1822535 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

翠蛇の沼

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


藍三郎

Calendar

Freepage List

Category

Archives

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月

Comments

     @ Re:銀魂 第76話「そういう時は黙って赤飯」(10/05) キャバは基本、18歳から募集かけてるよ
VessEcobe@ Отличная статья В общем то все правильно написано…
ju52@ S.ifr続編希望! この話の回については非常に良かったと思…

Favorite Blog

Headline News

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

CLAYMORE

2007年09月27日
XML
カテゴリ:CLAYMORE
視聴中の俺の盛り上がり度

クレアVSプリシラ戦

ひより.jpg

おおおおおお!!バトルシーンすげー!!


ラキが出しゃばった辺り

ひより.jpg

見てられねーよ、クソが・・・


どれだけ飛ばしてやろうかと思った。それだけ不快感極まるシーンだった。
あのウザさは白石エンドを越えたね。ラキについてはここまで


クレア2.jpg

前回のラストで両腕を覚醒させ、何か羽根みたいなの生やしたクレア。
右翼と左翼でデザインが違うのがカッコいいね。


プリシラ2.jpg

プリシラ3.jpg

プリシラとの空中戦は見ごたえたっぷり。
目まぐるしい攻防に、キャプを取るのにも一苦労だぜ!
さすがはバトルシーンに定評のあるクレイモア。最後の最後まで魅せてくれます。

クレア4.jpg

妖魔化した羽根を使った高速剣が良かったな~~

プリシラ4.jpg

プリシラのビームカッターみたいなのは一体・・・(ぉ


プリシラ6.jpg

あなた、テレサさんじゃありませんね?

今頃気付きやがった――――!!!(総突っ込み



ラストは高速剣ならぬ高速翼で、プリシラをバラバラに・・・!


プリシラ8.jpg

人間体に戻るプリシラ。
ついにプリシラを追い詰めたものの、
既にクレアは限界を越えて完全な妖魔に成りかけていた。そこに・・・


ジーン.jpg

ジィィィィィィン!!!! (ウザい箇所はカットしましたw

ジーン3.jpg

クレアの羽根に貫かれ、致命傷を負ったジーン。
自らの命を捨ててでも、クレアを人間に戻そうとする。
いや、捨てるのではない。一度救われた命を、クレアに返したのだ。
かつてクレアがやったように、妖力を同調させてクレアを元に戻す。

ジーン2.jpg

くぅ・・・これから死ぬってのに、何ていい顔をしやがるんだ・・・っ!



ジーン4.jpg

ジーンの言葉には重みがあって、心に響く・・・

どっかの空気読めない餓鬼とは比較にすらならねぇ・・・
テレサ、イレーネ、オフィーリア・・・
クレアがその遺志を受け継いだ者達がフラッシュバックするのもいいね。

このシーンがメチャ良かったので、何とか持ち直した気分です。
この最終話はジーンのための最終話だ!


イースレイ.jpg

人間に戻るクレア。
プリシラは観戦していたイースレイが連れ去っていく。
圧倒的な妖気でミリア達を震撼させるものの、覚醒体は披露せず。残念。
不安定と言っていたから、まだ全力を出し切っていない可能性はあるって事だな。
クレアにやられたのも、テレサの面影に怯えたからかもしれないし。
いずれにせよ、ここで完全決着って形にしなかったのは、
ストーリー的にも、続編への可能性を残す意味でもベストだったかと。


ガラテア.jpg

最後なので、出番を得ようと出てきた二人(ぉ


ミリア.jpg

ミリア「私も、さらに解説者として磨きをかけるつもりだ」

デネヴ.jpg

ヘレン.jpg

今更組織には戻れず、三人とも組織からは離反する事に。
再会を誓い、別れる三人の戦士。

ミリア2.jpg

このシーンも良かった。
ムードメーカーのヘレンを初めとして、
この三人は「仲間」としていい役割を果たしていた。
こんないいキャラ達が脇を固めてるんだから、
ラキなんぞが出る余地なんぞ最初から無いんですよ!


