1522062 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
残暑見舞いサマーギフトに/内祝い/法事/お供え/引き出物/仏事【残暑見舞いサマーギフト】生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】
500円&350円&150円OFFクーポン祭!! エルメス モンスーンの庭 EDT SP 50ml エルメス ユニセックス フレグランス HERMES【エルメス 香水】モンスーンの庭 EDT SP 50ml 【エルメス】 HERMES【送料無料】 【あす楽対応】
税込3,980円以上送料無料! ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン レディース フレグランスランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン LANVIN レディース【あす楽対応】香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日
ナイルの庭15ml エルメス  【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】香水 フレグランスナイルの庭[HERMES] EDT オードトワレスプレー15ml[エルメス]【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】【5250円以上送料無料】【楽天最安値に挑戦】【楽ギフ_包装選択】【RCP】香水
2004.11.25
XML
年末恒例の紅白の出場歌手が公表されましたね。
スマップは辞退したんだって。あ、松田聖子も。
スマップは確かにそれぞれ映画にドラマに活躍したけど、曲は出してないものね。
・・・しかしそんなこと言ったら、辞退しなくちゃならない歌手がたくさん出場するんだけど、紅白って(笑)
つまり、売れているからこそ「辞退」できるって事なのかもね。

そうそう、韓国の歌手も、このブームで出場しますね~~。
Ryuは、「冬のソナタ」を歌っているからわかるかも。
ではもう一人赤組のイ・ジョンヒョンて誰?って思っている方。
彼女は「美しき日々」でチェ・ジウの妹(本当の妹ではないですけど)として歌手を目指している彼女なんですね。
ドラマの中で歌っています。
あのドラマの曲を歌うのかな~~。興味ありますね。

そうそう、トップに韓国映画の索引を載せました。私が見たものだけですが・・

「海を見る」「焼け石に水」「クリミナル・ラヴァーズ」「サマードレス」
フランソワ・オゾン監督の作品です。
最近皆様のところで、これらのレヴューを読むチャンスがあって、ここでの紹介は省略しちゃいますが。

どの作品も、へんてこ(笑)
私は、「8人の女たち」が面白かったので、この「8人の女たち」のイメージを持っていたのですが、初期の作品はかなり違いましたね~~。
次に見た「まぼろし」はこれまた、ぐっと雰囲気が変わって、これはかなり良かったです。
「スイミングプール」はレンタルになるのが1月でしょうか?
楽しみにしているのです。

「8人の女たち」「まぼろし」「海を見る」の脚本を書き、「海を見る」「ホームドラマ」(未見だけど)で出演しているマリナ・ドゥ・ヴァン。
この彼女が、監督・脚本・主演しているのが「イン・マイ・スキン」です。
「海を見る」では、バックパッカーで、赤ちゃんのいる女性の家の庭にテントを張って過ごすのです。
彼女の眉毛の太い意志の強そうな、でも無表情な顔、かなり印象に残りました。
彼女がお皿をぺろぺろなめるところからもうはてな?って感じだったもの。

イン・マイ・スキン【楽天野球団】

「イン・マイ・スキン」(2002)
この映画、aoさんのところで紹介されていたのですよ。
で、半ば興味半分で見たのですけど、インパクトありました~。

ストーリーとしては、自称行為を止められなくなった女性の話。
中毒ですね。無性に傷つけたくなって行く姿が、まさに禁断症状のようだった。
自分を傷つけるのは、なぜ?ということなんでしょうけど、自分を確かめたいという事なのでしょうか。

きっかけが、パーティで、転んで怪我をした事から。
かなりの傷なのに、何故か痛みを感じなかった。
そこから、自分の体を確かめる行為が始まった。
恋人や友人も、彼女の異常な行為に気がついて、「なぜ?」と心配するんだけど、彼女は明確な答えが出来ない。
傷つける行為は、恍惚とした、まさに至福のひと時のようなのですよ~。

なんだろな~この映画。
と思って、ここにも書く気がなかったのだけど、結構後からじわ~~って来る映画みたいで。
自分の皮をなめして、いとおしげに抱きしめる、あれは自己の確認なのかな。
ですから、話としてはとにかくその自傷行為だけなので、彼女がそれでどうしたいと思っているのかとか、その後どうするんだろうか?とかはわからないのです。
監督としての彼女は、「痛いから、エスカレートはこれ以上しないだろう」と言ってましたよね。
じゃ、何か代わりの行為が必要なのかな?ってちょっと考えちゃいましたね。

上映されて、見ないで出て行った観客がいたとか・・そういう事もよくわかりました。
血みどろだもの~~。
映画館で、大画面で見せられたら、引いちゃうなあ。
DVDだから見れたかもしれない。

で、このマリナ・ドゥ・ヴァンは、「海を見る」よりももちろん年をとったから、最初誰かな?って思った。
誰かな?と思いつつあの眉毛で、もしや?と思ったのだった。
独特の雰囲気があるものね。
ここでは、仕事もバリバリこなす女性で、スーツ姿なのだけど。
シャワーや下着姿の彼女が、痩せているのに、はみ出るお肉があったりして美しいとは言いがたいけど、疲れた年相応の女という感じ。
あ、そういったお肉の話は、人のことは言えないんだけど(笑)

彼女だから出来た映画かもしれないと、思いました。
そして、主役も自分でしたのは、ほかにやってくれる人がいなかったのかも・・なんて考えたり(笑)
女性の感覚で作られているような気もしました。
ちょっとね「出産」っていうのも浮かんだのですよね~~。
ここには一切そういったことは出てこないんだけど、出産の痛みって女性しかわからないものね。

自傷行為の血がドバッというそれよりも、彼女の恍惚とした表情とかが、今は残っているのが不思議です~。

意外と、私は面白いと思った映画でした。
でも、血ドバッですから、お奨めし難い映画ですよね。







最終更新日  2004.11.25 23:58:18
コメント(10) | コメントを書く
[~2006年 映画・ドラマ] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.