1383395 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2008.11.15
XML
カテゴリ:2008邦画
この映画は9月から公開中です。

☆トウキョウソナタ☆(2008)
黒沢清監督

香川照之
小泉今日子
小柳友
井之脇海
役所広司

ストーリー
 佐々木家はトウキョウに暮らす一見ごく普通の4人家族。平凡なサラリーマンの父・竜平は、家長としての自負を持ち、家族のために懸命に働いてきた。ところが、ある日リストラであっさり会社をクビになってしまう。その事実を家族に伝えられず、毎朝スーツで家を出ては、公園などで時間をつぶす竜平。母・恵は、せっかくドーナツを作っても誰にも見向きもされないなど、やり場のない不満と虚無感を募らせる。一方子どもたちも、大学生の長男・貴は、突然アメリカ軍への入隊を志願し、小学生の次男・健二は家族に内緒でピアノ教室へ通い続けていた。すっかり家庭崩壊への道を突き進む佐々木家だったが…。

トウキョウソナタ

黒沢清監督の作品って、そういえば私は見たことが無いんだよね~~。
何となくホラーっぽいんでしたっけ?

今回は「それぞれに秘密を抱え、ばらばらになっていく家族」を見せているけど、ホラーっぽくないよね。
そういえば、今年は邦画で「家族」の映画をよく見るような気がするな。
「ぐるりのこと。」「転々」等々・・・

時々クスッと笑えるシーンも盛り込んで、この佐々木一家がどうなっていくのだろうかと見せている。

リストラされて家族に言えず、職安に並び公園での配給に並ぶ父親。
この父親の秘密がいつ家族にばれるのだろうか、どういう風にそれを見せるのかなって思いながら見ていた。

長男はそれほど存在感が無いんだけど、突然アメリカ軍に入隊すると言い出す。
まったく突然だ。
その入隊理由は少々腑に落ちないかな。
アメリカと日本の関係を思いつつ「日本の家族を守るため」という理由でアメリカ軍に入隊するかどうか?
確かにアメリカに依存している日本だけれども。

次男のエピソードはなかなか興味深かった。
特にまったく自分を信用しようとしない担任に、脱力する彼の様子など。
大人ってそんなもんかなあという彼のつぶやきが聞こえてきそう。
そして彼はこっそりピアノ教室に通い始める。
まあ、彼のピアノの資質については、監督がどういう思惑でそうなったかはよく分からないけどね。
ラストにつながるから、いいけどねえ~。

母親に関しては、彼女が何に不満を持っているのかはよく分からなかったな。
家族の中での虚無感とか不満の蓄積はあったかもしれないけど、彼女がそれを家族にぶつけることは今までなかったようだし。
役所広司の登場は、唐突だねえ~(笑)
役所さんをどうしても出したかったのかしらん?

そうそう、それから父親が不死身なのは驚いたよ(笑)
ある意味、ホラーっぽいかもしれない^^)

家族の再生と言いたいところだけど、そこまでは感じなかった。
でも、これが普通の家族なのかもしれないね。
よくある「家族の結束が強まり、ハッピーエンド」という感じではない。
しかし彼らは戻ってくるのだ。
それは「とりあえず」かもしれないけれども、家族ってそういうものかもと思う。

少々途中間延びする気がしたけど、俳優さんたちがいいからね。

香川さんはやっぱりいいよねえ。
そして小泉今日子は、すっかりこうした母親役が似合うね。
彼女のすごみのある台詞は迫力あるなあ~^^)








最終更新日  2008.11.15 22:45:21
コメント(2) | コメントを書く
[2008邦画] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.