総括。

テレサ過去編から、北の戦乱編序盤(三人の覚醒者を倒す辺りまでね)までは本当に素晴らしい出来だった。
過去編の衝撃のラストに続き、毎回バトルの最後の盛り上がりは凄かった。
男覚醒者戦、オフィーリア戦、ダフ戦・・・
燃える展開とは、まさにああいうのを言うのだろう。
これは、原作が良かったからだろうけど・・・
毎回安定していた作画、アニメならではの大迫力のバトルシーンが、その魅力を最大限に引き出していた。

ありえないほどの豪華声優陣もクオリティの向上に貢献していたね。
女性のベテラン声優は軒並み出張ってたんじゃなかろうか。
桑島さんのクレア、久川さんのプリシラと、人間・妖魔化の声の使い分けは実に巧み。
個人的には、高山さんのイレーネと折笠さんのガラテアが好みだった。
結局ラファエラは出番無しか・・・せっかく雪野さんまで出てきたのにね。
最終的なお気に入りキャラはヘレン、ガラテア、イレーネ、イースレイかな。

途中退場したにも関わらず、テレサの存在感は圧倒的だったな・・・
彼女なら、今生きていたらプリシラもあっさり倒しちゃうんじゃなかろうか。
グレンラガンのカミナと並ぶ、今期の『偉大な先達』ですね。

ここまでのクオリティの高さを維持していただけに、
アニメオリジナルによる軌道修正が残念でならない。
まぁ、最後にプリシラ戦をやるってのは悪くないと思うんだけど・・・
しつこく出張っていたラキのウザさが一気に印象を悪くした感は否めないね。

何かもう、ラキが出てきたせいで全てが台無しになってるなぁ。
ラキはこの作品のですねw

ヴィガジ.jpg

宇宙の癌め!!


ストーリーも20話過ぎた頃に、
途中から見始めたんだけど、一気に見たせいもあってか、とても面白かった。
この作品に触れる機会を作ってくれた事にまず感謝ですね。
ラキが絡む以外のところは素晴らしい出来だったので、評点は難しいところ。
とりあえず原作は読むよ。
まだ出て無いキャラもいるし、どうアニメと違うのか気になるし・・・



クレア6.jpg

ここでプリシラが覚醒してラキをひき肉にしたら神展開だったのに・・・


ヘレン2.jpg

ヘレンの笑顔は癒される・・・このリンゴが何かいいね。




次回からはネウロが始まるのか・・・
これなら多少原作クラッシュしても許容できる作風なんで、期待してます。
この時間帯だと、長い感想は書きにくいんだけどな・・・


面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ






Last updated  2007年09月27日 10時15分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月20日
カテゴリ:CLAYMORE
プリシラ.jpg

今週はプリシラ祭りだった。

完全オリジナル展開に入ったクレイモア。
最強の覚醒者・プリシラとの最終決戦に突入・・・
だというのに・・・プリシラ強すぎ!

ナメック星編序盤でフリーザと戦うような圧倒的な力の差が・・・
まぁ、原作からすればこのぐらいの力の差はあって然るべきなので、
その辺はスタッフよくわかってる。


プリシラ4.jpg

殺さなきゃ・・・裏切り者は・・・

ツッコミどころ満載の妄言を吐きながら戦うプリシラ。
クレアをテレサと思い込むばかりか、
父や母、イレーネ達を殺した事までテレサに擦り付ける!


ミリア.jpg

クレアの生い立ちについて知っていたミリアさん。
ミリアさんに知らないことなんてないぜ!
何か、すっかりクレイモア界のデータベースとして頼られてる・・・
これぞミWikiさんですね(ぉ

「覚醒者になんかさせるかよ!」
ここでもヘレンが熱い台詞を・・・!
傷を推して歩くジーンも渋いのに、
ウザさでそれを打ち消してしまうラキはどうしてくれよう・・・


プリシラ2.jpg

渾身の一撃で、プリシラの剣を弾き飛ばすクレア。
しかしプリシラは翼や爪を鋭くして伸ばす、
覚醒者らしい攻撃スタイルへと変更し、さらにクレアを圧倒する。


プリシラ3.jpg

次回予告でもあったこのシーン。
えープリシラ倒されちゃうの?と不安でしたが・・・

実は、クレアがプリシラの角で串刺し!というオチでしたw
何と言うフェイント予告・・・w


プリシラ5.jpg

プリシラ舌長すぎ。阿鼻谷先生かお前は(ぉ


クレアのピンチに駆けつける仲間たち。
三人のクレイモアを前に、丁寧に自己紹介するプリシラ。


プリシラ6.jpg

私はNo.2、プリシラです


クレイモア.jpg

あ、こりゃどうもご丁寧に・・・

違うだろ


何か、戦う前から死臭が漂うミリア・へレン・デネヴ対プリシラ
ミリアがプリシラの片翼をもぎ取るファインプレーを見せる。
しかし、プリシラは殆ど意に介していない様子・・・
またしても被害妄想全開の思い込みをブツブツ呟くと、一気に妖力を解放する!



