1431568 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
敬老の日/内祝い/法事/お供え/引き出物/仏事生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】
500円&350円&150円OFFクーポン祭!! エルメス モンスーンの庭 EDT SP 50ml エルメス ユニセックス フレグランス HERMES【エルメス 香水】モンスーンの庭 EDT SP 50ml 【エルメス】 HERMES【送料無料】 【あす楽対応】
年末特別企画SALE開催! ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン レディース フレグランス【年末限定クーポンあり!】ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン LANVIN 【あす楽対応】 香水 レディース フレグランス
ナイルの庭15ml エルメス  【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】香水 フレグランスナイルの庭[HERMES] EDT オードトワレスプレー15ml[エルメス]【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】【5250円以上送料無料】【楽天最安値に挑戦】【楽ギフ_包装選択】【RCP】香水
2006.05.20
XML
あんまり知識を得る前に見てきちゃおうと思ってみてきました。

原作は今は上・中・下の文庫本も出ているけれど、私は最初に出た単行本の上巻のみ読んでありました。
中途半端かな~と思ったんだけど、ここまで来たら映画見るまで、下巻は読まないでおこうと思ったわけです。

しかし・・・カンヌで上映されてから、新聞TVでこの映画の話が出て来て、否応なく目と耳に入ってきちゃう。

評判は、キリスト教の国々では賛否両論なのは、キリスト教の問題なのでさもありなんと思ったのですが、この謎に関してあんまり耳にはいっちゃうとつまらなくないかな~。
私にとって「謎って何?」っていう楽しみは、なくなっちゃったものね。
せっかく原作読んでなかったのにね~(笑)

しかし、原作を読んだ方々がこれだけ多いという事は、原作を読んでダヴィンチの示した暗号・謎に関してはもう「謎」じゃなくなっちゃったわけですね。

作者の主張するダヴィンチが示したイエスとマグダラの関係や聖杯の謎を見るのではなく、どうやって主役のふたりが謎解きしていくのかという事なんですよね。

そして、謎解きを阻止しようとする人たちが絡んできてサスペンスとして楽しめるわけです。


☆ダ・ヴィンチ・コード☆(2006)
ロン・ハワード監督
ダン・ブラウン原作

トム・ハンクス・・・・・・・・・・・・・・ ロバート・ラングドン
オドレイ・トトゥ・・・・・・・・・・・・・ ソフィー・ヌヴー
イアン・マッケラン・・・・・・・・・・・・ リー・ティービング
アルフレッド・モリナ・・・・・・・・・・・ アリンガローザ司教
ジャン・レノ・・・・・・・・・・・・・・・ ベズ・ファーシュ
ポール・ベタニー・・・・・・・・・・・・・ シラス
ャン=ピエール・マリエール・・・・・・・・ ジャック・ソニエール


ストーリー
 ある日、ルーヴル美術館で館長のジャック・ソニエールが殺害される事件が起こる。遺体は奇妙な体勢で横たわり、周囲には不可解な暗号らしきものが記されていた。フランス司法警察のファーシュ警部は、講演のためパリに滞在していたハーバード大学教授ロバート・ラングドンに協力を依頼、事件現場に呼び出す。宗教象徴学の権威であるラングドンはさっそく暗号の解読を始めるが、この時警部はラングドン自身をこそ疑っていた。そこへ、暗号解読官ソフィー・ヌヴーが現われる。ラングドンと共に残りの暗号解読に乗り出したソフィーは、すぐにラングドンの無実を確信する。そして同時に、事件解決には彼の力が不可欠なことを悟った彼女は、突然、ある驚きの行動に出るのだった…。

公式HP

~~~~~~~~~~~

上巻を読んだだけだけど、小説にそって作られているなという感じ。
そして、適度に削られていると思った。
私としては、これくらいすっきりさせて、ちょうど良かったかもと思った。
あれこれ詰め込むとわかりずらくなるし、あれ以上上映時間を長くすると飽きてくるしね^^)
ちなみに上映時間は150分。

ミステリー(謎解き)としては、割とあれよあれよという感じだったかな~。
私はもっとソフィーが謎解きに絡むと思ったら、殆どラングドンだった。
そしてもっと間違えたりして、四苦八苦して真実にたどり着くというのがあると面白かったんだけどね~(笑)
とはいえ、この限られた時間では仕方ないか。

ふたりを追跡する警察や、聖杯を壊そうとしているシラス、シラスに指令を出しているアリンガローザ、ラングドンが謎解きの助けを求める宗教史学者リー、登場人物がそれほど多くない。
彼らがふたりにどう絡んでくるのか、味方が誰で、敵が誰?
二転三転するのは、なかなか面白いよ。

キリスト教の総本山などが不快感を示す謎に関しては「それもありでしょ」よね。
そして、それを味付けした映画のオチは「なるほど~」ってところかな。
そんなに意外でもなく、わかりやすいね。

大作といわれるのは、ルーブル美術館やいろんな(私など、この先見る事もないかもしれない)礼拝堂等が舞台になっているという点なのかも。
そうそう、ルーブルのガラスのピラミッドも綺麗だった。

サスペンスとしては、可もなく不可もなしかな^^)

~~~~~~~~~~~

ただし、やはりルーブルをはじめとしたパリ、ロンドンの観光をさせてもらったというのは、楽しい。
ちょっと駆け足なんで残念だけど。

そして、3Dを使っての「最後の晩餐」の謎などは、わかりやすくていいよね。(これ、TVでも同じようにやっていたけど)

さて、トム・ハンクス。
そうね~、特別彼でなくてもいいとも思ったけどね。
かといって、誰?といわれても困るけど。

オドレイ・トトゥは、大人の雰囲気。
雰囲気も変わってきたのかな。
不思議少女の印象はなかった。
私は、こんな感じの彼女は好きだな。

この映画の中でやっぱり気になるポール・ベタニー。
おお~、「ロック・ユー!」でも彼はスッポンポンだったが・・・ここでも(笑)
5年経っても、相変わらず肉体衰えず。(「ロック・ユー!」は2001年の映画)
そして「痛そう~~!」
なんだかかわいそうだったね、彼の一途な所が。

そして、リー・ティービング役のイアン・マッケラン。
いいね~^^)

ジャン・レノはもっと出番があるのかと思ったんだけど(原作ではどうかわからないが)それほどでもなかった。

ルーブルがにぎわっているらしいけど、その気持ちわかる。
行ってじっくり、絵画を見てみたいものね~。





















最終更新日  2006.05.21 21:12:40
コメント(31) | コメントを書く
[~2006年 映画・サスペンス・ミステリー] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.