1873779 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

翠蛇の沼

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


藍三郎

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月

Comments

     @ Re:銀魂 第76話「そういう時は黙って赤飯」(10/05) キャバは基本、18歳から募集かけてるよ
VessEcobe@ Отличная статья В общем то все правильно написано…
ju52@ S.ifr続編希望! この話の回については非常に良かったと思…

Favorite Blog

Headline News

2008年03月30日
XML
カテゴリ:ハヤテのごとく!
ナギ.jpg

そもそもさぁ・・・インドア派の何が悪いのさ?
子供は外で遊ぶ方が健全とか知った風な口を叩く奴がよくいるようだが、
インドア派にとっては外に出る事自体が
時間の浪費であり、致命的につまらない行為なんだよねぇ。
アウトドア派とインドア派は価値観において大きな隔絶があるのだから、
外で遊べなんてのはアウトドア派の価値観の押し付けに過ぎない。
おまけに、体育会系特有の「自分達は正しい」という
勝手な思い込みを抱いて強引に引きずり出そうとするから始末に終えない・・・


・・・・・・以上の内容は超個人的な考えです。

感想とは一切関係ありませんw



クラウス.jpg

絶望先生に続いてハヤテ、
師弟揃って最終回です。


良質なキャプ画を確保できたのが幸いです。
見よこのクラウスの凛々しさを・・・



過去に飛ばされる話なら、当時のマリアさんを見てみたかった。
きっと今と全く変わらない姿をしているんだぜ(何



ラクダ.jpg

ヒナギク2.jpg

ヒナギク.jpg

おおおおおい!!

ラクダがヒナギクに顔射だとぉぉぉぉぉぉ!!?



全く、獣○とかハイレベルすぎんぞ。どの層をターゲットにしてんだよ。
最終回だからって後先考えずやりたい放題だなw

あのシーンに、視聴者の劣情を喚起させる以外の如何なる理由があったのか、
説明できる方は説明していただきたい(ぉ



可符香さん「やだなぁ、これは一種のジョジョパロディですよ
ジョジョ3部でラクダによだれをかけられる話があったでしょう?」




ヒナギク3.jpg

ヒナギクさんの衣装は何なんだ・・・サラシにエプロン・・・?
擬似裸エプロンなのか?
とにかくエロいです。


西沢.jpg

密室で二人きり、しかも相手は高いところで弱っている・・・
これは・・・襲うしかない・・・・・・!



いきなり西沢さん×ヒナギクですね

そういや西沢さん全52話皆勤おめでとう。
食べ物に関わる小ネタで毎回地味~に印象に残っていました。
話には関わらなくても、
むしろ関わらない方がその素朴なかわいらしさを堪能できたよ。




ハヤテ.jpg

お嬢様!僕と超融合しませんか?


ナギ2.jpg

どうみてもロリコンです
『少女趣味(ボルトキープ)』です
本当にありがとうございましたw



冒頭から幼女をデートに誘うとか・・・狙ってるぜ絶対。



ハヤテ4.jpg

つべこべ言わず一緒に来るんだ!!


ハヤテ3.jpg

さぁ・・・ここなら誰も通りすがったりしませんよ?
ゆっくり・・・・・・楽しめますねw


ハヤテ5.jpg

俺と幼女(ナギ)の超融合の邪魔をする奴は・・・・・・殺す!!



解釈は各々に任せますw



全く予想外だったのが、最後の最後でいいワタサキ描写があった


サキ.jpg

添い寝発動ぉぉぉぉぉぉぉ!!?


サキ2.jpg

いつか、エーゲ海の星空を見せてやっからな・・・

はい、楽しみにしておきます♪



これってプロポーズじゃね?


とりあえず、この後ワタルが寝入ったところで
サキさんがこっそり接吻しようとしたりするんだぜ。
それで、ワタルが途中で眼を覚まして半覚醒状態のまま本能で超融合と・・・




全くロリコンといい顔射といい夜這いといい、
最終回だっつーのに何て下品な感想なんだw


超融合の意味が解らない人は遊戯王GXを見ましょう



ナギ4.jpg

たまには外で星空を見るのも・・・悪くない


零崎曲識の影響か、すっかり「悪くない」ってフレーズに敏感になっちゃって・・・


クラウス2.jpg

前の話よりもこっちの方が好みかな。
断じて顔射や添い寝があったからでは・・・・・・いや、そうだけど(ぉ

うん、少なくとも、今週で最終回なんて感慨が全部吹っ飛んだのは確かだ。





以下、総括

生粋のラブコメ嫌いの私としては、
本作はネギまと並ぶ悪の枢軸なイメージがあったのですが、

某所で遊戯王パロディのキャプを見つけ、これは面白そうだと視聴開始しました。
日曜日のパロディ枠の埋め合わせとしてちょうど良かったし。

ワタル×サキ、クラウスDIO化、ルルーシュ&獅子王凱参戦、
そして、超古代執事文明に端を発した壮絶極まる執事大戦・・・


などなど、一時期はらき☆すたやぱにぽにに匹敵するレベルで愉しませてもらった。

この作品のせいで、アニメに要求するパロディのレベルは跳ね上がったのは確かだね・・・


パロディキャラに元キャラと同じ声優を当てるのは当たり前

パロるなら、話を壊すことなど厭わず徹底的にやれ
・・・などなど


けれども、第四期に入ってからはパロディも超展開もなりを潜め、
少々パワーダウンした感は否めなかった。
まぁ・・・その頃には俗・さよなら絶望先生も始まり、
感想の負担が減ったのでちょうど良かったのだが。

第二期製作が決定している事だし、これで終わりって気は全然してない。
見るかどうかは・・・まぁ、時間帯によって決めましょう。
開始時期も全然未定だしね・・・

良い所も物足りない所も色々あったけれど、まとめれば・・・





こんなアニメも・・・悪くない
(締めが他キャラの台詞かよw





面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ







Last updated  2008年03月30日 20時22分39秒
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.