プリシラ7.jpg

ドーピングコンソメバルサミコス~~(違

解放後のプリシラは、巨大化した上にごつごつした重厚なデザインに。
いかにもラスボスらしいぞ。

戸愚呂弟の100%というか、
ガーリオンアーマリオンになったというか、
カッシスワームカッシスワーム・ディミティウスになったというか、
そんな変貌ぶり。

でも、プリシラは「クレイモアらしさを強く残した覚醒者」ってイメージなので、
原作の方ではあまり巨大化して欲しくないかな・・・
せめてクレアと斬りあいができる大きさがいい。


プリシラ8.jpg

フェザーミサイル!!


プリシラ9.jpg

馬鹿の一つ覚えですか・・・

妄想馬鹿に言われちゃった――――!
でもごめんミリアさん。俺も間違いなく失敗するな・・・って思ってた(ぉ
ミリアさんの幻影は、破られるのがデフォだなぁ・・・
もう異名を「解説のミリア」に変えるしかない?


デネヴ.jpg

ヘレン.jpg

その後、ミストバーンのビュートデストリンガーのような指伸ばし技で、
デネヴの腕を切り落とし、ヘレンの脚を切断する。
その威力は、レーザーの如く大地すらも切り裂く

オリジナル展開といっても、遠慮なくメインキャラの四肢を切断するクレイモアスタッフ。
やっぱり、敵の強さを印象付けるには切断するのが一番いいからな~
「斬られても元通りなる?じゃあ斬るしかねぇだろ!」てな感じで、
切断せずにはいられないのでしょう(ぉ


クレア.jpg

最後はジーン(+お荷物)が到着し、クレアが完全覚醒か?というところで終了。

次回、最終回!!


イースレイ2.jpg

異常観戦者を決め込んだイースレイ。
いくら何でも後1話でこいつまで倒すなんて事はありえないから、やはり勝負つかずで終了かなぁ。
せめて最後には覚醒体をみたい・・・



面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ






Last updated  2007年09月20日 20時22分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月13日
カテゴリ:CLAYMORE
テレサ.jpg

テレサ「久々に登場したと思ったら・・・何だこのイメージ。
覚醒者より怖いじゃないか」


まるでメデューサ・・・

遠くからクレアの戦いを観戦していたプリシラとイースレイ。
プリシラはクレアにテレサの妖気を感じ、その場から逃亡する。

完全にアニメオリジナル展開に入ったみたいね。
展開としては・・・まぁ悪くない感じ。


ついに銀眼の獅子王・リガルドを撃破したクレア。
生き残った仲間たちも大喜び。そして、腹を貫通されたジーンも息を吹き返した。

デネヴ.jpg

ヘレン.jpg

↑このアニメで、こんな嬉しそうな笑顔がかつてあっただろうか?

しかしそれも束の間。
部分覚醒の代償は大きく、今にもクレアは完全覚醒しそうになってしまう。

クレア.jpg

覚醒を止められないクレアは、ヘレンに介錯を頼む。
まぁ、リーチの長いヘレンは、巻き添えを受けずに首を刎ねるのに向いているが・・・(ぉ

ヘレン2.jpg

ヘレン熱いな~
他のキャラがほとんどクール系な分、ストレートに感情を表すヘレンは貴重だな。
同じ熱血系同士、ウンディーネとの共闘も見てみたかった・・・

ちなみに、ラキは何もせずにブルブル震えてました。そのままフェードアウトしてくれ(ぉ


プリシラ3.jpg

こっから長い長~いプリシラの回想。
テレサ編のシーンを見るたび、「ああ、この頃は神展開だったなぁ・・・」と思ったり(ぉ

テレサ2.jpg

そして、ここでもテレサ様はホラー担当ですか。


プリシラ2.jpg

許しませんよ・・・組織に背いたくせに・・・
私にこんな思いをさせたくせに・・・


クレイモア時代の事を思い出し、覚醒体になるプリシラ。
完全にクレアをテレサと思い込んでるみたいね。
オリジナル展開だろうけど、この自己中ぶり&思い込みの激しさが、
いかにもプリシラらしい・・・(ぉ


