1372811 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.08
2019.07
2019.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2007.01.07
XML
このDVDは年末に見たものです。
ロシアの映画です。

☆ククーシュカ ラップランドの妖精☆(2002)
アレクサンドル・ロゴシュキン監督




ストーリー
祖国の領土回復のためドイツと同盟したフィンランドは、最北の地ラップランドでロシア軍と激しい戦闘を繰り広げていた。平和主義者だったため同僚の怒りをかった狙撃兵ヴェイッコは、戦場に置き去りにされてしまう。命からがら逃げ出したヴェイッコは、地元の女アンニの家にたどり着く。そこには重傷を負ったロシア兵、イワンがアンニの看病を受けていた。その日から、アンニにかくまってもらうことにしたヴェイッコ、そして敵兵のイワン、三人の奇妙な共同生活が始まった…。

~~~~~~~~~~~~~~~

言葉が通じない三人が、共同生活。
なかなか面白かったですね~。

何を言っているのかわからないだろうという事もあって、お互い本音を言っているんですよね。
サーミ人のアンニは、夫が戦争に行ってから4年もご無沙汰で突然現れた男にすっかり欲情しちゃうんだよね^^)
彼女の好みは若いフィンランド人のヴェイッコ。
彼の顔を見ては、誘いをかけたりするんだけどね。
もちろん相手には何を言っているのかわからない(笑)

意外にも彼女の雰囲気からヴェイッコに気があるんだと気がつくのは、ロシア軍大尉イワン。
でも、もちろん教えてあげる気はないし言葉も通じない。
このアンニを巡ってはそんな感じ。

ヴェイッコはイワンと仲良くなりたいと思っている。
戦争はしたくないし、もう戦争も終りそうだと分かっているから。
でもイワンは敵視している。
何よりもいけないのは、ヴェイッコがドイツ軍の軍服を着ていること。

ヴェイッコは、反戦的態度が問題とされてロシア軍の標的になるようにドイツの軍服を着せられて岩に鎖で繋がれ放置されたのだ。
まあひどい話だ。
そこから何とか、自力で逃げ出すのだけれども。

~~~~~~~~~~~~~~~~

「バベルの塔」というのは、天まで届く建物を作ろうとしていた人間を見て、神が言語が同じである事が原因であると考え、言葉をばらばらにしてしまったのでしょう。
その結果、人間は世界各地に散らばり言葉もばらばらになった。
言葉が通じないというのは、意思疎通ができないことだよね~~。

ここでももちろん、意思疎通ができないことから来る事件もおきる。
しかしまた、言葉がわからなくとも一緒に暮らすうちにわかってくる事があるのだ。

てんでバラバラの事をいいながらも、そして勝手な解釈をしながらも何となく会話が成り立ってしまいそうなところが面白い。
そして、ともに暮らすうちに分かり合える事も多いんだよね。

「トンマッコルへようこそ」も敵対する兵士が村で共存することなったのだけど、あちらはまだ言葉が通じるものね。

最初美人にも見えなかったアンニが、だんだんかわいく見えてくる(笑)
そして、イワン大尉が「くそくらえ」って名前で呼ばれるのは笑っちゃう。

そうそう、死後の世界って、どこの国でも同じかなあ。
まるで賽の河原のような所から、少年(天使?)に導かれ死者の国へと行くのだ。
もちろんそのまま死者の国へ行くものもいれば、呼び戻されてこの世に舞い戻るものもいるのだろう。

ラストのエピソードは、たくましいのはやっぱり女だと思うのだった^^)













最終更新日  2007.01.07 20:42:09
コメント(9) | コメントを書く
[~2006年 映画・コメディ] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


面白そう   J.T. さん
面白そうな作品ですね。
なかなかロシア映画を見る機会はないのですが、観てみたくなりました。
こういう設定の作品は意外と好きなんですよ。
ぷちてんさんのラストエピソードのレビューの内容からすると、ちょっと意外な展開なのかも知れませんが…。
モスクワ国際映画祭で賞を総なめしたらしいのもわかりましたのでチェックです!レビューありがとう。 (2007.01.07 23:09:54)

