000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Small Talk

Small Talk

釜山・テグ (2002年6月)

日韓共催ワールドカップで盛り上がった2002年の5月ごろ。
高校時代の仲間と銀座で飲んだ時に、その場にいたSと私が「サッカー観に行こう!韓国のゲームならまだチケット取れるんちゃう?」と盛り上がる。

このことを、当時企業派遣で大学院(?)で勉強していた私の幼なじみ(実家がお隣同士で1つ年上・・・実際誕生日は半年弱しか離れていない)のTくんに話すと、時間のあったTくんが、6月29日の3位決定戦@テグのチケットを5枚取ってくれたっ!!!

28Jun02Yakiniku.jpgということで、Tくん、Tくんの友だち、S、私の大学時代の親友M、私の5人でいざ韓国へ、と決まった。

6月28日。成田からソウルへの飛行機のチケットが取れなかったので、Tくん、M、私は福岡まで飛びそこから高速船に乗って釜山へ。Tくんの友だちは、3位決定戦が「トルコvs韓国」となったので興味が失せたようで参加せず、Sは留学を前にした自分の壮行会があるとのことで、1日遅れで合流することに。

釜山に付いて、市内をぶらぶら。
ランチには有名な参鶏湯の店を訪れるも、あまり我々の口には合わず・・・
繁華街でMと私はプリクラを撮ったのだけれど、修正されまくってアイドル歌手のようなプリクラが出来上がった。おそるべし、韓国女性の美への執着。
晩ご飯にはもちろん焼肉!(→)。
韓国の焼肉ってサンチュとかでいっぱい野菜が摂れるからヘルシーでいいよね♪

食後に垢すりに行く。
私はこれまで何度か垢すり経験があったのだけれど、MとTくんは初めてだったらしく、かなりのショックを受けていた。“まな板の鯉”とはまさにこのこと、だものね(汗)。

翌29日は、早起きして魚市場に出かけ(↓左)、朝粥を食べる。
昨日買った韓国チーム応援用の真っ赤なTシャツを着ているMと私(↓右)。
好きな魚を料理してくれるというお店だったのだけれど、韓国語のわからない我々、ぼったくられた気がする・・・
29Jun02Fishmarket.jpg 29Jun02Breakfast.jpg


29Jun02KoreanGuys.jpg釜山の駅前でSと合流。
駅前には我々と同じようにテグへ向かう若者がいっぱい。
韓国の青年たちと、しばしの日韓交流(←)。

29Jun02beforethegame.jpg電車に揺られ、テグに到着。
試合開始の何時間も前だと言うのに、テグの駅には真っ赤なTシャツを着た人でいっぱい!!!

ここで我々と同じくらいの年齢で(実際同い年だった)、一人で旅をしているOくんに出会う。旅好きのOくんとはこれがきっかけで、今でも旅の情報交換をする仲になった。

腹が減っては戦はできぬと、テグの駅近くで腹ごしらえ。
鶏の辛煮を食べる(→Sと私)。

駅からスタジアムまでバスに乗って移動、下りたところからもかなり歩いて(人が多いから長く感じただけだと思うけど)、その間、来なかったTくんの友だちのチケットをどうにかこうにか売る。1枚だと売りにくかった。
そして私は安貞桓(アン・ジョンファン)のTシャツを見つけ、思わず購入、すぐに着替えた(↓左)。

スタジアムに入り、キックオフ!(↓右)
早々に、わけがわからないうちにトルコがゴールを奪う・・・えっ?こんなのあり?としばし観客も韓国選手も呆然。
結局トルコが3対1で勝利、3位になった。
そういえば、トルコには、イルハン王子って選手もいたなぁ。

29Jun02stadium.jpg 29Jun02game3.jpg


試合後は、大混雑の中、真夜中の電車で釜山まで戻る。
車内で一緒になった謎のロシア人たちとバーのようなところで夜が明けるまで過ごし、テンションが高いまま、バスに乗って釜山近郊のビーチ海雲台(ヘウンデ)へ。
ハイテンションそのままに、ビーチフラッグをやったり(高校時代陸上部・大学時代ホッケー部だったTくんの圧勝)、砂山に旗を立てて遊んだり(↓)、童心に返って遊んだ。

おなかがすいたので、ビーチ近くの店で海鮮チゲ(↓右)を食べる。
魚介の出汁が美味しかったな・・・
30Jun02Beach.jpg 30Jun02Kaisen-chige.jpg


午後にはTくん、M、私の3人は再び高速船に乗って福岡へ。1日遅れてきたSはもう1日滞在するということで、お別れ。
(ちなみに、我々のススメで垢すりを体験したSも、衝撃を受けたと後で話してくれた)。

福岡で『一蘭』のラーメンを食べ、羽田まで飛んで家に着くことには、ちょうどブラジルvsドイツの試合をやっていた。

2泊3日ととても短く、また私以外のメンバーは初対面という状況だったけれど、この旅行は、よく食べてよく笑ってハイテンションで、とーーーっても楽しかった。

こんなお馬鹿で強行軍の旅行は、もうできないかも、と思うとかなり淋しい。


© Rakuten Group, Inc.