クレア2.jpg

覚醒しかかったクレアの元に、プリシラの妖気が流れてくる。
クレアは覚醒を押し留め、プリシラの下へと飛翔する。
覚醒への衝動よりも、復讐心の方が上回ったのか・・・
宿敵への怒りで危機を脱する・・・ううん、実に俺好みの展開だ(ぉ


ガラテア.jpg

最終回前に、再び登場したガラテアさん。
偵察目的で、彼女も北の地へと向かう。


ミリア.jpg

負傷した仲間の治療をシンシア、タバサ(回復役)に任せ、
クレアを追うミリア、ヘレン、デネヴ。
デネヴはウンディーネから形見の剣を一本貰い、二刀流に。


ガラテア3.jpg

妖気を計って、クレアの位置を教えてくれるガラテアさんいい人。
ま~偵察だから戦っちゃ命令違反になるしね。


ジーン.jpg

助けたいからだ・・・クレアを!

一方、ジーンも深手を押してクレアの下へと向かう。
まさに鋼の忠義・・・この作品で一番男前だな。
ラキ、お前は来んな!

漢度 ジーン>>>>>>>>(越えられない壁)>>>>>>>>ラキ


火口を舞台に、クレアVSプリシラ、因縁の対決が始まる。
イースレイも、観客として姿を現す。

最終決戦は
ミリア・ヘレン・デネヴVSイースレイ、
クレア・ジーンVSプリシラ
・・・かなぁ。
せめて覚醒体イースレイの戦いは見たいぞ~

二大覚醒者相手に奮闘するけれども結局勝負つかずで、
全員火山の噴火に巻き込まれ、
最後はガラテアさんに助けられてエンディング・・・ですかね。



面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ







Last updated  2007年09月13日 19時21分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年09月05日
カテゴリ:CLAYMORE
クレア.jpg

今週は持ち直してくれて何より。
熱い展開、疾走感あるバトル、これぞクレイモア!て感じでした。

何か一人空気の読めないウザいのがいた気もしますが・・・見なかった事にします
(実際いてもいなくてもどうでもよかったし


前回、驚異的なスピードを発揮してミリアを助け、リガルドの右腕を斬り裂いたクレア。
その秘密は、脚部のみの覚醒!

脚.jpg


最初は小回りの利かない、速すぎるスピードに振り回されるものの、
次第に覚醒した脚を制御し、リガルドに喰らいついていく。
そんなクレアに、リガルドも彼女を強敵と認め、全力で戦いを挑む!


リガルド.jpg

我はリガルド・・・
銀眼の獅子王の名に掛けて・・・貴様を倒す!!



クレア2.jpg

王道とはいえ、こういう展開は燃えるな~
二人の戦いも、完全に他のクレイモアを置いてけぼりにしたインフレぶりで、見ごたえ十分。
このアニメ、というか漫画は一見シビアなファンタジーものだが、
その実、高速剣を初めとする必殺技、クレイモアのナンバー制、桁違いに強い敵と、
バトル漫画の良い部分を随所に盛り込んでいますね。



ヘレン.jpg

斬られたリガルドの右腕を破壊したり、クレアのピンチを救ったりと、
ヘレンのアシストも光っていた。
彼女の腕を伸ばす能力は、援護攻撃に向いているな。
クレイモアの攻撃型・防御型の特性は、覚醒者となってからも引き継がれるみたいね。


今週の異常解説者はリガルドさん(ぉ
クレアの脚や、速過ぎるゆえの欠点についてもわかりやすく解説してくれます。
銀眼の獅子王から慧眼の解説王に異名変えたら?
こいつも元クレイモアだし、上位ナンバーは皆解説好きという共通点でもあるのか・・・
ところで、「これだけ高揚する戦いはイースレイの時以来」って言ってたけど、
その間にプリシラにボコボコにされたんじゃ・・・(今週のジャンプ参照
まぁ、あれは最新のエピソードだから仕方無いんだけど(ぉ


リガルド3.jpg

クレアを追い詰め、かつてない妖力を解放するリガルド。
妖力を爪に集中させて、爪を巨大化させるのか・・・と思ってたら・・・

ガレキを投げるだけかよ!!

そんなんで倒せるわけ無いだろ!
と、軽く脱力したところで、一気に攻勢に出るクレア。
「リガルドを倒したい」の一念で両脚を完全に制御し、
ついにリガルドをコマ切れに切り刻む!

