000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2008.12.06
XML
カテゴリ:2008洋画
本日WOWOW無料視聴日ですね。
なにげに新聞を見たらそんなことだったので、さっそく見ておりました。

上映後の映画が早めに見れるという楽しみもありますが、何よりもやっぱりドラマがおもしろいものね~。

CSIも面白かったですし、クリミナルマインドも面白い。
グレイズ・アナトミーはもうインターンじゃなくなったのねえ~~。
と言っても私の場合何かのDVDに付録で付いていた「グレイズの第一話」を見ただけなんだけど(笑)
これは確かに面白いと思うなあ^^)

デザイナーの登竜門的なランウェイも「どうなる、どうなる?誰が優勝?誰が落ちるの?」って気になるよね。

映画は「ローグ アサシン」幸いこの映画まだ見ていなかったので見ちゃいました♪
映画館で見なくてもいい映画だけど、DVDで借りるのも…という感じでちょうどTVで見るのにいい感じ^^)

☆ローグ アサシン☆(2007)
フィリップ・G・アトウェル監督

ジェット・リー
ジェイソン・ステイサム
ジョン・ローン
石橋凌
デヴォン青木

ストーリー
様々な人種による、ギャング抗争が続くサンフランシスコ。FBI捜査官のジャックとトムは悪名高い伝説の殺し屋ローグを追い詰め、銃撃する。しかし、数日後、トムと彼の家族はローグに惨殺され、トムの家は焼け落ちた。三年後・・・サンフランシスコはチャイニーズ・マフィアとジャパニーズ・ヤクザの闘いの渦中にあった。そんな時、ジャックの前にローグが甦った。ジャックをあざ笑うかのように、抗争を激化させていくローグ。果たしてローグとはいったい何者なのか?そして、ローグの真の目的とは?ジャックとローグが対決する時、運命が引き起こす驚愕の真実が明かされる・・・!




~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ローグ1

アクションは生々しい(ちょっと言い方が変か(笑))感じだったなあ。
やっぱり、ジェット・リーが出ているからかな。

体を使ったアクションとガンアクション、さらに刀での戦いもあり(ニッポンヤクザが絡むものでね^^)車でのカーチェイスもあり…よく考えれば盛りだくさんよね。

あのジェイソン・ステイサムって日本語が話せるの?
吹き替えじゃないよね、しっかり台詞を覚えたのかしら。

チャイニーズ・マフィアとニッポンヤクザかあ~~、何かありえないんだけどまあいいやね。

日本の描き方は、まあまあかな・・?
料亭で見かける「標語やことわざ」のような日本語には思わず笑っちゃったけどね。
とりあえず日本語はきちんと日本語だったし、芸者風の女性も出ていなかったし^^)
まあ、ニッポンヤクザがいまだ日本刀で日々鍛錬を積んでいるかどうか、また忍者のように忍び寄ってくるのかどうか、そこら辺は知りませんけどね(笑)

ローグ2ケイン・コスギ君、ヤクザの子分だよ~。

ローグ3こちらの彼女、どこかで見たかな?と思ったら「シン・シティ」に出ていた女の子なのね。

ジェット・リーと石橋凌が日本刀で戦うシーンを見て、ああ日本刀で戦うって難しいんだなあと思った。
どうしても西洋風に刀を使ってなぎ倒す、たたき斬るって感じだもんね。
ジェット・リーにも美しい殺陣をやってほしかった気もするけど、ま、話はアメリカだから仕方ないか・・(笑)
実際に刀を使ったら本当はあんな感じになるのかもしれないもんね。

黒づくめのジェット・リーは、相変わらずかっこいいですよね^^)
彼のワードローブが見られるシーンがあるけど、まったく同じスーツが並んでいたのは、その芸の細かさに笑えるかなあ。

そして、ラストにはどんでん返しが待っているのよ♪

でも、え~~~!って思っちゃう。

そのわけはね→整形で顔かたちが変わっても、目は変えられない。なんて言いながらすっかり親友トニーに気がつかなかったクロフォード。

それが実はローグは死んだはずのトニーだったというじゃない。
何でもありじゃん・・・(笑)

さらに言わせてもらえばさ、確かに3年たっているから肉体改造もできるかもしれないけど、ジェット・リーぐらいまでの強さを手に入れることができるのかしらね。
トニーとあまりに別人だから、そりゃちょっと無理があり過ぎるんじゃない?って思っちゃったわ~。

そしてクロフォードが実は裏切り者だったというのは、もう少しちらちらと見せても良かったかもとも思う。
トニーが死んでから裏切りをやめたんだろうか?そんなに簡単にやめさせてはくれまい・・・

ただ、トニーがローグとなりクールな男になったというのはラストの車に乗って町を出て行く姿で分かったけどね・・・


マフィアとヤクザがお互いに殺しあっている分には、別に警察が手を出さなくてもいいような気もしたなあ。
お互いにつぶれてくれたら、楽だものね。

とにかく、ジェット・リーのかっこよさを楽しんだ映画でした~~♪











最終更新日  2008.12.07 21:44:56
コメント(4) | コメントを書く

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.