1519512 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ぷち てんてん

PR

カレンダー

プロフィール


ぷちてん525

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07

キーワードサーチ

▼キーワード検索

購入履歴

塗り薬 / 虫さされ / 涼しい / 冷たい / 爽快 / 爽やか / 痒み止め / 傷み止め / 汚れ落とし【レターパック360対応!】涼感がとてもよく、特に夏の暑い日に使うとスースーして気持ちが良いです♪蚊などの虫さされ時にも良く効きます!清涼油 A 小 3g
残暑見舞いサマーギフトに/内祝い/法事/お供え/引き出物/仏事【残暑見舞いサマーギフト】生麸まんじゅう5個・本わらび餅セット【のし紙可】
500円&350円&150円OFFクーポン祭!! エルメス モンスーンの庭 EDT SP 50ml エルメス ユニセックス フレグランス HERMES【エルメス 香水】モンスーンの庭 EDT SP 50ml 【エルメス】 HERMES【送料無料】 【あす楽対応】
税込3,980円以上送料無料! ランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン レディース フレグランスランバン エクラドゥアルページュ EDP スプレー 30ml オーデパルファム ランバン LANVIN レディース【あす楽対応】香水 フレグランス ギフト プレゼント 誕生日
ナイルの庭15ml エルメス  【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】香水 フレグランスナイルの庭[HERMES] EDT オードトワレスプレー15ml[エルメス]【エントリーで全品P5倍&クーポン利用で10%OFF祭】【5250円以上送料無料】【楽天最安値に挑戦】【楽ギフ_包装選択】【RCP】香水
2018.03.29
XML
カテゴリ:2018年~邦画
話題になったのはかなり前?
TVで録画してあったのに、それをなにげに消してしまった。
そのため、この映画はもう見ないかもと思っていたのだが、先日TVでやってくれたのでやっとやっと、見ることになったのでした。

☆海街diary☆ (2015)
監督: 是枝裕和
原作: 吉田秋生

綾瀬はるか: 香田幸
長澤まさみ: 香田佳乃
夏帆 :香田千佳
広瀬すず :浅野すず






 鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。父の不倫相手も既に他界しており、今は3人目の結婚相手と山形で暮らしていた。葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。父が亡くなった今、中学生のすずにとってこの山形で身寄りと呼べるのは血のつながりのない義母だけ。気丈に振る舞うすずだったが、肩身の狭い思いをしているのははた目にも明らか。すずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。こうして鎌倉へとやって来たすずだったが、最初は自分の母が幸たちの父を奪ったことへの負い目を拭えずにいた。それでも、異母姉たちと毎日の食卓を囲み、日常を重ねていく中で、少しずつ凝り固まった心が解きほぐされていく。また、入部した地元のサッカーチームでも仲間に恵まれ、中学生らしい元気さも取り戻していくすずだったが…。<allcinema>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

良い映画でしたね~~。たしかに評判が良かっただけのことはあると思いました。
女優たちが良いんですよね。
綾瀬はるかと長澤まさみが一緒に見れるってなかなかないよね^^)

綾瀬はるかは本当に稀有な女優さんだと思う。色んな役に染まるね。
この映画の長女としての顔も、しっくりしているのよねえ。落ち着いていて責任感が強く妹たちの母親代わりでもあって・・・
こんなお姉さんがほしいわ。(今更、そんなこという年でもないですけど(笑))

長澤まさみはまた違った女優さんだよね。
彼女のイメージ通りの役だった。きらいじゃないよ~。でも、イメージが定着すると苦しいかもね。(とはいえ、私は彼女が好きなのよ。あののびのびした感じが)
ここでの彼女は姉の綾瀬はるかと喧嘩したり、しょうもない男と付き合って振られたりという役でした。

三女の夏帆、そんなに台詞も多いわけではないけど、広瀬すずとカレーを食べるシーンとか印象に残るね。
自分は父親の記憶が殆どないので、広瀬すずに「お父さんのこと、教えてね」みたいな話をするんだけど、嫌味でもなくとっても素直に話ができる子なんだよね。
二人の姉の調整剤的な役をしている三女なのでした。

そこに、四女として広瀬すずが来る。
もちろん、この映画で彼女が肝です。
広瀬すずってこの映画がデビューでしたっけ?
今調べると、それ以前にも映画やTVドラマに出て入るのですね。
しかし、この映画のみずみずしい演技が注目されたと記憶しています。
自分の母親のことを話しすることをためらい、また父親のことも話題にしづらい、心の中にいろんなモヤッとしたものを抱えているのだけど、中学生として青春しています。
このまま、素直に大人になってほしいなあと思うわけです。
三人の姉たちがごく自然に彼女を受け入れてくれるのがいいね。

広瀬すずは、先日TVドラマ「anone」でもいい演技してました。
彼女はこの先も注目ですね。

また、この映画は脇をがっちり固めているから安定しているのよね。
樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、大竹しのぶ、などなど。


見逃していたけど、見ることができてよかったなあ~良い映画でした^^)


~~~~~~~~~~~~~~

是枝監督の映画

「誰も知らない」
「歩いても、歩いても」
「そして父になる」
見ていました。
家族の話ですね~。

「三度目の殺人」まだ見ていません。早く見なくちゃね~。
「万引き家族」も見てみたいですね。






最終更新日  2018.03.29 19:45:03
コメント(0) | コメントを書く
[2018年~邦画] カテゴリの最新記事


サイド自由欄

設定されていません。

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.