1452643 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.03
2020.02
2020.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2006.02.07
XML
☆ミュンヘン☆(2005)
スティーヴン・スピルバーグ監督

エリック・バナ・・・・・・・・・・・・・アヴナー
ダニエル・クレイグ・・・・・・・・・・・スティーヴ(車両のスペシャリスト)
キアラン・ハインズ・・・・・・・・・・・カール(後処理専門)
マチュー・カソヴィッツ・・・・・・・・・ロバート(爆弾作り)
ハンス・ジシュラー・・・・・・・・・・・ハンス(文書偽造)
ジェフリー・ラッシュ・・・・・・・・・・エフライム(モサドの公式連絡口)
マイケル・ロンズデール・・・・・・・・・「パパ」(仏の裏社会の顔役)
マチュー・アルマリック・・・・・・・・・ルイ(「パパ」の息子)

ミュンヘン


ストーリー
1972年ミュンヘンオリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団≪黒い九月≫がイスラエルの選手を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲になった。
これをうけ、イスラエル政府はテロ首謀者と目される11人のパレスチナ人の暗殺を決定する。
モサドの精鋭5人による暗殺チームを秘密裏に組織しヨーロッパに送り込む。
チームのリーダーに抜擢されたアヴナーは、祖国と愛する家族の為4人の仲間とともに任務の遂行にあたる。

~~~~~~~~~

見てきました。164分です。
スピルバーグ監督は、サスペンスとしてもハラハラする映画に仕立てていました。

公式HPなど見ていますと、ドイツ当局の人質救出作戦の失敗により人質が死亡。
さらにドイツの裏取引もあり、捕まった犯人も解放されていたようですね。
この実行犯達はいわゆる≪殉教者≫と呼ばれる男達だったようです。
世界の注目をパレスチナに向け、イスラエルに捕らえられているパレスチナ人234名の開放を要求したのです。

イスラエル政府は、ドイツ政府に失望パレスチナに対して極秘裏に報復を決めるわけです。

~~~~~~~~~

この報復の為のチーム。
任務を与えられた当初、戸惑いもあるものの任務を遂行しようとする高揚感がありますよね。
自分達のしようとしている事の正当性を確信しているんです。
実際、見ているほうも「あれだけひどい事をされたら、黙っちゃいられないよね」と思っちゃうわけですよ。

ヨーロッパ各地で、一人ずつ暗殺していくのですがね、サスペンスですよね。
重ったるくないし、時に会話などユーモアのある場面も見られます。

この彼らが、どう変化していくのか。
映画でご覧くださいね。

さて、俳優さん達。
エリック・バナ、よかったですよ~。
ラストまで彼がどんな風になるのか、心配でしたけどね(役柄としてね)

スティーヴ役のダニエル・クレイグは、新しいジェームズ・ボンドに抜擢されたんですってね。

気になったのは、裏の顔役「パパ」ですよね。
アヴナーを息子のように歓迎してくれるんだけど、でも「残念ながら、本当の息子じゃない」って突っぱねたりしてね。
意味深な事をいう「パパ」です。

そして、「パパ」の息子ルイ(マチュー・アマルリック)
知らない俳優さんでしたけど、「パパ」との連絡役でもあり、情報屋でもあり調達屋でもあるという人物。
この手の顔は注目しちゃいます。

他、イヴァン・アタルが出ていたり、探すといろんな人が出ています。
一度では確認できないほどですけど・・




以下、映画の内容に関する感想もありますので注意してくださいね。





途中から長いなあと思ったんですが、実は。
しかし、それはアヴナー達の気持ちでもあるんじゃないでしょうか。

果たしてこの任務に終わりはあるのだろうか?
終ったとして今までどおりの生活ができるのだろうか?
安らぎの日々が待っているのだろうか?

イスラエルとパレスチナの問題、根が深いという事ぐらいしか知らないんですけどね、私。
この映画を見ていると、この二つの民族の争いには、やっぱり終りがないのかな?と思いましたよ。

「国」というもの、考えさせられましたね。
このアヴナー達に対するのが「パパ」と呼ばれる裏社会の顔役でしょうか。
「国」に対して信頼を持っていないですからね。

日本て幸せなんでしょうね。
国に対して、そこにある事が当たりまえと思っています。
なので、その結果「国に対してそんなに執着しなくていいんじゃない?」って思っているでしょう。
この祖国がない宙ぶらりんな気持ちというのは、なかなか本当のところは分からないんだと思いますね。

そして、暴力の応酬、報復の繰り返しは、果てしないものだというのも感じました。
この繰り返される悲劇の末に訪れるものはなんだろうか?

「アメリカン・ヒストリーX」を思い出しました。
そう、それから先日見た「シティ・オブ・ゴッド」でも、父親を殺された子供が報復していました。
お互いに死に絶えるまでやり続けるというんだろうか・・・・ってちょっと考えちゃいましたね。

サスペンスとして見せながら問題提起もされた映画でした。
スピルバーグってすごいね~。









最終更新日  2006.02.07 20:04:30
コメント(27) | コメントを書く
[~2006年 映画・サスペンス・ミステリー] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.