Re:・・J.T.さん   ぷちてん525 さん
ロシア映画って最近では「ナイトウォッチ」見ました^^)
マトリックスを意識したような、作りこみが見られる映画ですが、わかりずらくやりすぎって感じでした~(笑)

そういうアクション系も、この映画のようなドラマも作られているのですね。
しっかりしたいい俳優さん達で、良かったですし、お薦めします^^)

ラストは、たくましい女とも言えるしこれでそれぞれの血が繋がった(という事はあれですよ(笑))という事でもあります。
言葉は違っても人間に変わりはありません。
やっぱり同じ感情を持っているのだと見せてくれる映画でした。

モスクワ映画祭で賞を総なめしたのですか?
なるほど、それもわかります^^)


(2007.01.08 13:00:29)

Re:ククーシュカ ラップランドの妖精(01/07)   sunny16 さん
この映画ストーリー読んでオモシロそうだったから見たかったんですよ~
やっぱりなかなか良さそうですよね。
もうDVD出てるんだったら借りてみなくちゃ!

(2007.01.08 22:28:19)

Re:ククーシュカ ラップランドの妖精(01/07)   gacha-danjhon さん
今年もよろしくお願いします!

年明けから 興味深そうな作品ごらんになってますね!
今年も映画に 燃える(笑)日々になりそうですね。
わたしも、こちらで情報頂いて、良い映画に出会いたいです~。
最近、本ネタのほうが多くなってますんで~・
またよろしくお願いしま~す! (2007.01.09 09:34:03)

Re[1]:ククーシュカ ・・・sunny16さん   ぷちてん525 さん
ファンタジーという感じでもありました。
でも、かなり人間くさい(笑)
この会話のすれ違いが面白くて^^)

楽しめると思います~~。
(2007.01.09 23:41:06)

Re[1]:ククーシュカ ・・・gacha-danjhonさん   ぷちてん525 さん
>今年もよろしくお願いします!

こちらこそ、よろしくお願いします。
なかなか、小粒ながらも面白かったですよ。

私は、がちゃさんのピックアップする小説に興味津々^^)

でもなかなか読めないんですよね~~。
とはいえ、ご紹介の小説楽しみにしていますので、今年もよろしくお願いします。
あ、もちろん映画もね^^)
(2007.01.09 23:43:24)

Re:ククーシュカ ラップランドの妖精(01/07)   ベティ333 さん
子供のファンタジーものだと思っていました。
ぷちてんさんのレビューを読んだらこれもおもしろそうです!
ロシア映画ってまだ観たことないのでこれを観てみようかな? (2007.01.10 01:02:47)

Re[1]:ククーシュカ ・・ベティ333さん   ぷちてん525 さん

>子供のファンタジーものだと思っていました。

そうそう『ククーシュカ』ですもんね。
なんか人形劇っぽい題名^^)

>ぷちてんさんのレビューを読んだらこれもおもしろそうです!
>ロシア映画ってまだ観たことないのでこれを観てみようかな?

なかなか大人のお話でしたよ。
ロシアからの映画、時々面白いものに当たります。
『父、帰る』もロシア映画だったし。
こちらもお薦めします~~。少年が主人公です。
(2007.01.10 22:20:47)

やっと見ました。   J.T. さん
今頃コメントで失礼します。
ぷちてんさんの所の記事を見て、見たいと思っていた作品でした(1月7日の私のコメントにも”観てみたくなりました”って書いてありますね 笑)
とっても不思議な映画でしたが、印象深かったので忘れる事はないと思います。
ラップランドの妖精となってますが、妖精どころか、しっかりと大自然に中で生きているチャーミングな女性でした~
(2007.08.15 01:09:32)

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.