何か原作と展開が違うっぽいね・・・
まぁ、それだけ原作を読む楽しみが増えたとも考えられるが・・・

クレアの妖力解放にプリシラが反応してましたが、
これはテレサの妖力を感じ取ったからでしょうね。

次回はガラテアさんが出るらしいが・・・
イースレイの覚醒体は見られるんだろうか?
最終話近いとはいえ、無理に終わらせようとせず、二期に続けられる終わり方を!



面白かったらクリックお願いします
にほんブログ村 アニメブログへ







Last updated  2007年09月06日 06時20分51秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月30日
カテゴリ:CLAYMORE
むぅ・・・ちょっと構成が悪すぎますね。
せっかく獅子王が乱入して、隊長4人が瞬殺・・・という極限状況なのに、
やたらとラキやプリシラの方にカメラを回すから、
バトルの緊張感が削がれてしょうがなかった。

復讐に駆られるクレア、獅子王相手に善戦するミリア、己の無力に男泣きするデネヴと、
見所はあったんすけどね~
それも、頻繁な場面転換が台無しにしてしまってる。
つか、今回の話は前半パートだけで十分だろ。やたら回想シーンも多かったし・・・

残り話数も少ないのに・・・
何ゆえここで引き伸ばしにかかるのか、ようわからん・・・
とりあえず、次週で持ち直しますように。






Last updated  2008年01月02日 15時58分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月23日
カテゴリ:CLAYMORE
獅子王

あややや!!
ミリア除く隊長皆殺しですか!!


ウンディーネもフローラも、良キャラ揃いだったのにな~~

何とか抵抗したウンディーネ、クレアが激怒してくれたジーンに比べ、
フローラの死に様は特に酷すぎる・・・来週フォローがあるかもしれんが。

もっと極限状況において、
キャラを掘り下げられたんじゃないかと思うと、かなり惜しい気もする・・・

まぁ、Wikiで話の展開は知ってたんで、それほど驚きは無かったが・・・
突然死は、テレサ編で耐性ついてたしね・・・
むしろ、事前情報無しでこの話を見られた人は、
桁外れのショックを感じられたと思うと、とても羨ましい。

握り潰す、引き裂く、抉り取る、両腕もぐ、額から全身真っ二つ・・・
しばらくはナリを潜めていたグロ描写も、今回は全く遠慮なしだな。

ウンディーネが双剣でリガルドの一撃を受け止めたシーンで、
普通のアニメなら剣の方が折れたり砕けたりするんだけど、
今回は両腕をもぎ取られちゃうのよね。
徹底してクレイモアの剣は破壊されない方針を貫くらしい・・・

リガルドの声の違和感が消えないな・・・
やはり優希さんは、ヒステリックな少年を演じさせたら一番上手いと思うのですよ。
せっかくだから、獅子王=勇者王にすればよかったのに・・・

ラキがプリシラの正体に気付いたけど、ここはアニメオリジナル展開らしいね。
もうちょっと、何も知らないで呑気こいてる姿を見たかったが・・・(ぉ






Last updated  2007年08月23日 18時50分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月15日
カテゴリ:CLAYMORE
プリシラキ

一見羨ましく見えるが、
直後食い殺されてもおかしくないホラー一歩手前シーンである(ぉ


何も知らないでプリシラとイースレイ、二人の覚醒者と行動を共にするラキ。
ラキはイースレイの剣に感服し、彼に剣を教えてもらう事に。
何だか・・・・・・二人には悪いが、覇王愛人のへっぽこカンフーを思い出した・・(ぉ

イースレイ


今週は戦いを終え、新たな戦いに備えるクレイモア達のつかの間の休息を描く話。


数え切れない妖魔の肉を精密なバランスで配合し、
特殊な味付けを施して、煮込むこと七日七晩!
血液や尿からは決して検出されず、なおかつ全ての薬物の効果も数倍・・・
血管から注入(たべ)ることでさらに数倍!!
これが・・・長年に渡る研究の結果辿り着いた・・・俺の究極の料理!


