1372920 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2006.10.16
XML
以前書いたものを移しています

☆アナライズ・ミー☆




ニューヨークで強大な力を誇るマフィアのボス、ポール(ロバート・デ・ニーロ)。彼は最近、原因不明の息が苦しくなるストレス性発作に悩まされる。立場上、一刻も早く治したい彼は、やむなく精神科医のベン(ビリー・クリスタル)のもとを訪れる。ありがたくない患者にとまどう気弱なベン。しかし、いつしか二人の間には友情めいたものが芽生え始めていく……。

ライン葉っぱ

いや~。笑った!!

面白かった。

確かに・・・マフィアだって人の子だ、ストレスもたまれば、疲労も重なる。
そして、精神科医だって人の子だ、患者に言いたい事も言えずに我慢しているかもしれないね。

デニーロは、落ち込むとわけもなく泣き出してとまらなくなる。
しかも、すぐに夜昼かまわず、精神科医のベンを連れて来いというわけだ。

ベンは、二度目の結婚式を挙げる事になっている。
(ベンの息子がこれがまたこましゃっくれていて、笑える。)
そのマイアミにまでNYから追いかけてくる。

FBIはマフィアのボスのポールの周りに新たに現れたベンを利用してマフィアの情報を得ようとする。

ベンはポールとの会話で、彼の精神的ストレスの原因を探し当てる。
「自分の父親が、目の前で殺された」という事なのだった。
父親もマフィアだったので、その抗争だったのだが。
ウエィターに化けた一人に撃たれた。
ポールは、そのウエィターが怪しいと感じていたが、父親に話さなかった。
「父親を見殺しにしたのは俺だ!」
・・・・・そうなんだ、「助けられたのに!」という思いが根っこにあった。
ベンは、
「君がウェイターの事を話してもやっぱり殺されたのだよ。」
「君のせいじゃない」
この会話の間ポールは泣き崩れて、さらに他のマフィアから撃たれまくっているのだが、すっかりポールは腑抜けて泣いてるばかり!
仕方なくベンがめくらめっぽう撃ちまくる。
ここらへんも笑えちゃう。

でもね、この原因を突き詰める所って、重要だね。
子供でなくても、「自分のせい?」と思うことがあるはず。
知らぬまにそれが心の奥底に沈んで、きしんでる事が多いかもしれない。
こうして、自分の心の中で、絡みあっていたものを解きほぐしてあげるってのが、とっても重要なんだと思う。

マフィアのボス達が集まって会合を開くと言うのに、ポールがまた発作におそわれる。
部下が、ベンに会議に出席するように連れていっちゃうのだが、ここでのベンがボス達を前に弁舌を振るうのだが、そこらへんの豹変振りも面白かった。

デニーロが、違う顔を見せてくれっるのがいいとおもう。
で、デニーロの手下役、ジョー・ヴィテレッリだと思うのだけど、彼はいいね。

ああ~、面白かった♪と言う映画でした。






最終更新日  2006.10.27 22:28:17
コメント(2) | コメントを書く
[~2006年 映画・コメディ] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:アナライズ・ミー・・・R・デニーロ(10/16)   kohoku さん
ちょっと覗いてない間にデ・ニーロがいたぞぉ。うふふっ。
だいぶ前にこれは見たんだけど、でも記事読んで徐々に思い出してきましたよ。「泣きっぱなしのポール~仕方なくベンがめくらめっぽう撃ちまくる」ところなんか今映像が頭に蘇ってきて悲しいやら可笑しいやら。
「~ベンがボス達を前に弁舌を振る」場面も同じくなんだか面白かったね。くくっ。

ポールとベンの掛け合い・関係の変化が絶妙だったと私は思ったですよ。そうそう、忘れちゃいけないジョー・ヴィテレッリも大きい図体してちょこっちょこっとおもろかったね。でも、可笑しいだけではなく、ほのぼのともしウルッともくる作品だったように思うのですが...どうでしょ。 (2006.11.30 17:36:58)

Re[1]:アナライズ・ミー・・kohokuさん   ぷちてん525 さん
kohokuさんはデニーロのファンですか^^)
いいですよね~渋くて♪
そんな彼が見せる、コメディの顔ってこれがまたいいんですよね。
この続編の「アナライズ・ユー」ももちろん見たんですけど、やはり一作目の「ミー」の方がインパクトありましたよね。
渋いデニーロの情けない泣き顔がかわいい(笑)
そうそう、ほのぼの&ウルッとしたりでしたね。
面白い映画でした~♪

(2006.12.01 21:06:43)

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.