の問題について貢献する

(P・F・ドラッカーのことば
『マネジメント 基本と原則 [エッセンシャル版]』
ダイヤモンド社) 

●今日のインスピレーションワード
(キーワード、コンセプト、キャッチフレーズ…)・・・

「季刊 地域」

農文協の最先端雑誌「増刊現代農業」が
「季刊 地域」に生まれ変わりました。

先日、農文協の甲斐さんとお出会いしたとき、
刷り上がったばかりの「季刊 地域」を見せてもらいました。

ぼくも年間購読しています。

今日、届いた「季刊 地域」を
じっくり拝読させていただきますね。

みなさまもぜひ手におとりください!

キャッチコピーは「ゆるがぬ暮らし」

要注目は

地元学でおこす「あと3万円」の仕事

の特集です。

訪問くださり、尊尊我無です。
今日も明日もすてきな1日でありますように。
───────────────────────────
【ニューコンセプト&スローレボリューション】
半農半X研究所 塩見 直紀(京都・綾部) 2010.04.05

「X(エックス)」=天職、使命、ミッション、天命、天の仕事、
志、夢、ライフワーク、テーマ、生きがい、役割・・・
───────────────────────────
塩見直紀ホームページ






Last updated  2010.04.06 06:09:55
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.