1453304 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.03
2020.02
2020.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2007.06.16
XML
☆舞妓 Haaaan!!!☆(2007)
水田伸生監督

宮藤官九郎脚本

阿部サダヲ・・・・・・・・・・・・・・・・鬼塚公彦
堤真一・・・・・・・・・・・・・・・・・・・内藤貴一郎
柴咲コウ・・・・・・・・・・・・・・・・・大沢富士子(駒富士)
小出早織・・・・・・・・・・・・・・・・・駒子




ストーリー
鈴屋食品の東京本社に勤務する平凡なサラリーマン、鬼塚公彦。彼は高校時代に修学旅行先の京都で舞妓に出会って以来、熱狂的な舞妓ファンとなり、いつかは“舞妓はんとの野球拳”という究極の夢を抱いていた。まだ“お茶屋”で舞妓と遊んだことがない公彦だったが、念願の京都支社への転勤が決まり、同僚OLの彼女、大沢富士子をあっさりと捨てて京都入り。はじめは“一見さんお断り”の壁に跳ね返されるものの、お茶屋の常連だった社長から“仕事で結果を出せば連れて行ってやる”と言われ、しゃかりきに働き、ついにお茶屋デビューを果たす。そして公彦は、いよいよ念願だった舞妓との野球拳を実現しようとするのだが…。

舞妓

見て来ました^^)
どたばたコメディ♪

デートにも最適ということで、若い人から年配まで客席が埋まっていました。
そして、あちこちから笑い声が。

面白かったです~。
サービス満点、てんこ盛り。

笑えますし、阿部サダヲってうまいなあ、面白いなあと思いましたもん。
個性派俳優阿部サダヲの映画初主演として、面白い映画になっていると思います^^)

つかみはOKでしたね~。
最初の鬼塚(阿部サダヲ)が持っているサイトでの、内藤(堤真一)とのやり取りは笑えます。
『電車男』みたいね^^)

そして、さえないOLの柴崎コウも面白いんですよ。
舞妓はんを追いかけるカメラ小僧たちも笑えます~♪

念願の京都にやってきて何とかお座敷に上がろうとするんだけど、そこに立ちはだかるのが『一見さんお断り』のお茶屋のルール。
厳しいっす。

でも何とかお座敷デビュー。
お座敷デビューしたらハッピーハッピーかと思いきや、自分のサイトを荒らしていたのが内藤とわかりめらめらとライバル心を燃やす鬼塚。
ここからどたばたに拍車がかかりますねえ。


ただ、ここら辺からがだらだらなんですよ。
正直見ているほうも疲れてきます。
長いなあ・・・・

隣の席からもため息が聞こえてきました(笑)
私も思わず、ため息・・・^^)

出だしの面白さが持続しないんですね。
もう少しぎゅっと絞り込めそうな感じなんですけどね。
いろいろ話を盛り込んでいるのですが、まとまりがつかないという感じ。

一度だけミュージカルになるのか!?と驚いた歌と踊りのシーンがありました。
そのシーンだけ別物のようで、正直急にテンションが下がりました。

ラストのほうで舞妓はんたちと舞台で踊る鬼塚と内藤は・・・どうでしょう?
それほど、面白くなかったです^^;)

しかし、第二の鬼塚として山田孝之が出てきたのは笑っちゃいましたけどね(笑)


さて、エンドロール後に「植木等さんのご冥福をお祈りします」と出ました。
やっぱり植木等さんが出たシーンはちょっとなんですけど、しゃれているんですよね。
もう少し活躍してほしかったですね・・・ご冥福をお祈りします。

ほかに置屋の女将の吉行和子、お茶屋の女将真矢みき、社長の伊藤四朗、大倉孝二(やっぱり大倉さん面白いです~)、生瀬勝久、北村一輝(不気味さが光っていました(笑))など・・・・脇がしっかりとしていました。

少々尻つぼみ的な感がありますし、もう少し短くできそうな内容なんですけど、阿部サダヲの個性でラストまで突っ走っているコメディでした♪

長さを我慢できたら、笑いどころも満載で楽しい映画です♪













最終更新日  2007.06.19 17:42:05
コメント(6) | コメントを書く
[2007~映画・コメディ] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.