1452998 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.03
2020.02
2020.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2007.07.15
XML
先行上映がこの3日間。
この映画を見終わるとしばらく映画館に行くこともないかなと思うんですけどね~。
というのも、夏休みのお子様向けが上映され始めているので。

でも、まだ混雑しないと思っていたら映画館はお子様連れで大賑わい。

久しぶりにチケット売り場で行列ができていてびっくり!!

さすが、ポケモンと西遊記とハリポタですね~~。

しかし、考えてみたら「トランスポーター」「オーシャンズ13」が8月の初めにありますよね。
やっぱり、それは見ておかなくちゃね~~^^)

☆ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団☆(2007)
デヴィッド・イェーツ監督

ハリポタシリーズ第5弾

ハリポタ

前回の第4作のあとに、小説のほうもきちんと読破しておりました^^)
とはいえ細かいところはもう忘れてしまったけど(笑)
それくらいがちょうど良いかもしれない、なんて思ったりして。
あんまり詳しく知っていると小説と比べたくなるものね。
2時間18分に何とか収めたという感じです。

というかね、これは最終章に向けての序章なんですもんね。
だから、筋を追いかけていく形が今までよりも顕著だったように思うのです。
あんまり大きく目立ったことがなく、割と地味目。
やっぱりラストに向けての序の部分だと感じるわけです。

アクションはあります。
しかし、魔法のアクションというのは意外と動きがないんですね。
ダンブルドアとヴォルデモートとの一騎打ちは、見所だと思っていたんだけどそれもそれほどには写らないしね。
ハリーにとって悲しい場面、山場かと思ったけどそれもやっぱりあっさりだったかな~。
その悲しい気持ちを次の章に引き継いでいくのでしょうが。

ああ、しかしロンの双子の兄たちの仕掛けたいたずらは、派手で楽しかったですね~♪
今回大いに活躍しましたね^^)

もうひとつ、ハリーの念願の初キスですが^^)
ありゃ、とってつけたようですねえ(笑)
初々しいといえばそうですが、必要ないといえば必要ない。

ハグリットの弟、いかがなものか?

ヘレナ・ボナム=カーターは、少ない出番で存在感あり。かなりの強敵!!

マギー・スミスは好きな女優さんですが、すでにお年なのでこの先も元気でシリーズの最後までがんばってほしいなあ。

不思議少女ルーナ、かわいいです。原作ではもっと不思議少女でしたが・・・


ハリポタ

成長しました3人♪

一番顕著に感じたのが、どうしてもハーマイオニーですね。
やっぱり女の子は大人びるのが早い。
冒頭でハリーと並んだとき、彼女のほうがぐっと大人びたように見えて、この先が心配になりました(笑)
しかし、それ以後はハリーの成長もしっかりと感じましたけど。
ときどき最初の頃のハリーの顔が出て来るシーンがあるんですけど、あ~こんなかわいい子だったんだっけと感慨深く見ました^^)
外見だけでなく中身もしっかりとしてきましたよね。
物語の成長と共に成長しているなあと思いました。

そう、私が好きなのはロン君なんですけど、ハリーやハーマイオニーの陰に隠れてしまうのはストーリー上仕方ないですけどね。
もっと彼のコミカルさが出たらもっと良かったんだけどな~^^)

というわけで映画としては派手さがないけれども、これはシリーズものとしては仕方がないだろうと思うわけでした。

とにかく、ラストに向けてひたすらがんばるしかないのです。
そしてこの3人と他の主要メンバーでラストを迎えられるように願うばかりです。










最終更新日  2007.07.15 22:38:41
コメント(22) | コメントを書く
[2007~映画・SF・ファンタジー] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.