1444296 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.02
2020.01
2019.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
敬老の日/内祝い/法事/お供え/引き出物/仏事生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】
500円&350円&150円OFFクーポン祭!! エルメス モンスーンの庭 EDT SP 50ml エルメス ユニセックス フレグランス HERMES【エルメス 香水】モンスーンの庭 EDT SP 50ml 【エルメス】 HERMES【送料無料】 【あす楽対応】
税込3,980円以上送料無料! ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン レディース フレグランス【3,980円以上送料無料!】ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン LANVIN 【あす楽対応】 香水 レディース フレグランス 【ホワイトデーお返し セール sale】
ナイルの庭15ml エルメス  【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】香水 フレグランスナイルの庭[HERMES] EDT オードトワレスプレー15ml[エルメス]【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】【5250円以上送料無料】【楽天最安値に挑戦】【楽ギフ_包装選択】【RCP】香水
2005.01.31
XML
寒気団が入っていて、ものすごい寒波といわれ、びびっていたのですが、こちらではそれほどのことはなかったです。
まだ、寒さが続くというので、ちょっと心配ですが・・・

この映画1日に見たのですが、こちらに書いておきます。

☆オペラ座の怪人☆(2004)
ジョエル・シューマカー監督

ジェラード・バトラー・・・・ファントム
エミー・ロッサム・・・・・・クリスティーヌ
パトリック・ウィルソン・・・ラウル

ストーリー
あまりにも有名なミュージカルの映画化。

~~~~~~~~~~

まず、徹底的にミュージカルだった!
セリフがほとんどないしね~。
これは曲を楽しみ、舞台で見られない役者の表情を見ることができると言うことなんだろうね。
それが映画化の醍醐味だろう。
そして、『オペラ座の怪人』と言う舞台を映画に残した事、それが一番素晴らしいのかもしれないね。

豪華な衣装と舞台は圧巻である。
マスカレードの場面は、素敵だった。

といったところで、私の感想。
ダメダメ鑑賞記だと思って欲しい(笑)


正直に言って、申し訳ない、そんなに入り込めなかった。
こういう感想は、きっと少数派だろうな~~^^)

ミュージカルが苦手だと思っていないのだが、わかりずらいかも。
もともとの舞台はどうなの?
舞台でわかりずらい部分も映画になってわかったと言うコメントも見たのだが。
しかし、ミュージカルがそのまんま映画になったのだろうな~。
違った切り口で作ってみるのも面白いと思うのだけどね。

舞台を見たりして思い入れのある方には、とにかく素晴らしいミュージカル映画だと思う。

ただ、見終わってからも、曲がぐるぐると頭の中を渦巻いているのは確かなのだ。
思わず口ずさんだりしている。
やっぱり、いい曲なんだよね。

後半佳境に入ってくると、ファントムの気持ちを思うとかわいそうにもなる。
ファントムの生い立ちを思うとね。
あの見世物の場面は「エレファント・マン」を思い出すね・・・

クリスティーヌは、ファントムにはどんな気持ちを持っていたのかな?父のような存在?
ファントムの歌声に聞きほれる彼女を見ると、よろよろとファントムに行ってしまいそうだったりもするんだけど。
しかし、ファントムがたとえ誰にせよ、ああいう愛し方をしてしまったら、誰でもみんな苦しくなってしまうだろう。

サルのオルゴールはポイントだけど、あれはかなり、リアル猿だね。
サルのおもちゃって、シンバルをバシバシたたくのをすぐに思い浮かべるんだけど、このオルゴールはかなり精巧だ。

~~~~~~~~~~

あの豪華さはホント素晴らしい。
そして、フルオーケストラだって?
なので、これは音響効果の良い大きなスクリーンの映画館で見ることがお勧めなのだ。
もっとあの豪華さをじっくり見たいところだったが・・・

オークションに入る前、古い映画のニュース画面のような白黒。
ああいうところも素敵だった。
もちろん予告編で見られる、鮮やかによみがえるオペラ座の場面は、圧巻だった!

個人的には、やはりクリスティーヌが一番良かったかな。

そうそう、カルロッタ役ミニー・ドライヴァーはクセのある顔だけど、よかったなあ。

ミュージカルというのに入り込めなくても、そういうところは見てよかったと思う映画だった。









最終更新日  2005.02.01 21:31:55
コメント(18) | コメントを書く
[~2006年 映画・ロマンス] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.