1353391 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

2009.05.16
XML
カテゴリ:2009洋画
「コンクラーベ」は「根競べ」(根比べ?)だと思った人は、きっといると思う^^)

☆天使と悪魔☆(2009)
ロン・ハワード監督

トム・ハンクス
アイェレット・ゾラー
ユアン・マクレガー
ステラン・スカルスガルド
ニコライ・リー・コス

ストーリー
 ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係だったヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。秘密結社イルミナティがヴァチカンを窮地に陥れていた。それは17世紀にガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい弾圧で消滅したものと思われていた。しかし秘かに復讐の機会を待ち続け、教皇の逝去を受けて行われようとしていたコンクラーベに乗じてついに復活を果たしたのだ。彼らは最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告、その上ヴァチカン全体を爆破する計画まで進めていた。そのために彼らはスイスのCERN(欧州原子核研究機構)から恐るべき破壊力を秘めた“反物質”を盗み出していた。そこでCERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけ、ラングドンと協力して事件解決に乗り出すが…。
~~~~~~~~

天使と悪魔1
トム&アイェレット(彼女は初めて見た女優さんだわ)

前作「ダ・ヴィンチ・コード」より面白いと思うよ^^)

ダレずに最後まで見ることができる。

ストーリーが分かりやすい事が一番だろうね。

誘拐された4人の枢機卿を助け出す事、盗まれた「反物質」の爆発を阻止する事

それに秘密結社イルミナティがどのようにかかわっているのか?

中盤からヴァチカン内部であやしい人物ってあの人かな?この人かな?と観客を楽しませる。

私は原作未読。
しかし、未読でもOKだと思う。
また前作とは関係ないので前作を見ていなくても大丈夫。

一緒に見た主人は先日原作を読んだばかり、でもそれでも文句は言わなかった(笑)
ただ、トム・ハンクスがアクションをしないというのは言っていたなあ。
まあね、トム・ハンクスだって体張るのは年齢的にも気をつけなくちゃいけないしね~。
あ、でもスイミングして体を鍛えているという設定だったから、空気が無くなって来た時活躍していたわよ^^)
肺活量も鍛えておかねば。

ローマの中にありながらヴァチカンというのは主権国家だ。
四大バシリカ(古代ローマ様式の聖堂)だけでも十分に舞台ができる。
観光客が普段は入れないところも舞台となっているのかな~?そこら辺はわからないけど、いろいろと見られるのが楽しい♪

また、カトリックの総本山とはどんなものなのか、宗教的儀式の頂点ともいえるコンクラーベってどんなふうに行われるのかってちょっと見られるのも面白い。
煙突から出る煙だけで教皇が決まったのかまだ決まらないのかわかるとかね^^)

前作ではオドレィ・トトゥが、トムに終始くっついて行動していた。
今回はあまり知らない女優さんアイェレット・ゾラーが行動を共にするのだけど、あまり出しゃばらない。
その点も見やすくなっている要因なのかしらね~。

天使と悪魔2
ユアン&アーミン・ミューラー=スタール(奥にいるお偉いさんね)

さて、ユアンはこういった役はお得意よ♪
ふふふ♪行動については秘密。

コンクラーベを取り仕切っていた枢機卿のアーミン・ミューラー=スタールも相変わらずいい感じ。
私はイースタンプロミスでの、マフィアのボス役が印象深いのよね。
最近では「ザ・バンク堕ちた巨像」でも見た。
私はこの俳優さん、結構好きなんだよね~。

ステラン・スカルスガルドって宮廷画家ゴヤのときにゴヤを演じた彼ね。
さらに「パイレーツ・オブ・カリビアン」の靴ひものビル。
今回は傭兵隊長さん。

ニコライ・リーコスは、「幸せの孤独」のヨアヒムだわ。
だいぶひげが濃くなって(笑)おじさんになっているけど・・・
トム・ハンクスと途中まで行動を共にする。
あんまり台詞とかは多くないけど、でも印象に残るよね。
↑、ちょっとこの役だったか未確認なので、また訂正するかもです。間違っていたらごめんね。


まあ、見終わってしまえばそんなに大してそんなにすごい!ってものではないけど(笑)歴史と宗教と科学を絡めたサスペンスとして楽しめる。

~~~~~~~~~~~

ところで、映画館の隣の席のおじさんが咳をするは、臭い(汗臭い)はで、鼻を抑えながらの鑑賞で結構大変だった(>_< )
ちょうど豚インフルも国内で感染者が見つかったということで、やっぱり気をつけてもらいたいよね。
咳しながら映画館など人の集まる所に来ちゃだめよ。
咳をしてなくても、汗臭いのも問題だ~~!
空調で漂う何とも言えない「カオリ」がしんどかったわー(≧ヘ≦) ムゥ

そんなものと戦いながらの映画鑑賞、がんばりました!!







最終更新日  2009.05.24 10:30:37
コメント(14) | コメントを書く
[2009洋画] カテゴリの最新記事

サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.