1453012 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.03
2020.02
2020.01

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2008.05.26
XML
カテゴリ:2008洋画
「フィクサー」のトム・ウィルキンソン。
この映画で、彼がけっこう活躍しましたっけ。
そういえばこの「孤独な嘘」もトム・ウィルキンソンでした。
日本未公開ですが~~。

4月に見たDVDなので記憶をたぐり寄せながら^^)

☆孤独な嘘☆(2005)【ドラマ】
ジュリアン・フェロウズ監督

トム・ウィルキンソン
エミリー・ワトソン

ストーリー
会社役員のジェームズとアンの夫婦は、忙しいロンドンでの生活に嫌気がさして、郊外に家を持つ上流階級者。あるとき、通いの家政婦の夫が何者かの車に轢かれ、そのまま帰らぬ人となる。近隣に住むビルが運転する車に引っかき傷を見つけたジェームズは、疑惑を持ち、ビルを問いただす。ビルは自分の過失を認めるが、それとともに、ジェームズはもっと衝撃的な事実を知ることになる……。




ジェームズとアンは年が離れているんだね。
ロンドンを離れて郊外に住んでいて、それは優雅だけどジェームズにとってはクリケット仲間もいるしさ、美しい妻もいるし満足だったのだ。
でも?妻のアンは実は刺激の少ない郊外での生活にちょっと飽きてきていたのかもしれない。
付き合っているのは、みな自分たちと同じようなリッチな方々で年が上みたい。

そこに、この土地のお金持ちのどら息子(といっていいかな)ビルが現れた。
彼の気ままな雰囲気に彼女は惹かれたのかもしれない。
ビルとアンが車に乗っているときにこの事故が起こったのだ。

衝撃の事実というのは、まあ書かないけど想像がつくでしょう?

その後の対処の仕方は、興味深い。

家政婦はかつて勤めていたお屋敷で盗みを働き、仕事がなかったところをアンに雇ってもらったという過去がある。
「人間は過ちを犯す。」彼女は言うのだ。

彼女の夫が事故でなくなり犯人の車を見たと彼女が主張するが、警察はなかなか彼女の言葉を取り上げてくれない。
昔の盗みのこともあるのかもしれない。
しかし、誰かが犯人をかばっていると考える彼女は
『沈黙も嘘のひとつですから』
と訴える。

過ちと嘘

そんな話と共に、このジェームズとアン夫婦の関係を見せている。
この事故がきっかけにどんなことが夫婦に起きたのか・・

~~~~~~~~~~~

最初、とにかくこのジェームズが気の毒で。
アンがとっても身勝手だと思ったのだ。
彼女は素直に自分の気持ちをジェームズに伝える。
つまり嘘はない。
ジェームズが傷つくことはわかっていても。
男と女、そういうこともあるだろう・・
でもやっぱり、ジェームズだけが傷ついているみたいで(T△T)
かわいそうにと思いつつ見てしまうのだ。

しかし、ラストになるとこのアンという女性をジェームズが妻という目で見なくなっているような気がする。
妻とか恋人とか・・う~んなんだろうか?そういった自分だけのものではないと感じているという風に見えた。
もっと『愛』というのは大きなものだと。
彼がそう素直に言えるというのがすごいと思う。
えらいなあ~~

なんだか、ラストで印象が変わる映画だったあ。
そういう意味で面白い映画だと思う。

『フィクサー』でよれよれした男を演じたトム・ウィルキンソンが、ばりっとしたスーツを着た重役だ。
言われなくてはあまりの違いに、彼だと気がつかないかもしれない。









最終更新日  2008.07.05 22:37:36
コメント(2) | コメントを書く


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.