1208137 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

楽天プロフィール


ぷちてん525さん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
映画  ハンドメイド  読書  国内旅行  海外旅行 

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

広島大学大学院と共同開発の外反母趾対策ソックス!【楽天最安値に挑戦!】外反母趾対策靴下2足組(同色サイズ)「黒・グレー・ピンク」コーポレーションパールスター(くつ下/ソックス/矯正/サポーター)
M~ 大きいサイズ レディース ブラウス シャツ トップス とろみシャツ M L LL 3L 4L 5L 11号 13号 15号 17号 19号 ヒラリと柔らかなとろみ生地で大人スタイル。切り替えフレア袖シャツ【送料無料】【3枚どれでも2,990円(+税)対象】M~ 大きいサイズ レディース ブラウス■ジョーゼット 切替フレア九分袖 Vネック とろみシャツ■RIN オリジナル ブラウス シャツ トップス とろみシャツ M L LL 3L 4L 5L 11号 13号 15号 17号 19号 [246521] OMMTO【BNT】
塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
内祝い/法事/御供え/引き出物/仏事生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】【京都の和菓子・お取り寄せ】【TVで紹介 雑誌で紹介 ギフト】
【母の日】【送料無料】 イベントギフト スイーツ お菓子 どら焼き【母の日 ギフト 送料無料! プレゼント】【楽天1位】イベントギフト2016母の日・お取り寄せスイーツ「洋風生どら焼き・とらちゃん」【メッセージカード付き(定型文)/送料無料/スイーツ/お菓子】
2009.02.01
XML
カテゴリ:2009洋画
サクサク行きます。

☆チェ39歳別れの手紙☆(2008)
スティーヴン・ソダーバーグ 監督

ベニチオ・デル・トロ

ストーリー
 1965年、キューバ革命に多大な功績を残したゲバラだったが、キューバでの地位や市民権を放棄し、忽然と姿を消す。やがて、キューバの新たな指導者となるカストロは、ゲバラの“別れの手紙”を公表した。その手紙によれば、ゲバラは自分を必要とする場所へ身を投じるという信念を揺るぎないものにしていた。1966年、頭髪の薄い中年男“ラモン”に扮したまま家族に別れを告げたゲバラは、次なる革命の地、南米ボリビアに入国する。ボリビアはアメリカの支援を受けるバリエントス大統領の独裁政権下にあった。ゲリラ部隊と共に革命へ動き出すゲバラ。しかし、ボリビア共産党の協力が得られず、アメリカに援護された政府軍に圧倒されていく。さらには地元民の裏切りに遭い、物資も滞ってしまったゲバラたちはいよいよ窮地に立たされ…。

チェ39

28歳と同じく淡々とゲバラの最後のボリビアの様子を見せる。

う~ん、実は28歳を見たのでこちらを見なければと思いつつ「見たくないかも」と思っていた。
ソダーバーグ監督の作品ってかなり極端に好みが分かれるんだもの。
今回このゲバラを題材にしたのはなんでだろうかと改めて思う。
わからないのだ、私には^^;)

ゲリラという言葉も考えてみたらもうだいぶ古臭くなってしまったね。
今なら何なの?テロリスト?
違うんだろうな~、よくわかんないけど・・・
でも、武力を持って戦うのだよ。
国をひっくり返そうとしたら武力以外ないとゲバラは言う。
そうなんだろうか?
どうしても血を流さないと国は変えられないんだろうか?

ボリビアではキューバとさまざまな事が違った。
外国人は受け入れられない。
宗教が根強い。
今回はアメリカが政府の後ろにいた。
政府が「ゲリラは恐ろしい奴らだぞー」と民衆に言い続けた。
共産党が「血を流すこと」を嫌った。

キューバでの革命が成功したのはなんでだろうか?
(やっぱりカストロだよね・・)
ボリビアで失敗したのはなんでだろうか?
(カストロみたいな人がいなかったからではないの?)
そんな事を思いながら、この淡々とした逃避行を見ていた。

やっぱり、政治の力だろうか?

ただゲバラが言う
政府の暴力はどうなんだ!って
政府が民衆を武力で抑え込むのは良くて、ゲリラの武力は悪だと言い切るのはおかしいわな、確かに。
ただ愚かな民衆は自分にかかわらなければ目をつぶっちゃうんだな・・・たとえ政府の横暴な弾圧でも。
そうそう、民衆が蜂起しても武力がなければ成功しない事をキューバの革命で学んだとも言っていた。
民衆はボリビアでも蜂起していた。ただその場にゲバラたちは居合わせなかった。
それらの人々と力を合わせることもできなかった。
これは痛いかも。
でも、蜂起した人たちがゲリラを受け入れたかどうかはわからないよね・・

彼が捕まったとき、この失敗が次につながればいいと(うろ覚え)そんな事を言っていたっけ。
彼はボリビアから出国するときは死んだ時だと言いきっていた。
すべてを革命にささげた男、ゲバラ。









最終更新日  2009.02.01 22:27:40
コメント(4) | コメントを書く
[2009洋画] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.