1404293 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.08
2019.07

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2004.10.31
XML
明日から、お札が変わりますね~

一万円札は変わらず、福沢諭吉。
5千円札が、樋口一葉。
千円札が、野口英世。

樋口一葉が女性で初のお札の顔になりました。
何で彼女かわかりませんが・・

今手元に無いので、今使っている五千円札誰だっけ?と考えています。誰でしたっけ??
一万円札は、福沢諭吉で変わらないんですよね。
千円札は、お財布に入っている確率が高いので覚えてますよ(笑)
夏目漱石でしたね~。

聖徳太子も過去の過去になっちゃいましたね。

明日は、いつ新しいお札と出会えるでしょうか?
楽しみですね。銀行に両替にいっちゃう?

さて韓国映画3本、まとめて。
☆ホワイト・クリスマス 恋しくて、逢いたくて☆(1999)
ソン・ヘソン監督

ソン・スンホン・・「夏の香り」「秋の童話」
キム・ヒソン・・「ワニ&ジュナ」
キム・ヒョンジュ

ホワイトクリスマス(日本版-DVD)

ストーリー
1995年、会社勤めのキム・ソヌ(スンホン)の机の上には毎朝カラーの花が届けられている。
そんな彼は、バスの中で心を奪われた女性が花屋の店長だということを知る。
その彼女ジヒ(ヒソン)がきっと花を届けてくれているのだと確信するソヌ。
何とか彼女とクリスマスイブの日に会う約束をする。
ところが約束の場所に行くと、ジヒは麻薬がらみの犯人の人質となり命を落としてしまう。
それから3年後、ジヒを忘れられないソヌは「あの時間に戻れたら」と願う。
その願いが彼をジヒが死ぬ24時間前の時間に戻した。
彼女を決して死なせない!・・彼は固く決意する。

~~~~~~~

ファンタジーとして、クリスマスだし、いいでしょう。
しかし、ジヒは化粧が濃いんだな~~。
ジヒを見たときに、こういったロマンス物には不釣合いな化粧の濃い女性だな~と思った。(これポイントかもしれない)
しかし美人ですよ。
彼女がバスの中で、ホロリと涙を流している場面など、美しい!
ソヌが一目ぼれするのもわかりますね。
このストーリー、もうひとつの話というのが、なかなかミソですね。

☆花嫁はギャングスター☆(2001)
チョ・ジンギュ監督

シン・ウンギョン・・「SSU」
パク・サンミョン・・「リベラ・メ」など多数

花嫁はギャングスター ◆20%OFF!<DVD> [DZ-134]

ストーリー
兄さんと呼ばれる生きた暗黒街の伝説ウンジン(ウンギョン)。はさみ一つで男世界の暗黒街を評定した彼女。
彼女は幼い時に別れた姉を探していた。何とか探し出したが姉は、胃ガンの末期。死を前にした姉の最後の願いは,ウンジンが幸福な家庭を築いて平凡な女として暮らすこと。
こうしてウンジンの結婚作戦が始まる。
一方、愛らしい妻と暖かい家庭を夢見る平凡な男スイル(サンミョン)は、さえない公務員。
58回も見合いをしても断られるばかり。
ウンジンのほうも、何度かの見合いをするのだが、彼女のたくましさに皆恐れおののき失敗してしまう。
そこにあらわれたスイル。
とにかく結婚しなければと、このおとなしそうなスイルとの結婚を決心する。あとくされもなさそうだし~。
新婦が極道であることも知らずにひたすら新婚の夢を見るスイル。しかし、彼を待っていたのは、寝床を拒否し時に足蹴りまで食わせる妻だった。

~~~~~~

笑えるのだ。この男っぽい彼女が何とか女性に見られるように頑張るところとか。旦那さんのスイルがかわいそうなんだけど。
でも、スイルがこの彼女にちゃんと立ち向かう。
彼女が徐々にかわいくなるのも良いね。

コメディだけど、アクションも見逃せない
とにかく、このウンジン役のウンギョンのアクションがかっこいいのだ!
メイキングを見ていると、彼女が本当に体張ってアクションしているのがわかる。

背中に刺青を入れているのだが、この刺青お尻までしっかり入っているということで、後姿ヌードがあるんだけど、これまたなかなかかっこいい。
しかし、刺青そのものは、やはり日本の刺青のほうが芸術的だね!

ちゃんとスカッと強い女組長というのが、ラストも見られて気持ちいい。
ラストで対決しているのが、何処かで見たことがある俳優だと思うのだけど・・わからないのだ。
チェ・スンミということはわかったのだが、どこで見たのかな~。

この続編もすでに韓国ではDVDになっているようだ。
また日本でも見られることを楽しみにしている。

花嫁はギャングスター2・DVD(韓国版)※リージョンコード3・設定商品※【お取寄せ商品】韓国版「花嫁はギャングスター2」

☆気まぐれな唇☆(2002)
ホン・サンス監督

キム・サンギョン・・「殺人の追憶」
チュ・サンミ・・「インタビュー」
イェ・ジウォン

気まぐれな唇 ◆20%OFF!<DVD> [BIBF-5075]

ストーリー
ちょこっと顔の売れた三流映画俳優ギョンス(サンギョン)は、出演した映画が失敗し、気分転換に旅に出る。
そこで出会った二人の女性。
積極的にアプローチしてくる女性、そしてもう一人は謎が多い人妻。
短い旅の間のロマンス。

~~~~~~~~~

ギョンスは自分のところを好きだというミョンスク(ジウォン)とためらうことなく一夜をともにする。
しかし、彼女は先輩の想い人。
彼女が本気になりそうなのは困る。
でもその一夜のおかげで、先輩は彼女にアタックする勇気ができたのかも。

その後の汽車の中で出会った女性ソニョン(サンミ)、大学教授の妻。
しかし、なにやら自由が利かない生活のようだ。
しかも夫は、仕事に一生懸命・・らしい。
つまり彼女は寂しいのだ。
そこで、この積極的なギョンスのアプローチを受けることになる。

彼女のほうがギョンスよりも一枚上手だったというのが、面白いかな。
いいかげんな男をサンギョンが演じている。
「殺人の追憶」でイケメンだし、事件に対する執念などを上手く演じる役者だなと思っていた。
その「殺人の追憶」に出るきっかけとなったのが、この映画の演技を認められてなのだそうだ。
なるほど~と思うけれども、内容が今ひとつピンとこなかったのだが・・

あえて言えば、やっぱりこの大学教授の妻役ソニョンが、揺れ動く人妻って感じで良いかもと思った。






最終更新日  2004.10.31 22:04:43
コメント(8) | コメントを書く
[~2006年 映画・ドラマ] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.