1185935 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

静岡の畳屋の姉さんが語る株式会社新海畳店

PR

プロフィール


株式会社 新海畳店

フリーページ

お気に入りブログ

最近の裁判いくつか… New! watam7さん

「 瞬間湯沸かし器… New! 喜文治さん

徒然 New! meron1104さん

2019 九月 韮崎市… New! piso60さん

仕事も今日で残すと… New! トムとジェリーさん

サイド自由欄


お問い合わせはこちら
無料メール相談窓口

ブログで紹介した畳について「詳しく聞きたい」など、何なりとおたずね下さい。
2019年11月20日
XML
カテゴリ:静岡の話題
​​​
こんにちは。

アートを満喫していたら久々の再会を果たした静岡の畳屋の姉さんです。

 「めぐるりアート静岡」のパンフレットを見て、10/26の14時~「東静岡アート&スポーツ/ヒロバ」で行われる野外ダンス劇「近すぎて聴こえない」を観て公演終了後のアーティストトークも聴こうと決めていました。

 ヒロバの場所がよくわかっていなかった私は、はじめにグランシップの横の広場に行ってしまいましたが、偶然会った知り合いに線路よりも北だと教えられ、歩いて東静岡駅の構内を通ってヒロバに辿り着きました。

 まず目に入ったのは静岡市出身(更に私と主人と同じ高校出身)の彫刻家、御宿至さんの巨大な作品です。金属や木材の廃材(?)で作られた作品は、すでにそこに腰かけている人や寄りかかっている人もいるくらい、不思議と安定感と親しみが持てる作品でした。

  

 さて、ダンスはどこで始まるのか、演奏バンドの前の空間を空けて地面に座ろうとしたら、濡れていたのでスタッフさんがお尻の下に敷くゴミ袋を分けてくださいました。待ち合わせをしたわけではありませんが、やがて一人、二人と大学の同級生が私の隣に来て座りました!びっくり大笑い

 開演時間になりました。するとその辺にいた見物客のような私服の人達が、ダンスというよりは演技を始めました。EXILEやジャニーズのようなダンサーではなく、体型も顔立ちもごく普通の方達です。一段高くなったステージはなく、出演者も演目も観客との境目が曖昧な面白さがありました。
  そのダンサーの中に、服装も動きもひときわ目を引く女性がいました。終演後、ダンサーの名前が一人ずつ呼ばれて誰だか確信しました!10年以上前、一緒にダンス教室に通っていたことがある方です。そして大学の恩師にも会えました。

 美術にダンス、好きなことに関わっていると似たような思考の人達に会えるものですねemoji02

 ダンサーで振付家の熊谷拓明さんのアーティストトークを聴いた後、友人と共に周辺の作品の鑑賞をしました。真っ赤な針金で編まれた人間のオブジェは「MENTAL CHAIR」と書いてあったので交代で座ってみました。面白い写真も沢山撮りました。face02



 これらの作品は「めぐるりアート静岡」が終わってしまうと撤去されてしまうのでしょうか?その後ヒロバに行っていませんが、こんなアーティスティックな遊具がずっとあればいいのに、と思いました。
   ​​​






最終更新日  2019年11月20日 16時44分23秒
コメント(0) | コメントを書く
[静岡の話題] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.