000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
残暑見舞いサマーギフトに/内祝い/法事/お供え/引き出物/仏事【残暑見舞いサマーギフト】生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】
500円&350円&150円OFFクーポン祭!! エルメス モンスーンの庭 EDT SP 50ml エルメス ユニセックス フレグランス HERMES【エルメス 香水】モンスーンの庭 EDT SP 50ml 【エルメス】 HERMES【送料無料】 【あす楽対応】
税込3,980円以上送料無料! ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン レディース フレグランスランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン LANVIN レディース【あす楽対応】香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日
ナイルの庭15ml エルメス  【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】香水 フレグランスナイルの庭[HERMES] EDT オードトワレスプレー15ml[エルメス]【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】【5250円以上送料無料】【楽天最安値に挑戦】【楽ギフ_包装選択】【RCP】香水
2005.01.21
XML
こちらは、今朝は、ものすごい雪だったのです。
一日降ったら、またお正月のようになっちゃう、と心配していたのですが、昼前から晴れてきて、雪も溶け始めました。
良かった・・・とはいえ、家の前にはカマクラができるくらいの雪の山ができていますが。こんな雪の量は、ほんと初めてですよ~。

で、レンタルにいったら、「スイミング・プール」が入っていました。新作だけど、これは絶対見逃せない。早速借りてきました。

☆スイミング・プール☆(2003)
フランソワ・オゾン監督

シャーロット・ランプリング・・・・・・・サラ
リュディヴィーヌ・サニエ・・・・・・・・ジュリー

スイミング・プール

ストーリー
官能的サスペンスドラマ。
スランプ気味の人気推理作家サラ。出版社の社長ジョンは、そんな彼女に自分の南仏にある別荘に行く事を勧める。
彼女はロンドンを離れ、明るく静かな別荘に向かった。
仕事も順調に進みそうだ。そう思っていたのだが、その別荘にジョンの娘ジュリーがやってきた。
ジュリーは裸でプールで泳いだり、毎晩違う男を連れ込んだり。
サラは彼女の奔放さにいらだちながらも、ジュリーの行動から目が離せない。
口うるさく注意するサラに、ジュリーは「うるさいおばさん(ババア)」と気にする様子もない。
そんなジュリーにいつしかサラは目を奪われ刺激を受け、ジュリーの物語を書き始める。

~~~~~~~~~

「まぼろし」のシャーロット・ランプリング。
ここでも、イギリスの中年女の堅苦しい感じがでているなあ。
でもイギリスって固いってイメージで良いのかわからないけど・・・
彼女は、ここで全身ヌードも見せている。まったく年齢を感じさせないヌードだ。

かたや、リュディヴィーヌ・サニエ。彼女は「焼け石に水」の若い女の子、そして「8人の女たち」でのボーイッシュな女の子。
この映画では、ほとんど上半身裸だよ。
もう大サービスといって良いのかも?

ついついそんなところばかり目が行く、いつもながらのオゾン監督の映画だけど、やっぱりラストにひねってきた。

「まぼろし」はわりとわかりやすかった、また「8人の女たち」は面白い映画だったが、ひねりがあったわけではないしね。
そう考えると、初期の映画に近いのかもしれない。

いろいろと悩ませるのが得意なオゾン監督は、今回も答えは用意してない。
私としてはラストがなければ、そんなに悩まないんだけどナ~。

以下、こんな話(ネタバレあり)↓
一番の謎は、ラストだろう。
ラストに別荘のベランダで、にこやかに手を振るサラ。
プールサイドにはジュリーらしき後姿。
しかし顔が映ると、それはジュリアだった。
そして、また次に顔が映るとそこにいるのは、ジュリー。
サラはにこやかに手を振り続ける。

ジュリアは、ジョンの娘だ。
執筆を終えジョンにゲラを持っていくラスト近くの場面に、このジュリアが出てくる。
しかし、そのジュリアを見てサラは納得した顔をしていた(と思うのだ)
これがジョンの娘のジュリアかと。彼の愛すべき娘。

ではサラが、ジョンの娘と思っていたジュリーは何者なのか?

ジュリーは、ジョンの愛人の娘だったのだろう。
ジュリーの母親は、結婚を迫ったけれどもジョンは彼女を選ばなかった。

ジュリーは母親が自分を捨てるのではないかという強迫観念があった。
男を作って?
又は、母親は実際に交通事故でなくなったというので、自分の前から消えてしまう恐怖をサラに対しても持った。
そこで、サラに気があるように見えたフランクを殺したのかな?
ジュリーは「あなたの作品の為よ」と殺人の動機を言ったのだが、それだけではないと思うんだけどね。

ジュリーは自分の父親に家族として認められず(ファザコンでもあるし)、母親の事故死のショックもある、そんなことで巻き込まれた形なのが、サラだと思うのだ。

しかし、サラに狂気が潜んでいるという見方もあるようだ。
このジュリーとジュリアのあのラストを見て。
サラは現実と小説の世界とけじめがつかなくなって・・という風に見るらしいのだが。
私にはそれがどうもよくわからない。
つまり、ジュリーはまぼろし、サラの創造、またはサラの分身。
殺人は小説の中の出来事・・

しかし・・やっぱり、そんなにひねらなくてもいいのじゃないかな。

ラストで手を振るサラが、至極幸せそうなのは確かだ。
ちょっと不気味なくらいにね・・・・

ジョンに気があるサラにとって、ジュリアは彼が愛する娘、ジュリーは父を慕う娘。
どちらもジョンに関係しているのじゃないかしらね。


まとまらないけど、いろんな事を楽しめるオゾン監督の映画だね。
プールの水のブルーと、ビーチマットの赤が素敵なコントラストだ。色の美しさも、オゾン監督だなあと思ってみていた。

私はビデオで見たのだが、DVDだと未公開シーンが見れるみたいだ。DVDで見てみたいね~。














最終更新日  2005.01.21 15:36:41
コメント(35) | コメントを書く
[~2006年 映画・サスペンス・ミステリー] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.