1406672 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.08
2019.07

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2004.08.22
XML
「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨン監督が泣いてみよとばかりに作った初恋物語。

「ラブストーリー」オリジナル・サウンドトラック <CD>(2004/02/14発売)

ソン・イェジン(ジヘ&ジュヒ・・二役)
チョ・スンウ(ジュナ)
チョ・インソン(サンミン)
イ・ギウ(テス)

ストーリー
女子大生ジヘは、母親の古い木箱を見つける。
中には母親ジュヒの若い頃の手紙と日記が入っていた。
てっきり父親との思い出の品だと思って読み進むと、それは母親の秘められた初恋の物語だった。

母親のジュヒの思い出を追いながら、現代のジヘの初恋を絡めていく。

~~~~~~~

母親のジュヒの方がメインだと思うが、絵が綺麗だね。

初恋の相手はジュナ、そしてその親友がテス。
このテス役のイ・ギウというのは身長が189・8センチですと!
テスは映画の中で、一年で身長が36センチ伸びたという話が出てくるのだが、このイ・ギウも一年で20センチものびたそうな。
コミカルで、やさしくて女性に対してはちょっと気が弱い・・・そんな役ですかね。
なかなか、この男性人3人の中では気に入った(笑)

このジュナとテスの友情は、みていて「いいもんだな~っ」て感じ。

ヒロインである現代のジヘの恋物語は、雨の中初恋の先輩(サンミン)と一緒に図書館まで彼の上着を二人でかぶって走るというのが、かわいい。

韓国ドラマ、映画共通の『偶然』であったり『運命』は、今回もしっかり入っている。
しかし、ドラマと違って二転三転する『偶然』や、『すれ違い』などはないので、まださらっとしているかも。

意外と、さらりとした印象で、もっと泣けるかと思ったらそうでもなかった。

ヒロイン役ソン・イェジンは、『永遠の片想い』と違ってしっかりヒロインだ。
現代っ子のジヘのかわいさと、ジュヒのちょっとクラッシックなかわいさと、どちらもかわいかったね。
ジュヒは病弱なんだよ~~。ああ、韓国映画だね(笑)

しかし、3人の男優さん、どの顔も知らないんだが、どうも皆さんクラッシックな顔で・・・(笑)

この母親の時代、韓国では出兵している。
60年代の話だから・・どこに出兵したんだろうか?
この時代の画面を見ると、ちょっと太平洋戦争ぐらいの錯覚を起こしてしまう。
日本にとっての戦争は、そこまでさかのぼるのだが、韓国では60年代でも戦争の記憶があるのだ。
60年代なんてちょっと前のことじゃないか・・・!
ちょっと驚いてしまった。
この感覚の差は日韓両国の意識の差になって来るんだと改めて思った。

追記

この出兵は、ベトナム戦争だということです。
そうか・・・韓国は軍隊をもっていたし、アメリカの傘下にいるわけだから、ベトナムにも出兵したんだ!
そうなると・・・かなり戦死もしたのだろう。

ラブストーリー








最終更新日  2004.08.22 19:14:44
コメント(13) | コメントを書く
[~2006年 映画・ドラマ] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.