ウンディーネ

ドーピングコンソメスープだ・・・


ウンディーネ


ドーピングが切れて体がしぼんでしまいました(違


キャストオフしてスリムになった(ぉ)ウンディーネ隊長を言葉攻めするジーン(ぉ
こいつこんなに喋るキャラだったのか。
明るくお喋りなヘレンといい、彼女もクレイモアの中では変わってるのかも。
彼女らのような変り種が、
クレイモアの存在意義を変えていく予感を感じさせますね。
まぁ、その前にこの戦いに生き残らなきゃならんわけですが・・・


フローラ

クレアに右腕の事を問いただし、刃を交えようとするフローラ。
危うく激突か?という状況に割って入るジーン。お前どこから沸いてきたw
フローラがクレアを監視してた時と同じくして、こっそり後をつけていたのか。

ジーン

コメントのストーカー説もあながち間違いじゃなく思えてきたぞ・・・(ぉ



リガルド

イースレイの腹心・リガルド登場。
声は結城比呂・・・改め優希比呂さんか。いつの間にやら改名してたのね。


イースレイ

我がイースレイの名において、
ネズミ一匹、虫一匹の命さえ根絶やしにしろ


ここでようやく正体明かしました。
ラキに対する態度はただの気まぐれで、本性は他の覚醒者同様冷酷そのものみたいですね。
27人の覚醒者って・・・
クレイモアは24人しかいないちゅーのに、絶望的な展開やね。






Last updated  2007年08月15日 19時30分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月11日
カテゴリ:CLAYMORE
オフィーリア

おもしれぇーー!!!
おもしれぇよこのアニメ!!


ようやっと追いついた・・・来週からは毎週感想書きます。
残り7話ぐらいだけど、飽きずに最後までやるにはちょうどいい話数かな・・・


北の戦乱、始まりの街ピエタでの最初の戦い。
3つのチームに分かれて、三体の覚醒者を迎え撃つクレイモア達

檜山(亀):フローラチーム、ウンディーネチーム
大友(虫):ジーンチーム、ベロニカチーム
山口(巨人):ミリアチーム


檜山

これだから化け物はやめられねぇ!!

檜山戦。
最初ぼそぼそ喋ってた檜山だが、覚醒後はいつもの檜山キャラに戻りました(ぉ
厄介な妖力操作に皆二の足を踏むものの、臆せず突貫するウンディーネさん!
ステータス異常攻撃なんざ見えちゃいねー!!(ぉ


ウンディーネ

随分としょっぱい技だな、オイ?

首を斬らせたと見せかけて、頬を斬っていたウンディーネさん


亀の妖力操作を、筋肉だけで跳ね除けるウンディーネさんすげえ。
パワータイプの面目躍如?
スパロボなら、「ド根性」「不屈」「鉄壁」「気合」みたいな精神が並んでるタイプですね(ぉ
結局、動きを封じられてしまいますが・・・(ぉ

クレアとデネヴも術をかけられるが、限界を越えた妖力解放で呪縛を解く。
この時、他の奴らはずっと見てるだけ~~ってのが何とも・・・(ぉ


ウンディーネ

亀の首に剣を振り下ろすデネヴ。
そこにウンディーネが加わり、二人の力と三本の剣で硬い亀の首を切り落とす。
亀は最後の悪あがきに、妖力操作で雑魚二人を同士討ちさせようとするが・・・


クレア

高速剣!!


フローラ

風斬り!!


クレアの高速剣とフローラの風斬り、スピード技同士の合体技でコマ切れにされる。
手の動きが見えないのが高速剣、手が止まって見えるのが風斬りか。


大友戦。
皆で攻撃して大友の動きを封じている間に、
ジーンは一人腕を捻りつつ必殺技の準備を整える。
「まだか!」と催促されても黙って腕を捻り続けるジーン・・・職人気質やね(ぉ
まるで波動球に全てを懸けたタカさんのようだ(ぉ
でも、ホント集団戦でしか使えない技だよなコレ・・・

出るか?一撃必殺、ギガドリルブレイク!!(違
かと思いきや・・・ドリル剣じゃなくてプロペラ剣でした(ぉ
ジーンとヘレンの斬撃で全ての脚を切断し、防御ができなくなった覚醒者を見事仕留める。

大友


2チームずつで覚醒者一体に辛勝したクレア達。
1チームのみで覚醒者と戦うミリアを心配するが・・・それは全くの杞憂だった。


ミリア

ミリアは、1チームどころかたった一人で、傷一つ負わずに覚醒者を倒していた!
これまでの戦いでクレアも大きく成長したが、
ミリアはそれ以上の修羅場を潜り抜け、強くなっていたのだ。
初登場時の異常解説者ぶりが嘘のようなカッコよさだ・・・
磐石した強さを持つ人って憧れるなぁ・・・
しかし、もう山口勝平終わりかよ!声優の無駄遣いが激しいアニメだ・・・



その頃、廃虚となった街を訪れたラキは、少女を落ちて来る瓦礫から助ける。
どさくさに胸に手を置いたり・・・お前はどこのラッキースケベだ。
だが、ラッキーどころかこれ程アンラッキーな出逢いもあるまい・・・
その少女こそ、クレアの追い求める仇・・・最悪の覚醒者プリシラだった!

