1924634 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

翠蛇の沼

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


藍三郎

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

Comments

     @ Re:銀魂 第76話「そういう時は黙って赤飯」(10/05) キャバは基本、18歳から募集かけてるよ
VessEcobe@ Отличная статья В общем то все правильно написано…
ju52@ S.ifr続編希望! この話の回については非常に良かったと思…

Favorite Blog

Headline News

2008年03月30日
XML
その1はこちら
その2はこちら
その3はこちら


沙慈.jpg

いきなり4年後に話が飛びましたw
沙慈は実にわかりやすく成長していますね。


軍人.jpg

コーラサワー生きてたぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!?

しかし、全くノー説明で生き返らせるってのはどうよ!?

らしいっちゃらしいが・・・


まぁ、実のところ、本編の怒涛の展開が凄まじすぎて
コーラの生存程度では驚かなくなっていたなぁ・・・(ぉ
ネタバレされちゃったしね・・・ちょっとだけ恨むよ(ぉ


シーリン.jpg

あれ・・・シーリン出ていくの?
おいおい、これじゃ本当にマリナの存在意義が完全消滅しちゃうよ(ぉ

後半では出番全然無かったけど、女キャラじゃ一番好きだったよ・・・



リボンズ2.jpg

始まるよ、イノベイター・・・人類の未来が

何かウザそうな美少年軍団登場(ぉ

まとめて叩き落とされるのが眼に浮かぶようだ・・・


グラハム8.jpg

グラハムさんも生きてた~~~www

これは素直に嬉しかった。

・・・・・・って、その仮面は何よ!?
巷じゃロックオンが仮面キャラになるとか言われてたけど、
意表をついてグラハムさんが仮面キャラになるとは・・・
あの仮面は、やっぱり顔が酷い事になっちゃったからだよね・・・

後、やはりアリー・アル・サーシェスは生きていました。


まぁ、それはそうと・・・・・・

グラハムとコーラサワーは2期では30代越えるわけだが、
少しは齢相応に落ち着くんだろうか?


落ち着かないで欲しいなぁ・・・・・・

第二期でも、変わらぬ変人ぶりを見せ付けて欲しいです(ぉ



ティエリア.jpg

ティエリア&ルイスだと・・・?
何故この二人がつるんでいるんだ・・・
全く意外で、かつ全く予想できない・・・


後、ティエリアの新髪型カッコいい。
もしや、ロックオンの髪型を意識したのか!?



ネーナ.jpg

ネーナは留美に引き取られ、何かされた様子。
第二期では、女ゴステロと呼ばれるほどの
真性クレイジーキャラとして復活して欲しいなぁ。
どうせ外道なら、そこまで開き直ってくれた方が清清しい。


留美.jpg

00.jpg

世界を変える機体・・・00ガンダム・・・


第二期の鍵となるであろう機体、00(ダブルオー)ガンダムを出したところで引き。
Wでいうウィングゼロのような機体になるんだろうな・・・
最初のパイロットはネーナなんだろうか・・・



さて、これでガンダム00第一期も完結です!

何というか、凄い最終回でした。
アレルヤ&ハレルヤVSセルゲイ、ソーマ、刹那&ラッセVSアレハンドロ、
そして、まさかまさかの刹那VSグラハムさん・・・
全編盛り上がりの連続で、しまいにゃ皆が気になる第二期の伏線を・・・

グラハム、コーラサワー、アリーと、
生死不明のキャラのその後をしっかりと明かしたのも好印象。
グラハムさんなんか、あのまま生死不明にされちゃ暴動が起こってましたよw




以下、総括。

 
コーラサワーのやられっぷりに惹きつけられて、視聴続行を決めたんですが、
1話1話何気に面白いシーンがあって、2クールの間楽しく見続けられましたね。


良かった点は、何をおいても魅力的なキャラクター!これに尽きます。

冒頭からいきなり瞬殺され、
ヘタレキャラとして視聴者にその存在を刻みつけたパトリック・コーラサワー。
数多くの名言・迷言を生み出し、
作品を象徴するような燃えキャラとして君臨したグラハム・エーカー。
「俺がガンダムだ!」に代表される電波発言・行動を繰り返し、
地味キャラから真の主人公へと成長した刹那・F・セイエイ・・・


