1202680 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

楽天プロフィール


ぷちてん525さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
映画  ハンドメイド  読書  国内旅行  海外旅行 

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

広島大学大学院と共同開発の外反母趾対策ソックス!【楽天最安値に挑戦!】外反母趾対策靴下2足組(同色サイズ)「黒・グレー・ピンク」コーポレーションパールスター(くつ下/ソックス/矯正/サポーター)
M~ 大きいサイズ レディース ブラウス シャツ トップス とろみシャツ M L LL 3L 4L 5L 11号 13号 15号 17号 19号 ヒラリと柔らかなとろみ生地で大人スタイル。切り替えフレア袖シャツ【送料無料】【3枚どれでも2,990円(+税)対象】M~ 大きいサイズ レディース ブラウス■ジョーゼット 切替フレア九分袖 Vネック とろみシャツ■RIN オリジナル ブラウス シャツ トップス とろみシャツ M L LL 3L 4L 5L 11号 13号 15号 17号 19号 [246521] OMMTO【BNT】
塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
内祝い/法事/御供え/引き出物/仏事生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】【京都の和菓子・お取り寄せ】【TVで紹介 雑誌で紹介 ギフト】
【母の日】【送料無料】 イベントギフト スイーツ お菓子 どら焼き【母の日 ギフト 送料無料! プレゼント】【楽天1位】イベントギフト2016母の日・お取り寄せスイーツ「洋風生どら焼き・とらちゃん」【メッセージカード付き(定型文)/送料無料/スイーツ/お菓子】
2005.03.28
XML
☆きみに読む物語☆(2004)
ニック・カサヴェテス監督

ライアン・ゴズリング・・・・・ノア
レイチェル・マクアダムス・・・アリー・ハミルトン
ジーナ・ローランズ・・・・・・アリー・カルフーン
ジェームス・ガーナー・・・・・デューク
ジョーン・アレン・・・・・・・アン・ハミルトン
ジェームズ・マースデン・・・・ロン

ストーリー
療養施設に暮らす老女のもとに通う初老の男(デューク)。彼はこの老女アリーに物語を読み聞かせている。
物語は、古きよきアメリカの若い男女の恋物語だった。
1940年の夏、避暑にやってきた裕福な家庭の娘アリーは地元の青年ノアと出会う。
ノアは一目で彼女に恋をし、彼女もノアに強く引かれるのだった・・・

きみが読む物語・HP

~~~~~~~~

ノアの一途な『愛』の物語だよね。
当時のアメリカの貧富の差ゆえの悲恋と、2人の青年の間で揺れ動くアリー。

この物語を普通に時系列で見せちゃったら、普通の映画になっただろうな。
この老カップル達の姿に挟まって若いノアとアリーが、よりいっそう青春の輝きを見せてくれる。
そして、若い二人の物語であるけれども、やっぱりこの老カップルが主役なのだ。
ラストに向けて、この老女アリーとデュークに気持ちが入ってしまうね。

~~~~~~~~~~

きみよむ


ネタバレありですが・・・





ノアとアリーの、出会いと若者らしいひと夏の恋。
これは初々しくて、またアリーが「元気はつらつ」でかわいかったね。
ノアの情熱的な遊園地での『付き合って』も面白かったしね。

再会するノアとアリー。
やはり、白鳥の取り囲むボートシーンが印象的だ。
しかし、あの白鳥(アヒルじゃないよね?)の数はものすごかった。
ボートが身動きできないかもと思った。
そうなったら、ヒッチコックの『鳥』になっちゃう・・・・
しかし、美しいシーンでもあった。
ノアにとってアリーは、白鳥のような存在なんだろうな~。
普通渡り鳥である白鳥だが、この湖の白鳥たちは渡らないのだ。

アリーの婚約者ロン。
彼も魅力的な青年だ。
彼が戦場で負傷し包帯でぐるぐる巻きされながらも、アリーをデートに誘うあたり、ノアの遊園地での『付き合って』コールに負けないくらいいい感じだった。
だからこそ、アリーは迷うわけなんでしょうね~~。
初恋のノアとの生活か、婚約したロンとの生活か。
う~~ん、贅沢だな~~(笑)
もちろんどうなるってわかっちゃうわけだけど、それでも一緒に悩んでみるわけだよね。

ちなみに、私は天邪鬼ですから(笑)「ロンにしたらどうよ」と思ってました。
ノアの一途さは、女性として嬉しい反面、このままの性格で生活を共にしたら、結構しんどいのではないかと思ったわけ。
あくまでもこの若いノアを見ての話だけど。
もちろん、それは杞憂だったのでしょうね・・・

~~~~~~~~~~

そしてノアは、自分のためにラストも願いをかなえる。
このラストはちょっと、おとぎ話的ではあった。

しかしこの年取った2人が、『愛を取り戻す』というのは、こうなったら本当にいいのにと思う。

認知症、これはやはり辛い物だと思う、本人も残される方も。
こういうラストを迎えられたらどんなにいいか・・・
こんなストレートで一途な二人の思い出があっても、運命とは残酷な物だ。
奇跡でもいいから・・・と思うだろうな・・・

ストレートなラブストーリーの影の、現実を見せてくれる。

でもラブストーリーとして、こういう映画いいなと泣いたのだった。
~~~~~~~~~~

風景の美しさ、それからノアが執念を傾けて改造した屋敷が素敵なんだよね。

ノア役ライアン・ゴズリングは、『16歳の合衆国』『完全犯罪クラブ』と、このところ出ているけれども、私としては『16歳の合衆国』の彼が良かったかな。
結構古風な顔立ちなのか、ここでの役もぴったりしていたけどね~。

レイチェル・マクアダムスは、かわいいね。これから活躍するでしょうね。

ジーナ・ローランズは、貫禄があるね~~。この映画の監督は息子なんだね。
『アイリス』『ポーリー』『グロリア』・・・数々の映画に出て、まだまだ精力的に出演しているみたいなので、楽しみですね~。

ジョーン・アレンは、ここではアリーの母親役。
かなり印象的だったな~。










最終更新日  2005.03.28 23:12:19
コメント(11) | コメントを書く
[~2006年 映画・ロマンス] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.