プリシラ

クレイモアの女性キャラのデコ率は異常だな~~


イースレイ

お前、僕に釣られてみる?

そして、プリシラと行動を共にする、
北を統べる『深淵の者』・・・『白銀の王』イースレイが現れる。

声は遊佐さんですか~
もしかして、遊戯王GXの吹雪兄さんと「吹雪=北の地」繋がり?

何も知らないラキは、のこのこ付いていく事に・・・
まぁ、驚き役にはちょうどいい役回りか(ぉ








Last updated  2007年08月11日 19時45分55秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月10日
カテゴリ:CLAYMORE

ジーンと共に旅を続けるクレアだが、
その前にルヴルとNo.5のクレイモア・ラファエラが現れる。


ルヴル

「ガラテア殺しちゃった・・・・・・うっそぴょ~~ん♪」

と、お茶目なジョークで場を和ませておいて(え
クレアに新しい任務を与えるルヴル。
任務とは、北の地アルフォンスにて、集団行動を起こしている覚醒者の殲滅。
ラキの目撃情報もあり、クレアは北へと向かう。


ヘレン

始まりの街ピエタで、クレアはヘレン、デネヴ、ミリアと再会する。
ヘレンの明るさとフレンドリーさはクレイモアの中じゃ貴重だなぁ。
他にも強そうな新キャラ達がちらほらと。


フローラ

No.8 フローラ

「風斬りのフローラ」の異名を持つ一桁ナンバー。
声が異常に可愛いんですけど(ぉ
クレイモアに合ってねぇ・・・てかメディアさんの方ですか。


ウンディーネ

No.11 ウンディーネ

クレイモアNo.1の怪力を自称し、二刀の大剣を振るう女丈夫。
きつい性格だが、意外に仲間思い?


ミリア

ミリアをリーダーとして、24人を五つのチームに分け、覚醒者を迎え撃つ準備を整える。
会合が終わった後、クレアは半覚醒した者同士であるミリア達三人、
そして同じく覚醒した経験を持つジーンを加えて、五人で今後のことを話し合うクレア達。

ミリアの言によれば、この作戦の成功率は0%。
敵陣には、三強覚醒者『深淵の者』イースレイがおり、自分達は時間稼ぎのただの捨て駒に過ぎないと言う。


山口

山口

檜山

檜山

大友

大友

ピエタに来襲する三人の男覚醒者。
声は檜山修之、大友龍三郎、山口勝平・・・
うおお!尖兵なのに声優が豪華すぎる!!
クレイジーキャラな勝平とか、ボソボソ喋る檜山とか、結構珍しいな~~

ガラテアさんと同じ妖力操作を得意とする覚醒者檜山。
だが、イレーネの右腕効果で術を破るクレア。
クレアすっかり強くなったな・・・このメンバーでも、十分に主力として活躍してる。
もうナンバー47と言っても、誰も信じないよ!






Last updated  2007年08月10日 23時30分46秒
コメント(0) | コメントを書く
2007年08月09日
カテゴリ:CLAYMORE
CLAYMORE 第15~17話
「魔女の顎門1~3」



クレア

オフィーリアとの死闘の後、組織には戻らず、ラキを探すクレア。
妖力で声の質を変えるクレイモア・・・てか声優スゲーな。
情報収集の途中で、瀕死のクレイモアに出逢い、仲間を助けてくれと頼まれる。
クレアは義によって助太刀する事を決める。
って、そんなゆっくり歩いて向かっていいんですか?(ぉ


リフル

ダフ

山の洞窟では、少女と大男、二人の覚醒者が、
クレイモア相手に拷問プレイの真っ最中でした。
少女は水樹さんですか。茅原さんといい、
声優のイメージが変わるような役を・・・まぁ、俺は黒い役の方が好きだが(ぉ
宙吊りにして腹にぶっとい釘を刺していくとか・・・この作品はエグさに妥協が無いぜ。

山道を進むクレアの前に立ち塞がる妖魔たち。
クレイモアの習性を利用した集団戦法を仕掛けるも・・・高速剣を会得したクレアの敵では無かった。
せっかく頭使ったのにね・・・所詮雑魚は雑魚か(ぉ


洞窟内を進むクレアの前に、男覚醒者・ダフが現れる。
路が狭くて動けないとか、結構コミカルだ・・・
てか、大きさが初登場時から倍以上に膨れ上がってるような・・・大豪院邪鬼かよ。

ダフ

ウィンクガード♪

目蓋で剣を止めるダフ様。
あまりの硬さとパワーにクレアも絶体絶命のピンチに陥るが・・・


ガラテア

ガラテアさんキターーーー!