奇行、迷言の数々を繰り出した、
お笑いキャラだった00三天王を初めとして・・・(ぉ

マイスター唯一の良識人として、逆に目立つ事に成功したロックオン・ストラトス、
二重人格者としてインパクトを強めたアレルヤ・ハプティズム、
潔癖なまでにソレスタルビーイングに忠実だったティエリア・アーデ、
経験豊かで男らしさに溢れる生粋の軍人、セルゲイ・スミルノフ、
戦争好きの傭兵ながら、その発言は
人間や世界の真理を深く抉るアリー・アル・サーシェス・・・などなど・・・


まさにキャラクターの一挙一足一動に注目する、
キャラクターによって牽引される物語だったと思いますわw
そして、そういうタイプの作品こそ、私が最も好むタイプの作品です。

主人公が目立たない・・・とか良く言うけど、群像劇ならばそれで当然なんです!
むしろ、主人公だけに引っ張られて
他のキャラがおざなりになるのは正直好きじゃありません。
毎週毎週、メインキャラが入れ替わる00はまさに群像劇でした。


武力による紛争根絶をテーマに掲げていたわけだけど、
俺的にはその辺りは結構おざなりにされているように思えた。
ぶっちゃけ、テーマ自体はどうでもよかった(ぉ

重要なのは、それに絡んだメインキャラ達の生き様であり、
誰もがそれぞれの正義、信念、本能に従って戦い、
その鮮烈なる姿に我々視聴者は惹きつけられた。


ワンピースの「おれは海賊王になる!!」や、
ジョジョ5部の「ギャングスターにあこがれるようになったのだ!」と同じように、
物語の目的として掲げられたテーマに共感できるかどうかは関係ない のだ。
そんな事とは関係なく、
キャラクターの熱い生き様を見るだけで盛り上がれる。

あの最終決戦とて、ソレスタルビーイング側に正義があったとは言い切れない。
人殺しの数ならばソレスタルビーイングの方が遥かに上だ。
しかし、それで面白さが削がれたかといえばそんな事はほとんど無い。
登場人物への共感とは一切無関係に盛り上がれた。
それこそが、派手な演出であり、声優の熱演であり、
道理を勢いで押し流すシナリオの結実・・・なのだろう。


最終回の評価ならば、はっきり言ってギアスを超えました。
少なくとも、キャラクターの魅力ならばとうに凌駕していますね。
まぁ、ギアスはあくまで予測のつかないシナリオがメインであり、
00はパイロット同士のバトルがメインと、
盛り上がるポイントは大きく違うわけですが・・・


とにかく・・・・・・



面白かった!!
面白かったぞ!!ガンダム00!!!




一期終了時点でのお気に入りキャラランキング


1位:グラハム・エーカー

最後の最後で1位の座を不動のものとした


2位:パトリック・コーラサワー

もしもグラハムが登場せず、最終回に劇的に復活したら1位取ってたかもしれない。


3位:刹那・F・セイエイ

地味キャラ、電波キャラとして、この感想に多くのネタを提供してくれた
そういう意味では我が子のような愛着があったりする
上位2名が最初から不動のトップ2だったのに対し、
物語が進み、感想で弄り倒していくに従ってお気に入りになったキャラである・・・
って何で刹那だけこんなに語ってるんだ(ぉ


4位:ティエリア・アーデ

絶望先生こと神谷浩史さんのボイスが好きだった

5位:セルゲイ・スミルノフ

随所で漢な台詞と活躍で魅せてくれた

6位:ロックオン・ストラトス
7位:アリー・アル・サーシェス
8位:アレハンドロ・コーナー
9位:シーリン・バフティヤール
10位:ビリー・カタギリ




面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ








Last updated  2008年03月30日 09時58分58秒
コメント(19) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.