1394503 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2006.12.02
XML
やっぱり、気になるNEWボンド
というわけで、見てまいりました。
144分という上映時間なんで映画を見る前には、トイレに行っておこうね^^)

☆007 カジノ・ロワイヤル☆(2006)
マーティン・キャンベル監督

ダニエル・グレイグ・・・・・・・・・・・・ジェームズ・ボンド
エヴァ・グリーン・・・・・・・・・・・・・ヴェスパー・リンド
マッツ・ミケルセン・・・・・・・・・・・・ル・シッフル
ジュディ・デンチ・・・・・・・・・・・・・M

ストーリー
6代目ジェームズ・ボンド、シリーズ第21作目。
ジェームズ・ボンドが「00」となっての最初の任務。
世界中のテロリストを資金面で支える男、ル・シッフルの資金を絶つこと。
ル・シッフルがモンテネグロの「カジノ・ロワイヤル」で大勝負に出る事を知り、ボンドはモンテネグロに向かう。
そのボンドのもとに、Mは資金調達係としてヴェスパー・リンドを送り込む。

~~~~~~~~~~~

ボンドシリーズにそれほど興味が無い人でも大丈夫♪
むしろ知らない方が楽しめるのかな??
という私も、ほとんどボンドシリーズの初心者なもので。
少々144分に長さを感じる所もあったけれども、うまいアクションシーンのバランスで楽しく見ることができた。


ボンド・ファンにとっては、このボンドシリーズに何を期待するかで見方が違ってくるかもしれない。
私は、今回のダルトン・ボンドで、またふたたび新たなボンド像ができたんじゃないかと思って見ていた。
これから成長していくんでしょうね^^)

ちょっと野性的で無骨な感じのボンドが、原作での「洗練された紳士」像にどんな風に近づいていくのか興味深い。
原作に近づく方向に行くのかは、この先わからないけど。
しかし、この無骨などちらかといえば今までのボンドよりも「口がうまくない(笑)」ボンドが、女心をくすぐるとも思うのだけどねえ^^)

そうそう、パンフに書いてあったんだけどショーン・コネリーに、当初はイアン・フレミングは「荒削りで野暮」と起用に難色を示したんですってね。
それがあんなにヒットしたんだものねえ~~。
どうなるか、わからないよね。

~~~~~~~~~~~

冒頭白黒場面も、なかなかかっこよかった。
まだ「00」になる前のボンドなんだよね。

次には建設現場でのアクション!
これはすごいねえ~~、超人的な肉体だよね。

ボンドもすごいけど、逃げる爆弾犯もすごかった!!

そしてメインはカジノ。
ポーカーのシーン、できればポーカーについて知っていたほうがより楽しめるんだろうね。
でも、ゲームを知らずとも「相手を読む」という心理戦としての緊迫感は感じることができる。
ここでは、敵役のル・シッフルがよかったよ~。
彼はデンマークの俳優さん。
ちょっと、フレディ・マーキュリーにも似ているところがあるのよね^^)
アゴの線や、唇などね~。

そう、あの後の「拷問」シーンは、あれはどうかなあ??
自白剤というものもあるんじゃないか?
あそこで、てらてらした顔のル・シッフルは、気持ちワルってかんじだね~。

小休止が入って、ラストのアクションもすごかった。
建物崩壊」は見所かも。

こういうアクションものは、ボンドが何度となく窮地に立たされるでしょ。
でも、主人公は必ず勝つのだ!という安心感もある。
だから、ボンド映画は見る者にハラハラさせずらいのかもね。
ただただ、アクションを楽しむのだ。
また、それだからいいんだよね♪

~~~~~~~~~~

実は、ボンドシリーズはあんまり知らないのだ。
私の記憶するボンドのイメージは、洒脱なしゃべりとかすぐに女にちょっかいを出すとか、軽快さと渋さを合わせたボンドって感じ。
たぶん、ショーン・コネリーやロジャー・ムーアのボンドのイメージなのかな?

以下パンフレットからのそれぞれのボンドの特徴紹介。

ショーン・コネリー(1~5・7)
強烈なセックスアピールとスマートな身のこなし。
原作のボンド像のイメージを喰うほどのインパクトの強さを見せ付けた。



ジョージ・レイゼンビー(6)
原作に忠実なつくりの作品ゆえ、このボンドも己の知力と肉体だけで立ち向かっていくボンド像になった。




ロジャー・ムーア(8~14)
貴公子的で洗練された雰囲気で、初代ボンドとは異なる甘い魅力。
ムーア時代のシリーズは、秘密兵器とアクションを大掛かりにした「スペクタクル・アドベンチャー」の魅力。



ティモシー・ダルトン(15・16)
大人のスパイアクション路線に立ち返ったダルトンのボンド。



ピアーズ・ブロズナン(17~20)
冷戦後のボンド像の確立。
コネリーの渋みとムーアの軽快さをバランスよく体現していた。
アクションのキレのよさは歴代随一。




**************

迷惑TBが来る為、TB拒否の時間帯があります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。






最終更新日  2006.12.02 21:12:33
コメント(8) | コメントを書く
[~2006年 映画 アクション] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.