髪型的には一番好みかもしれん。
てか、クレイモアは髪型ぐらいしか見分ける要素が無い気も・・・
熟練の戦士を思わせる口調や戦い方もイカスね。
彼女の得意技は、高い感知能力を活かし、
相手と妖力を同調させる事で、相手の動きを操ってしまうというもの。

全く攻撃が当たらず、一方的に切り刻まれるダフだが、そこにもう一人の覚醒者が現れる。
少女のアドバイスで、ガラテアの妖力操作を破るダフ。
少女は、かつてのNo.1が覚醒した世界3強覚醒者・・・
『深淵の者』の一人、西のリフルだった。
最強クラスがポンポン覚醒するとか、クレイモアのシステム問題ありすぎ(ぉ


深淵の者

オベリスクの巨神兵
オシリスの天空竜
ラーの翼神竜(違




リフルからプリシラの情報を聞いたクレアは、激昂して襲い掛かる。
危うく覚醒しかかるものの、ガラテアさんに止められる。


土下座

おら、土下座しろや!!

オフィーリアの時といい、クレアこういう構図多いな(ぉ

土下座

土下座率が異様に高い主人公w


リフルが手を出さない今、ダフだけでも倒すため、
下で捕らわれているナンバー9・ジーンに協力を仰ぐ事に。
ダフをガラテアに任せ、クレアはジーンの救出に向かう。

しかし、既にジーンは覚醒しており、蝶のような覚醒者の姿になっていた。
殺してくれと頼まれるが、クレアは諦めず、ジーンに喝を入れる。
自分と同じ経験をした者を、放っておけないんだろうな・・・
最後は、ガラテアの妖力操作で、ジーンを人間に戻す。
同じく妖力の流れを読む事に長けたクレアだからこそ真似できたんでしょうな。

クレア、ジーン、ガラテア。
三人のクレイモアが集い、ダフに立ち向かう態勢が整った。
ジーンの必殺技は、腕を雑巾絞りにように捻らせ、剣でドリルアタックを放つというもの。
ギガドリルブレイクか(ぉ
二十一回も捻らなきゃいけないから、単独じゃ到底使えない技だな・・・(ぉ

クレアとガラテアが囮になって隙を作るものの、結局は失敗してしまう。
それでも諦めないクレア、主人公の貫禄十分です。
命を救われた相手に命を預けるジーンも、見事な武士(もののふ)なり。


クレア

ジーン

「妖力の流れを読む力」と「高速剣」を組み合わせた技で
ジーンを斬らずにダフの腕だけを破壊するクレア。
ガラテアさんのナイスアシストも決まり、ジーンのドリル剣がダフの喉元を貫く!
まさに三位一体の合体技。毎回毎回、バトルの決着は超・燃えるなぁ!!


リフル

ダフに止めを刺そうとしたその時、ついに『深淵の者』リフルが動く!
全身触手で構成された、巨大な覚醒体を現すリフル。
ワカメというか、アンリマユというか・・・(ぉ
ダフを恋人にしていた理由は、
「あたしを受け止めて壊れないなんて、あなたぐらいなんだから」だそうで・・・
夫婦の営みでは、ダフがメチャクチャにされる側なのか(ぉ

リフルは約束どおり、クレアに北の『深淵の者』・イースレイの名と拠点を教えた後、
ダフを連れて空の彼方へ消え去っていく。
あまりにも遠すぎる実力の差を痛感するクレア。

クレアのためなら組織を離反する忠義を見せるジーン。
そしてクレアたちを見逃すガラテア・・・お前ら、どっちも『漢』だ!!(え


強大すぎる敵、そして頼れる仲間達と、ますます盛り上がってきましたクレイモア。

・・・・・・もう、本当ラキいらないですね(ぉ






Last updated  2007年08月09日 21時17分57秒
コメント(0) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.