1405980 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.08
2019.07

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2006.05.19
XML
いつか見ようと思っていた映画、おもしろかったですよ、やっぱり。
彼のための役を貰ったポール・ベタニーが一番見所かも。
『ダ・ヴィンチコード』のポールはどんな感じになっているのか、楽しみですよね♪

そうそう、ヒース・レジャーがこの映画の主役ですが、彼の新作が6月から公開されます。
2005年はヒースはけっこういろんな映画で活躍していたんですね。
『ブロークンバック・マウンテン』をはじめとして、『ブラザー・グリム』、『ロードオブ・ドッグタウン』そして、今度日本で公開される『カサノバ』

カサノバですよ~~!
宮廷で130人の愛人がいたという愛に生きた男。
それをヒースがやるんですよ~~、どんなもんでしょ?

カサノバ

公式HPはこちら→カサノバ

ヒースに色気が出せるか、そこが見所ですよね~~。

さて、本題

☆ROCK YOU!☆(2001)
ブライアン・ヘルゲランド監督

ヒース・レジャー・・・・・・・・・・ウィリアム
マーク・アディ・・・・・・・・・・・ローランド
アラン・テュディック・・・・・・・・ワット
ルーファス・シーウェル・・・・・・・アダマー伯爵
シャニン・ソサモン・・・・・・・・・ジョスリン
ポール・ベタニー・・・・・・・・・・ポール・ベタニー
ローラ・フレイザー・・・・・・・・・ケイト

ロック・ユー! アルティメット・コレクション

ストーリー
14世紀のヨーロッパ。そこでは騎士たちが己の技量を競い合い、美しい貴婦人達の愛をかけて戦う"トーナメント"が一大イベントとして高い人気を得ていた。ある日、平民のウィリアムは2人の仲間・ローランドとワットと共に、トーナメントに出場するエクター卿に従者として随行していた。ところが卿はトーナメントの直前に息を引き取ってしまう。平民はトーナメントに出場できない事を知りながら、ウィリアムは卿に成りすまして出場し、見事に優勝してしまう。幼い頃から騎士に憧れていたウィリアムはトーナメントへの再出場を決意し、仲間の協力を得て特訓を重ね、大会が行われるルーアンに向かった。そんな彼の前に立ちはだかったのはチャンピオン、アダマー伯爵。憧れの女性・ジョスリンとの恋、そして戦いの行方は…。

~~~~~~~~~~~

中世のヨーロッパって、じつのところすごく地味。
だって石造りの城に、灯りも薄暗いし、人々の様相も肉食人種って感じで(失礼(笑))
服装も地味だしね~。

という、この中世の雰囲気がとっても出ているよね。
総てセットでチェコで作られたというのも面白い。

その中で、ジョスリンの服装が遊び心があるよね。
ああいう服装は当時なかったろうけど、そこはそれ良いんだよね。

もちろん、バックに流れるロックが、この映画の最も楽しい所だ。
出だしの「ウィー・ウィル・ロック・ユー」(クイーン)は、CMでも使われたように、出だしにふさわしい。
ワクワクさせられる♪

私はそんなにわかる曲が少ない方だと思う。
それでもね、言わせて貰うとD・ボウイの「ゴールデン・イヤーズ」をダンス曲にしちゃうって感覚が面白いわ~。
ラストもクイーンで締めくくってくれて、嬉しくなっちゃうね。
「ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ」(ロビー・ウィリアムス+クィーン)
あ~、楽しかった♪とラストを迎える事ができる。

~~~~~~~~~

「人は運命を変えられる」というのがテーマで、青春だしアクションだ。
友情あり、ロマンスあり。
「女ってもんは・・・」というセリフも、面白い(笑)

馬上やり試合、やはり、見所はこれだよね。
実際に試合をして撮られただけあって、迫力ある。
あれは、かなり撮るのも大変だったろうなあと思う。
詳しくは、メイキングもDVDに収められているので見ると楽しい。

~~~~~~~~~~

ヒース・レジャー、「ブラザー・グリム」で見ましたぞ。
しかし、古典的な顔してると思うのよ。
この「ロック・ユー!」では時々、なかなかいい顔するなと思うけど、全編通しちゃうとそれほどでもない・・あんまり印象に残らないというかね。

「パトリオット」で、メル・ギブソンの息子役なんだね。
そのときは初々しくてなんだかよさげなんだけどね~。

残念ながら、「ブロークバック・マウンテン」はこちらで上映されないので見てないんだけど、どんな感じだったのかしらね。

そして、「カサノバ」だ。
この割と普通の彼が、カサノバをどう演じるのか興味があるなあ。

話が飛んでしまうが「ブロークバック・マウンテン」で共演したミシェル・ウィリアムズ「ランド・オブ・プレンティ」と交際して、いまや一児のパパですね。
今一番ノッているのでしょうね。

そして途中からヒース達の仲間に加わる紋章官役のポール・ベタニー。
やっぱり、かっこいいしね~。
いきいきと、楽しそうだし、彼にピッタリの役だと思うし。
どうしても、このポールに目を奪われちゃうね。
こういう役も、いいなあと思った。

「ビューティフル・マインド」での役も印象深かったし、「ドッグヴィル」でもなんともいえない役だった。
とにかく、路線は何となく見えるけど、これといって決め付けず、面白い役を演じていると思うな。
最近見たのは、もちろん「ファイヤー・ウォール」ですよ。

「ロック・ユー!」娯楽作品として面白いので、未見の方はごらんくださいね~。


*************

ロビー・ウィリアムス/インテンシヴ・ケア スペシャル・エディション(DVD付) ロビー・ウィリアムス(2005・12・14発売)

クイーン/ロック・レジェンド~Queen2 クイーン/ロック・レジェンド~Queen2






最終更新日  2006.05.19 21:44:40
コメント(6) | コメントを書く

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.