1394918 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

死にぞこないの青 乙一

  この乙一さんは、若いけど、この前何か賞を取ったよね。
  
  これは、ダークな話だ。

  5年生のマサオはごく普通の少年だ。ちょっと臆病で、人見知りして、でもその事を自分でもわかっていて、知りあいの大人にあいさつできない事を恥ずかしいと思う・・・そんな少年。
  勉強はまあ普通、でも運動は苦手。
  走るのはクラスで、いつもビリ。
  いるいる、ぷちてんもそんな子供の1人だったかな・・・?

  そんな少年のクラスに、新しい担任、羽田先生がくる。
  最初は子供達とサッカーしたり、子供の気持ちをつかもうとする。
  子供達もなついていったが、だんだん、宿題の量が増えたり、大きな声で怒鳴ったり・・・子供達の心が離れていきそうになる。

  そんな時、なぜか、マサオは先生に嫌われてしまう。
  子供心に「何故?」と思いながらも、大人の先生にそういわれれば、自分が悪いんだと納得させていた。
  (先生って、この時期絶大な力があるんだよね。。。。)
  
  クラスの中で、自分の位置が一番下になって、クラスの不満のはけ口になっていく。
  先生の厳しい指導のはけ口だ。
  目立ったいじめはないけれど、無視される・・・孤立していくマサオ。

  先生は、巧みに宿題が多かったり、どなったりする所為を
  「マサオが失敗したから・・・」
  などと理由をつける。
  そして、ますます、子供達全体に宿題を出したり、掃除をさせたりするのだ。
  もちろん、これでは、クラスの子供たちは、マサオが悪いと受け入れてしまう。
  ある程度、先生の悪い冗談だと受け取ったりはするんだけど、
  でも、
  それが、楽だから、安心だから、逃げられるから・・・じぶんじゃないから・・・
  受け入れてしまう。

  そんなある日、マサオは青い顔をした子供を見る。
  マサオは自分しか見れないその子供を、自分の心が作り出したものだとわかっている。
  その青い顔をした子供は、マサオの憎しみや悲しみをわかってるのだ。
 



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.